ニューヨーク旅行をする上で一番お得な観光パス「ビックアップルパス」が使いやすくなりました!

更新日:2019/05/18


ニューヨークには自由の女神やエンパイアステートビルディングなど有名な観光名所が複数ありますが、それらの観光名所に入場するには入場チケットを購入しないといけません。

ニューヨークに旅行に来られる方の多くが観光名所の入場チケットを購入する際に少しでも安く購入するために観光パスを利用しており、弊社が取り扱っている観光パス「ビックアップルパス」は割引率で計算した場合、ニューヨークで一番お得な割引観光パスになります。

この記事では今まで販売していた「ビックアップルパス」がどのように進化したのかご紹介します。

お客様の利便性をより考慮して、ビッグ2・4・6を追加


ニューヨークには「ビックアップルパス」以外にも「ニューヨークシティパス」、「ニューヨークシティー・エクスプローラーパス」の2つの有名な観光パスがありましたが、「ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」で紹介した通り、弊社割引観光パス「ビックアップルパス」が一番高い割引率でした。

ですが、「ビックアップルパス」を利用する上で唯一デメリットとして「選択する観光名所数の利便性の低さ」が言われていましたが、2019年5月より今までビッグ7・5・3もしくは単品で販売していましたが、お客様の利便性をより考慮して、ビッグ2・4・6を追加しました!

これによって今までスケジュールに合わせずらかったニューヨーク旅行の予定作りも組みやすくなりましたので是非ニューヨーク旅行に行かれる方は新しいビックアップルパスをご利用ください。

ビックアップルパスの詳細はコチラ

新しいビッグアップルパス価格案内

 BIG1BIG2BIG3BIG4BIG5BIG6BIG7
大人(満13歳以上)価格を見る$58$80$100$120$138$156
子供(満3~12際)価格を見る$50$66$82$97$112$125

今までは割引観光パス「ビックアップルパス」はそれぞれの購入できる数が表記されている「BIG7・5・3」もしくは単品での購入しかできませんでしたが、今後は今まで選択出来なかった部分を「BIG2・4・6」を利用することで選べるようになりました!

ビックアップルパスの詳細はコチラ

短期間のニューヨーク旅行者にピッタリの観光パス


弊社割引観光パス「ビッグアップルパス」はニューヨーク観光客の方々が最も多く訪れる観光スポットのトップ30の中から、お客様の観光したいスケジュールに合わせて最大64%割引でチケットが購入できます。さらに今回のアップデートで自由にニューヨークにある観光名所を1ヶ所-7ヶ所を選択できるようになったので今まで以上に旅行経費を節約し、長い待機列を省略することができる優しい割引パスです。

実際にどのように組み合わせて使うのがお得なのか紹介します。

ニューヨーク三大展望台を制覇したい人の参考例


ニューヨークには「エンパイア・ステート・ビルディング」、「トップオブザロック」、「ワンワールド展望台」の3つの展望台があり、これらは「ニューヨーク三大展望台」とも言われています。ニューヨーク好きの方の中には「マンハッタンの絶景を3箇所から見て見たい!」という人も多いのです。この場合3枚の展望台チケットを通常購入すると「124ドル(41ドル+41ドル+42ドル)」もかかってしまいますが、ビックアップルパスを利用すると「97ドル(33ドル+33ドル+31ドル)」で3枚購入することが出来ます!
※最低価格で計算しています

ですが、ビックアップルパスの「Big3」を利用すると更に17ドル安い80ドルで3枚購入することが出来ます!


ビックアップルパスの詳細はコチラ

ニューヨークらしい観光名所を1日で巡る!


ニューヨークの観光名所といえば「自由の女神」や「メトロポリタン美術館」など色々な観光名所がありますが、1日のフリータイムでニューヨークを満喫したいなら以下の観光コースがオススメです!自由の女神がある「リバティー島」まで行くと時間がかかるので最南端にある公園「バッテリーパーク」から自由の女神を眺めるコースになります。

【自由の女神】→【ワンワールドトレードセンター(911メモリアル)】→【ホイットニー美術館】→【チェルシーマーケット】→【エンパイア・ステート・ビルディング】

この観光コース内で入場券が必要な場所のチケットを定価で購入した場合は「92ドル(26ドル+25ドル+41ドル)」ですが、弊社割引パス「ビックアップルパス」を利用すると「82ドル(26ドル+23ドル+33ドル)」で購入することが出来ます。

ビックアップルパスの詳細はコチラ

ニューヨークの美術館を2日で巡る!


ニューヨークには世界三代美術館の1つ「メトロポリタン美術館」や世界中の著名人の現代アートが展示されている「現代アート美術館(MOMA)」など様々な美術館がありますが、これらの美術館を1日で巡るのは正直難しいです。なので、この記事では2日で巡ることができる美術館巡りコースを紹介します。

1日目:【メトロポリタン美術館】→【自然史博物館】→【イントレピッド海上航空宇宙博物館】
2日目:【ホイットニー美術館】→【現代アート美術館(MOMA)】→【グッケンハイム美術館】

この中でも「メトロポリタン美術館」と「自然史博物館」は展示スペースが広いので最低でも3時間は鑑賞する時間を見たほうがいいです。また、現代アート美術館(MOMA)やホイットニー美術館は無料で入場できる日もありますが、世界中の観光客の方が無料デーの日に訪れるのでゆっくり鑑賞したい方はその曜日は避けられることをオススメします。

全体の合計入場チケットの金額は一般の場合は1日目が「81ドル(25ドル+23ドル+33ドル)」で2日目が「75ドル(25ドル+25ドル+25ドル)」になりますが、私たちの観光パス「ビックアップルパス」でそれぞれを単品購入すると1日目が「66ドル(23ドル+18ドル+25ドル)」で2日目が「69ドル(23ドル+23ドル+23ドル)」でチケットを購入することが出来ます。

このようにニューヨークで一番お得な観光パス「ビックアップルパス」を利用すれば時間もお金も節約できますので是非ご利用ください。

また、選択アトラクションによってはそれぞれを単品購入した方が安い場合があるので、各アトラクションの単品購入価格を確認してから購入することをおすすめします。

ビックアップルパスの詳細はコチラ

一番お得なニューヨークの割引パス「ビックアップルパス」


ニューヨークの観光名所の入場料を抑えるなら「ビックアップルパス」が一番お得です!

ニューヨーク旅行者の強い味方として利用されていた「ニューヨークシティパス」は通常で購入する金額と割引後の金額を見るとお得ですが、9箇所の観光名所から必須で3つは初めから選択されている「選択肢の低さ」と利用後は9日以内に利用しないと使えなくなってしまう「自由度の低さ」が問題になっていましたが、「ビックアップルパス」は30ヶ所から自由に選ぶことができるニューヨークの割引パスで、利用後も最大1年間まで有効期限があるお得な割引パスです。

ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」の中でも「ビックアップルパス」についての詳細が書いてありますし、このブログで紹介している観光名所の多くが「ビックアップルパス対応」の観光名所です。

訪れる観光名所数で割引パスを買う

「ビックアップルパス」は先ほども書いた通り、ニューヨークの観光スポット30ヶ所から2,3,4,5,6,7ヶ所の中から選択する個数を割引パスを選べますので詳細は「2,3,4,5,6,7ヶヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(セット)のアイキャッチ写真

2,3,4,5,6,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)申し込みページ

申し込みページ


また、7箇所以上の割引パスの購入希望の方は単品でも割引パスを販売しております。単品でも定価で現地で購入するよりも3ドルから最大25ドルの割引がされますので、気になる方は「1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(単品)のアイキャッチ写真

1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)申し込みページ

申し込みページ



※この記事は2019/05/18に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

弊社で購入するとお得な特典が貰えます!

オフィスへお越しになった方限定で

無料プレゼント

(アウトレット Centry21のギフトカード)

みんなが利用するビックアップルパスとは?

>> どれくらいお得かチェックする <<

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします!

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします! NEWYORKingはタイムズスクエアにオフィスがあるアメリカの旅行会社「Go Tour America」が運営するウェブサイトです。このメディアではどの観光パスよりもお得な弊社オリジナル観光パス「ビックアップルパス」の紹介並びに、観光スポットの紹介をしています。ビックアップルパスまたは観光スポットに関するお問い合わせ・ご相談は、LINEまたE-mailよりお気軽にご連絡ください。

TOP