ブルックリンに初めて行く人向けにブルックリン橋やウィリアムズバーグの歩き方を紹介します!

更新日:2019/07/26



ニューヨーク観光ガイドブックなどでもよく特集が組まれている「ブルックリン」はどこにあるか知っていますか?ブルックリンは上のGoogleMapのマンハッタンの東側にあるイースト川をはさんだ先にある赤枠で囲われているエリアのことを言います。

ブルックリンは高層ビルが少なく、イースト川沿いには多くの公園があり、それらの公園からはマンハッタンの絶景が一望できます。また、天気のいい日にブルックリンを探索するときは「自転車1日レンタルで回れるセントラルパーク、ブルックリンブリッジ、ハドソン川を紹介」で紹介したレンタル自転車を借りてブルックリンの風景を見ながら移動するのもオススメです。

ブルックリンブリッジ一日自転車レンタルの申し込みはコチラ

  • 1:ウィリアムズバーグ
  • 2:ブルックリン橋
  • 3:ブルックリンブリッジパーク
  • 4:ブルックリン美術館
  • 5:ブルックリン・ボタニックガーデン

この記事ではブルックリンエリアで楽しめる5つの観光名所を紹介しますでの、是非ニューヨークに旅行に行かれる方は参考にしてください。

1:ウィリアムズバーグ


ウィリアムズバーグは1990年代にマンハッタンの家賃高騰で多くのアーティストが移動したブルックリンで中心街と言われている地区です。当時はひどく危ないエリアとして知られていましたが、2000年代前半にはブルックリン発文化を牽引する町として「ブルックリンブームの火付け役」として人気の地区になりました。

ウィリアムズバーグの地区は広く、その中でニューヨーク旅行者の方が訪れるのが「ベッドフォード・アベニュー駅(Bedford Avenue)」周辺の「ベッドフォード地区」です。

マンハッタンの多くのエリアではストリート沿いにびっしり露店が並んでいますが、ブルックリンはマンハッタンのように露店がどこのエリアにもあるわけではありません。その中でもベッドフォードのエリアにある「ベッドフォードアベニュー」の通りはメインストリートとして知られており、様々なジャンルの露店が並んでいます。

週末にブルックリンに遊びに行かれる方はベッドフォードのエリアで開催されている「ブルックリン最大のフリーマーケット「Brooklyn Flea&Smorgasburg」で週末を楽しもう!」の記事で紹介したブルックリン最大のフリーマーケット「Brooklyn Flea&Smorgasburg」はオススメのフリーマーケットなので行ってみてください。

この「Brooklyn Flea」のフリーマーケットはお洒落なビンテージの洋服や小物、家具が販売されており、販売されている商品は地元の出身のアーティストの作品です。そして、同時に開催されている「Smorgasburg」はニューヨークで話題のグルメが気軽に味わえることで知られている「食」がメインのフリーマーケットとして知られています。

ブルックリン最大のフリーマーケット「Brooklyn Flea&Smorgasburg」で週末を楽しもう!

関連記事を読む

2:ブルックリン橋


ブルックリン橋は1883年に完成したアメリカ合衆国で1番古い吊橋でイースト川をまたぎ、マンハッタンとブルックリンを繋ぐ橋として知られています。観光名所として有名なこの橋は1964年にアメリカ合衆国国定歴史建造物に認定され、ワイヤーを使用した世界で初めての吊橋になり、150年以上経ったいまでも当時の姿のまま現在まで残っている歴史ある橋です。

ブルックリン橋から見たマンハッタン側のダウンタウンの絶景は雑誌でもよく紹介されていることから多くの観光客の方が写真を撮りに訪れます。特に夕方から夜にかけて日が落ちる時間は美しい日没が見られるので多くの方が足を運びますが、個人的には日が落ちた後に見られるマンハッタンのダウンタウンに立ち並ぶビル群の光が作る「夜景」が絶景なのでオススメです。

また、ブルックリン橋を歩くと30分から45分ほどかかりますが、「自転車1日レンタルで回れるセントラルパーク、ブルックリンブリッジ、ハドソン川を紹介」で紹介したレンタル自転車を借りて移動すると15分ほどで渡ることが出来ますし、そのままブルックリンのダンボエリアを探索するのもオススメです。

ブルックリンブリッジ一日自転車レンタルの申し込みはコチラ

3:ブルックリンブリッジパーク


ブルックリンにある公園の中で観光客の方に人気の絶景が眺められる公園といえばブルックリン側のブルックリン橋の真下にある公園「ブルックリンブリッジパーク」です。

この「ブルックリンブリッジパーク」には「グリーンウェイ」と言う自転車道がピア1からピア6まで続いており、この自転車道からはマンハッタンのビル群を見ながらサイクリングを楽しむことが出来ます。他にもブルックリン橋の真下にある旧倉庫は豊富な種類のショップ、レストランが入っており、地元飲食店の料理を紹介している有名雑誌「Time Out」が運営するフードコート「Time Out Market」はランチやディナーを食べる場所を探しているならオススメです。


「ブルックリンブリッジパーク」内にある1922年にフィラデルフィアの工房で製作されたヴィンテージのメリーゴーランドは子供連れの方にオススメです。このメリーゴーランドの館内からはガラス越しにマンハッタンの風景や橋などを見渡すことができます。

また、この「ブルックリンブリッジパーク」付近には写真映えする観光名所が複数あるので、是非「自転車1日レンタルで回れるセントラルパーク、ブルックリンブリッジ、ハドソン川を紹介」で紹介したレンタル自転車を借りてブルックリン橋周辺を探索するのもオススメです。

ブルックリンブリッジ一日自転車レンタルの申し込みはコチラ


4:ブルックリン美術館


ブルックリン美術館はメトロポリタン美術館に次ぐ150万点以上の作品を所蔵する美術館として有名ですが、他の美術館のように教科書に載っているような芸術家の作品ではなく、古代エジプト美術や様々な国の個性的な作品が展示されています。

このブルックリン美術館は1895年に「ボザール様式」の建築方式で建築され、全米で最古の美術館とも言われています。この建築方式はニューヨークが舞台になっている映画でもロケ地として使われている「グランドセントラル駅」や「ニューヨーク公共図書館」と同じ建築方法で作られた美しい建物になります。特にブルックリン美術館の館内のモダンなエントランスや円形の劇場は美術品に負けないほど美しい仕上がりになっています。


ブルックリン美術館の敷地内にある野外スペースでは毎月第一土曜日はアメリカの有名なデパート「ターゲット」がスポンサーになって「Target First Saturdays」が開催されており、17時〜23時までは入館無料で館内でお酒を飲むことが出来ることから「大人の美術館」とニューヨーカーの間で言われています。

また、歩いて数分先にある「ブルックリン・ボタニックガーデン」もブルックリン美術館と同じチケットで入場できるので、お時間ある方はブルックリン・ボタニックガーデンにも足を運んでください。詳しいブルックリン美術館に関することは「マンハッタンの美術館とはまた違う雰囲気を味わえる「ブルックリン美術館」に行こう」の記事で紹介していますので、合わせてお読みください。

ブルックリン美術館&ブルックリン・ボタニックガーデンチケットのオンライン申し込みはコチラ

5:ブルックリン・ボタニックガーデン


ブルックリン・ボタニックガーデンはプロスペクト・パークの中にある10,000種以上の季節に合わせてさまざまな種類の植物を鑑賞して楽しめる植物園です。

特に4月の春のブルックリン・ボタニックガーデンではソメイヨシノや八重桜だけではなく様々な花や植物を楽しむ「桜祭り」が開催されており、ニューヨークで日本を感じることができることで知られている有名なお祭りです。ブルックリン・ボタニックガーデンの中には日本庭園や鳥居があり、この春祭りの当日は着物姿で訪れるニューヨーカーもたくさん来園します。


先ほども書きましたがこのブルックリン・ボタニックガーデンはブルックリン美術館と同じチケットで入場できますので、ブルックリン・ボタニックガーデンに行く際はブルックリン美術館にも足を運んでください。

ブルックリン美術館&ブルックリン・ボタニックガーデンチケットのオンライン申し込みはコチラ

一番お得なニューヨークの割引パス「ビックアップルパス」


ニューヨークの観光名所の入場料を抑えるなら「ビックアップルパス」が一番お得です!

ニューヨーク旅行者の強い味方として利用されていた「ニューヨークシティパス」は通常で購入する金額と割引後の金額を見るとお得ですが、9箇所の観光名所から必須で3つは初めから選択されている「選択肢の低さ」と利用後は9日以内に利用しないと使えなくなってしまう「自由度の低さ」が問題になっていましたが、「ビックアップルパス」は30ヶ所から自由に選ぶことができるニューヨークの割引パスで、利用後も最大1年間まで有効期限があるお得な割引パスです。

ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」の中でも「ビックアップルパス」についての詳細が書いてありますし、このブログで紹介している観光名所の多くが「ビックアップルパス対応」の観光名所です。

訪れる観光名所数で割引パスを買う

「ビックアップルパス」は先ほども書いた通り、ニューヨークの観光スポット30ヶ所から2,3,4,5,6,7ヶ所の中から選択する個数を割引パスを選べますので詳細は「2,3,4,5,6,7ヶヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(セット)のアイキャッチ写真

2,3,4,5,6,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)申し込みページ

申し込みページ


また、7箇所以上の割引パスの購入希望の方は単品でも割引パスを販売しております。単品でも定価で現地で購入するよりも3ドルから最大25ドルの割引がされますので、気になる方は「1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(単品)のアイキャッチ写真

1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)申し込みページ

申し込みページ



※この記事は2019/07/26に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

弊社で購入するとお得な特典が貰えます!

オフィスへお越しになった方限定で

無料プレゼント

(アウトレット Centry21のギフトカード)

みんなが利用するビックアップルパスとは?

>> どれくらいお得かチェックする <<

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします!

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします! NEWYORKingはタイムズスクエアにオフィスがあるアメリカの旅行会社「Go Tour America」が運営するウェブサイトです。このメディアではどの観光パスよりもお得な弊社オリジナル観光パス「ビックアップルパス」の紹介並びに、観光スポットの紹介をしています。ビックアップルパスまたは観光スポットに関するお問い合わせ・ご相談は、LINEまたE-mailよりお気軽にご連絡ください。

TOP