初めてニューヨークに旅行に来られる方が知っておいた方がいい基本情報

更新日:2018/08/02


ニューヨークに初めて行かれる方で、事前にニューヨークの情報を調べないまま渡米される方が稀にいますが、初めて行く異国の地はしっかり下調べをしないと、楽しいニューヨーク旅行が台無しになってしまう可能性があります。

この記事では、以下3つのニューヨーク基本情報を紹介しますので、渡米前にしっかり目を通してください。

  • 1:ニューヨークの気候
  • 2:ニューヨークの治安
  • 3:交通手段

また、ニューヨーク旅行に行かれる方にオススメな「ニューヨーク観光パス」を最後に紹介します。

1:ニューヨークの気候


ニューヨークの気候は、旅行に行かれる日程の時期により体感温度が大きく変わります。

実際に、私自身がニューヨークに住んでいる体験からご紹介すると、

1月:日中も寒いが、夜はさらに冷える
2月:-10以上の極寒
3月:日中も寒いが、夜はさらに冷える
4月:日中は暖かいが、夜は少し冷える
5月:過ごしやすい気候
6月:過ごしやすい気候
7月:日中は暖かいが、夜は少し冷える
8月:30度以上の猛暑
9月:日中は暖かいが、夜は少し冷える
10月:日中は少しだけ寒い、夜はさらに冷える
11月:日中も寒いが、夜はさらに冷える
12月:1日中寒い

ニューヨークも日本の気候の変化と似ている部分がありますが、「8月」は30度を超える猛暑が続き、「2月」は-10度を超える極寒が続きます。特に「2月」は冷え込むだけではなく、ビルの隙間風などの影響で過去に体感温度-29度という記録が出ていますので、防寒対策はしっかりしてください。

また、ニューヨークのレストランや服屋さんの店内や地下鉄などの車内では、外の気温が高い場合は室内を肌寒いと感じるほど冷却していたり、外の気温が低い場合は室内で立っているだけで汗が出て、外に出た際に温度差で体調を壊してしまうかもしれないほど暖かいです。

なので、「7月/8月/9月」に来られる方は、薄手の羽織れるものを外に行かれる時は持参し、「1月/2月/3月」は着脱が簡単な服装をされることをオススメします。

2:ニューヨークの治安


「アメリカは銃社会」というイメージからニューヨークの治安に対して不安を抱えている方もいますが、路地裏や危険と言われているな地域や、深夜の外出を控えれば危険な目に遭う可能性は減ります。例えばホームレスが多い夜のセントラルパークには行かない、など意識をすれば危ないことはありませんが、事故や事件は予想して起こるものではないので、絶えず用心しておきましょう。

タイムズスクエアは24時間安全


ニューヨークの定番観光名所「タイムズスクエア」を遊び尽くせ!」でも紹介したニューヨークの有名観光名所の1つである「タイムズスクエア」は24時間開いている店も多く、警察官も24時間体制で警備をしているので多くの観光客が深夜でも観光をしに訪れています。

なので、深夜しか自由時間が取れないような方は、深夜にタイムズスクエアを見に行くのがオススメです。

ニューヨークの定番観光名所「タイムズスクエア」を遊び尽くせ!の記事のアイキャッチ

ニューヨークの定番観光名所「タイムズスクエア」を遊び尽くせ!

関連記事を読む

ニューヨーカーは意外と優しい


ニューヨークは多くの方が思われているような治安が悪い街ではなく、どの人も暖かく、助けてくれる人が多いです。

ですが、知らない人に気を許しすぎてしまうと、観光客を狙ったスリに貴重品や財布等を盗まれてしまうこともありますので、お財布を出したまま歩いたり、狙われそうな行動は控えることをオススメします。

また、地下鉄は24時間運転してるのですが、深夜に利用する際はなるべく人がいる方向で待つことと、寝てしまわないように注意するのと、ホームレスにチップを要求されても無視しましょう。

3:交通手段


ニューヨーク旅行中の「交通手段」についてです。ニューヨークでは交通手段として4つの移動方法があり、

  • 1:イエローキャブ
  • 2:Uber
  • 3:地下鉄
  • 4:バス

この中でも観光客の方がよく使われるのが「Uber」と「地下鉄」です。それぞれの移動手段の特徴を順に説明をしますので、参考にしてください。

1:イエローキャブ


ニューヨークが舞台の映画を見たことがある方なら一度は黄色のタクシーを見たことがあるのではないでしょうか?映画の影響では「一度は乗ってみたい」と思う方も多いかもしれませんが、乗車される前に支払いまでの流れを確認しておきましょう。

理由は、この「イエローキャブ」と言われているタクシーは、日本のタクシーと同じでメーターで料金が決まり、チップ(支払額の約15%)を含めた支払いをその場で英語でしないといけません。
(支払いは現金以外に後部座席にあるクレジットカード決済ツールを使ったクレジット払いも可能)

また、今は改善されてきましたが、過去にもイエローキャブのドライバーの詐欺行為で多くの観光客がボッタクリに遭い、嫌な思いをしているという話も聞いたことがあります。

英語に自信がある方はイエローキャブを使われても問題ないと思いますが、英語に自信がない方は「Uber」を利用することをオススメします。

2:Uber


「Uber」はスマホで呼べる配車サービスで、専用アプリに事前にクレジットカード情報を登録し、利用時に配送先の住所をアプリ内で入力すると配送先までの配送金額はもちろん、迎えに来るまでの待機時間、到着時間まで細かく表示されます。さらにすごいのが相乗りサービスを選択すると、タクシーよりも安く配送をしてくれます。

しかも、「Uber」は目的地などは全てアプリ内で共有しているので、英語を話す必要や金銭のやり取りをすることもありません。

なので、英語が苦手な方やボッタクリに遭うのが怖い方などは是非「Uber」を利用してください。



専用アプリは、「Uber」の公式サイトからアプリをダウンロードし、詳しい使い方は上のYoutubeを確認してください。

「Uber」のアカウント作成はコチラ

3:地下鉄


ニューヨークの地下鉄は1回$2,75で利用することもできますし、短期旅行者向けに1週間乗り放題のメトロカードや、長期滞在者向けに1ヶ月乗り放題のメトロカードや、金額でチャージして利用することができるメトロカードを購入して利用することもできます。

メトロカードを購入しようと思っている方は、地下鉄に乗る頻度に応じて「期間で買う」のか「金額で買う」のかを選んでから、お得な方を買いましょう。

また、もし1週間や1ヶ月の期間でメトロカードを購入される方は弊社にお越し下さった方に限り、「1ドル引き」で日本語対応できるスタッフがメトロカードを販売させていただきますので、お気軽にオフィスにまでお越しください。



弊社オフィスの住所:151 W 46th Street Suite1002 New York, NY 10036

4:バス


ニューヨークを走るバスは、地下鉄で利用する「メトロカード」を使って利用することができます。ですが、バスに乗る前に券売機のような機械でチケットを受け取る必要があったり、急遽行き先が変わったりすることもあるので、初めてニューヨークに旅行される方にはオススメできない移動方法です。

なので、24時間運転してる「地下鉄」と「Uber」の2つを使ってニューヨーク内を移動することをオススメします。

ニューヨーク観光に必須の「ニューヨーク観光パス」


最後に、今からニューヨーク旅行に行く方にオススメしたいのが、ニューヨーク観光に必須の「ニューヨーク観光パス」を利用した節約ニューヨーク旅行です!

  • 1:ビックアップルパス
  • 2:ニューヨークシティーパス
  • 3:エクスプローラーパス

ニューヨークには上の3つ代表的なニューヨーク観光パスがあり、「ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」でも紹介した通り、弊社が提供している「ビックアップルパス」が「値段/選べるスポット数/有効期限」など全ての合計評価で1番お得なニューヨーク観光パスと証明されています。

ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!の記事のアイキャッチ写真

ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!

関連記事を読む

一番お得なニューヨークの割引パス「ビックアップルパス」


ニューヨークの観光名所の入場料を抑えるなら「ビックアップルパス」が一番お得です!

ニューヨーク旅行者の強い味方として利用されていた「ニューヨークシティパス」は通常で購入する金額と割引後の金額を見るとお得ですが、9箇所の観光名所から必須で3つは初めから選択されている「選択肢の低さ」と利用後は9日以内に利用しないと使えなくなってしまう「自由度の低さ」が問題になっていましたが、「ビックアップルパス」は28ヶ所から自由に選ぶことができるニューヨークの割引パスで、利用後も最大1年間まで有効期限があるお得な割引パスです。

ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」の中でも「ビックアップルパス」についての詳細が書いてありますし、このブログで紹介している観光名所の多くが「ビックアップルパス対応」の観光名所です。

訪れる観光名所数で割引パスを買う

「ビックアップルパス」は先ほども書いた通り、ニューヨークの観光スポット28ヶ所から3,5,7ヶ所の中から選択する個数を割引パスを選べますので詳細は「3,5,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(セット)のアイキャッチ写真

3,5,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)申し込みページ

申し込みページ


また、7箇所以上の割引パスの購入希望の方は単品でも割引パスを販売しております。単品でも定価で現地で購入するよりも3ドルから最大25ドルの割引がされますので、気になる方は「1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(単品)のアイキャッチ写真

1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)申し込みページ

申し込みページ



※この記事は2018/08/02に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

弊社で購入するとお得な特典が貰えます!

オフィスへお越しになった方限定で

無料プレゼント

(アウトレット Centry21のギフトカード)

みんなが利用するビックアップルパスとは?

>> どれくらいお得かチェックする <<

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします!

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします! NEWYORKingはタイムズスクエアにオフィスがあるアメリカの旅行会社「Go Tour America」が運営するウェブサイトです。このメディアではどの観光パスよりもお得な弊社オリジナル観光パス「ビックアップルパス」の紹介並びに、観光スポットの紹介をしています。ビックアップルパスまたは観光スポットに関するお問い合わせ・ご相談は、LINEまたE-mailよりお気軽にご連絡ください。

TOP