ニューヨークで紅葉を見るならセントラルパークがオススメな理由と他のおすすめ紅葉スポットを紹介

更新日:2018/09/06


あまり知られていないですが、ニューヨークでも10月終わりから11月上旬にかけて「紅葉シーズン」があり、様々な場所で紅葉を楽しむことが出来ます。この記事ではニューヨークで一番紅葉が綺麗に見える「セントラルパーク」の紅葉と他3箇所の紅葉スポットをご紹介します。

特にオススメの紅葉スポットは「セントラルパークの紅葉」と言われる理由と他の紅葉スポットを紹介します!是非、10月終わりから11月上旬の時期にニューヨーク旅行に来られる方は参考にしてみてください。

1:セントラルパークの紅葉


映画の舞台でもよく登場するニューヨークを代表する公園「セントラルパーク」は59stから110stまでの50ストリート分の広さを持つ巨大な公園として有名な公園で、10月終わりから11月上旬の紅葉シーズンには多くの観光客の方が紅葉を見るために訪れます。

セントラルパークの紅葉を紹介する前に、「これだけ広いセントラルパークの中を歩いて紅葉を見よう!」と考えている人は想像以上に時間を使ってしまうのと、疲労を考えると「自転車1日レンタルで回れるセントラルパーク、ブルックリンブリッジ、ハドソン川を紹介」で紹介した短時間でセントラルパーク全体の紅葉を楽しめる、セントラルパーク内でレンタルできる「サイクリングバイク」をレンタルして、サイクリングをしながら紅葉を楽しむことをオススメします。

自転車1日レンタルで回れるセントラルパーク、ブルックリンブリッジ、ハドソン川を紹介の記事のアイキャッチ写真

自転車1日レンタルで回れるセントラルパーク、ブルックリンブリッジ、ハドソン川を紹介

関連記事を読む



レンタルバイクを使わないで、歩いてセントラルパークの紅葉を楽しもうと考えている方は、紅葉スポットが多くある「セントラルパークの南側(59stから80stまで)」を歩くことをオススメします。



セントラルパークの南側(59stから80stまで)から上の方に歩こうと思っている方は、アップルストアやプラザホテルなどがある五番街の59stにあるセントラルパークの入り口から上の方に歩くと、以下の紅葉観察ポイントを回りながら紅葉を楽しむことができます。

  • 1:ザ・ポンド
  • 2:ザ・モール
  • 3:ペスダの噴水
  • 4:ボウブリッジ
  • 5:ザ・ランブル



この5つの中でも「ザ・モール」はセントラルパークで写真撮影の絶景スポットに選ばれ、「ザ・モール」に佇む並木道は、紅葉シーズンになると全面オレンジ色に染まります。

私自身10月終わりから11月上旬の「ザ・モール」の紅葉を見たことがありますが、1年を通して毎日多くの観光客の方が訪れるほどのセントラルパークの中でも人気スポットなだけあって、通常よりも紅葉シーズンは1番並木道が綺麗に見えることから、普段より多くの人が訪れます。

先ほど紹介した5箇所の紅葉スポット以外にもセントラルパーク公園内には休憩スポットがたくさんありますので、疲れたら近くの芝生で休んだり、観光名所化されている休憩場所で休んでみてください。

また「パストラミビーフのサンドイッチ」や「シェイクシャックのハンバーガー」などニューヨーク観光客の方に人気のお店もセントラルパーク内に出店してるので、お腹が空いた場合はそれらのお店を利用してみてください。

展望台からセントラルパークの紅葉を楽しもう


「人混みが多い場所が苦手だから、展望台からセントラルパークの紅葉が見たい」

そんな方は「【2018年版】トップ・オブ・ザ・ロックのおすすめスポットを60秒で紹介」の記事で紹介したトップ・オブ・ザ・ロックの展望台の南側からはセントラルパークを一望することができるので、セントラルパークを歩く時間はないけど、セントラルパークの紅葉を見たいという方にオススメです。

この「トップ・オブ・ザ・ロック」はミッドタウンの中心にあり、高さ約260メートル(最上階70階)の超高層ビルの展望台から360度マンハッタンの豪華な景色が眺めることができるニューヨークの観光者に人気の展望台です。

紅葉シーズンなど観光客の方が集まりやすい時期は、どの観光名所も多くの人が訪れるので、当日は想像以上の混雑が予想されるため、少し早めに展望台まで行かれることをオススメします。

【2018年版】トップ・オブ・ザ・ロックのおすすめスポットを60秒で紹介

関連記事を読む

セントラルパークに紅葉を見に行くなら一緒に行きたい観光名所


セントラルパークの南側(59stから80stまで)付近にはニューヨークの有名観光名所も多く、セントラルパークに行くなら一緒に行って欲しいのが「メトロポリタン美術館」「アメリカ自然史博物館」です。それぞれどのような観光名所なのかを紹介します。

また、10月中旬以降なら、「あのドナルド・トランプが所有するセントラルパーク・ウォールマン・スケートリンク で冬のニューヨークを楽しもう」で紹介した「ウォールマンスケートリンク」でスケートもオープンしているのでセントラルパークでスケートをするのもオススメです。

あのドナルド・トランプが所有するセントラルパーク・ウォールマン・スケートリンク で冬のニューヨークを楽しもう

関連記事を読む

セントラルパーク東側にあるメトロポリタン美術館


メトロポリタン美術館は英語や芸術知識が0でも楽しむことが出来る美術館と言われる理由」の記事でも紹介した「メトロポリタン美術館」はロンドンの大英博物館、パリのルーヴル美術館と並び、世界三大美術館の1つとして知られており、このメトロポリタン美術館には300万点以上のコレクションが保有されています。メトロポリタン美術館の作品を全てを鑑賞しようと思ったら数時間で館内を回るのは無理なので、事前にメトロポリタン美術館について調べておくことをおすすめします。

メトロポリタン美術館は英語や芸術知識が0でも楽しむことが出来る美術館と言われる理由

関連記事を読む

セントラルパーク西側にあるアメリカ自然史博物館


自然史博物館のオススメ展示スペース3つを現地在住者が紹介」の記事でも紹介した「アメリカ自然史博物館」は、2006年に「ナイトミュージアム」という映画が世界で公開されたことで世界的に話題になったティラノサウルスの全身骨格が見られる珍しい博物館です。

個人的にオススメなのは海洋生物展示会場にある地球上に存在したあらゆる生き物の中で最大種と言われているシロナガスクジラが展示品です。初めてシロナガスクジラの展示品を見たときは想像を超える大きさにビックリしました。

自然史博物館のオススメ展示スペース3つを現地在住者が紹介

関連記事を読む

その他のおすすめニューヨーク紅葉スポット3選


紅葉シーズンにニューヨークに来られる方で、セントラルパーク以外の紅葉スポットに行きたい方は冒頭に紹介した2箇所の紅葉スポットをオススメします。

  • 1:ブルックリンの紅葉
  • 2:ボタニカルガーデンの紅葉

セントラルパークで見る紅葉とはまた少し違った体験がそれぞれの場所できるので、ご自身のニューヨーク旅行プランと比べながら、アクセスしやすい紅葉スポットをお選びください。

ブルックリンの紅葉


ブルックリンで紅葉を楽しみたい方は、ダンボエリアにある「マンハッタン橋」から見える川沿いの並木道の紅葉スポットをオススメします。この紅葉スポットでは紅葉とブルックリンブリッジを一緒に見ることができることから「自転車1日レンタルで回れるセントラルパーク、ブルックリンブリッジ、ハドソン川を紹介」で紹介したレンタル自転車を借りて、ブルックリン探索の中で紅葉スポットに訪れる方が多いです。

2:ボタニカルガーデンの紅葉


ニューヨークには緑一色の広大な植物園「ボタニカルガーデン」がブロンクスとブルックリンの2箇所にあり、ブロンクスの「ボタニカルガーデン」は約1平方kmの広々とした園内には世界各国から集められた植物が栽培されており、ニューヨーク観光客にはあまり知られてない隠れ観光名所としても知られており、園芸・植物好きなら一度は訪れて欲しい観光名所です。

また、この2箇所の「ボタニカルガーデン」では入場チケットが必要ですが「ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」で紹介したビックアップルパスを利用すれば通常より格安で購入できるだけでなく、ブルックリンの「ボタニカルガーデン」ではブルックリン美術館にも同じチケットで入場することが出来ます。

ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!

関連記事を読む

一番お得なニューヨークの割引パス「ビックアップルパス」


ニューヨークの観光名所の入場料を抑えるなら「ビックアップルパス」が一番お得です!

ニューヨーク旅行者の強い味方として利用されていた「ニューヨークシティパス」は通常で購入する金額と割引後の金額を見るとお得ですが、9箇所の観光名所から必須で3つは初めから選択されている「選択肢の低さ」と利用後は9日以内に利用しないと使えなくなってしまう「自由度の低さ」が問題になっていましたが、「ビックアップルパス」は28ヶ所から自由に選ぶことができるニューヨークの割引パスで、利用後も最大1年間まで有効期限があるお得な割引パスです。

ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」の中でも「ビックアップルパス」についての詳細が書いてありますし、このブログで紹介している観光名所の多くが「ビックアップルパス対応」の観光名所です。

訪れる観光名所数で割引パスを買う

「ビックアップルパス」は先ほども書いた通り、ニューヨークの観光スポット28ヶ所から3,5,7ヶ所の中から選択する個数を割引パスを選べますので詳細は「3,5,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(セット)のアイキャッチ写真

3,5,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)申し込みページ

申し込みページ


また、7箇所以上の割引パスの購入希望の方は単品でも割引パスを販売しております。単品でも定価で現地で購入するよりも3ドルから最大25ドルの割引がされますので、気になる方は「1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(単品)のアイキャッチ写真

1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)申し込みページ

申し込みページ



※この記事は2018/09/06に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

弊社で購入するとお得な特典が貰えます!

オフィスへお越しになった方限定で

無料プレゼント

(アウトレット Centry21のギフトカード)

みんなが利用するビックアップルパスとは?

>> どれくらいお得かチェックする <<

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします!

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします! NEWYORKingはタイムズスクエアにオフィスがあるアメリカの旅行会社「Go Tour America」が運営するウェブサイトです。このメディアではどの観光パスよりもお得な弊社オリジナル観光パス「ビックアップルパス」の紹介並びに、観光スポットの紹介をしています。ビックアップルパスまたは観光スポットに関するお問い合わせ・ご相談は、LINEまたE-mailよりお気軽にご連絡ください。

TOP