ブルックリン最大のフリーマーケット「Brooklyn Flea&Smorgasburg」で週末を楽しもう!

更新日:2019/01/11


ニューヨーク好きの旅行者がマンハッタンで楽しめる人気のフリーマーケット4選」の記事でマンハッタンで開催されているフリーマーケットについて紹介しましたが、ニューヨーク最大のフリーマーケットと言えばブルックリンで毎週末開催されている「Brooklyn Flea&Smorgasburg」です。

ニューヨーク好きの旅行者がマンハッタンで楽しめる人気のフリーマーケット4選の記事のアイキャッチ写真

ニューヨーク好きの旅行者がマンハッタンで楽しめる人気のフリーマーケット4選

関連記事を読む

「Brooklyn Flea」はビンテージの洋服や小物、家具、地元のアーティストが手がける作品が販売している「買い物」がメインのフリーマーケットとして知られており、「Smorgasburg」はニューヨークで話題のグルメが気軽に味わえることで知られている「食」がメインのフリーマーケットとして知られています。

「Brooklyn Flea&Smorgasburg」のフリーマーケットは時期によって開催されている場所が異なり、冬季(12月〜3月)は屋内、夏季(4月〜11月)は屋外で開催されていますのでフリーマーケットに遊びに行く前にしっかりチェックしてから行きましょう。

冬季(12月〜3月)の「Brooklyn Flea&Smorgasburg」


冬季(12月〜3月)の期間はブルックリンのサンセットパークにあるインダストリーシティ(Industry City)の1階フロアーで「Brooklyn Flea&Smorgasburg」は開催されています。

出店数は「Brooklyn Flea」は約50店のベンダーが出店し、「Smorgasburg」は約10店がのベンダーが出店しています。「Brooklyn Flea」に出店しているベンダーではビンテージの洋服や小物、家具、地元のアーティストが手がける作品が販売されています。

冒頭でも紹介した通り、「Brooklyn Flea」は「ニューヨーク最大のフリーマケット」と言われる、一番規模の大きいフリーマーケットと言われており、ゆっくり全てのベンダーをみようと思うと1日時間が必要になるほど巨大なフリーマーケットです。


「Brooklyn Flea」に出店しているベンダーの中でも注目されているのが「リファウンダリー(REFOUNDRY)」という家具屋さんです。「リファウンダリー(REFOUNDRY)」で販売されている商品は元受刑者によって作られた家具が販売されており、元受刑者の雇用や生活の立て直し、更生支援を目的として作られたスタートアップの会社が運営しています。

「Smorgasburg」のフリーマーケットも同じ敷地内で開催されており、夏季(4月〜11月)に比べると出店数は約10店舗と少し少ないですが、この会場だけでもニューヨークの食文化&B級グルメを楽しめます。


「Smorgasburg」に出店しているベンダーの中で注目されているのが数年前よりニューヨーカーの間で流行っている「ラーメンバーガー(Ramen Burger)」です。

「ラーメンバーガー(Ramen Burger)」は行列が毎週できるほど人気のハンバーガー屋さんです。売られているハンバーガーはラーメンの麺がバンズ代わりに使われており、パテにも甘辛いテリヤキソースがかかっている日本では中々見ない不思議なハンバーガーになります。

実はこの「ラーメンバーガー(Ramen Burger)」は日本でラーメンを学んだこともあるケイゾウ・シマモトさんが考案し、一時は人気のあまり「ラーメンバーガーブーム」が生まれたほど人気のベンダーです。


また、観光雑誌やブログなどでは冬季(12月〜3月)の「Brooklyn Flea&Smorgasburg」は以前開催されていた1920年代に建築されたカイライト・ワン・ハンソン(Skylight One Hanson)という銀行の建物の地下スペースが紹介されていることが多いですが、2019年現在はインダストリーシティ(Industry City)の1階フロアーで「Brooklyn Flea&Smorgasburg」は開催されていますので冬季(12月〜3月)の「Brooklyn Flea&Smorgasburg」に行かれる方はご注意ください。

冬季(12月〜3月)の「Brooklyn Flea&Smorgasburg」開催場所


住所:241 37th St. Brooklyn, NY 11232
営業時間:午前11時から午後8時(土)、午前11時から午後5時(日)

夏季(4月〜11月)の「Brooklyn Flea」


夏季(4月〜11月)は「Brooklyn Flea」と「Smorgasburg」は別の会場で開催されています。

夏季の「Brooklyn Flea」はダンボのエリアで毎週日曜日の朝10時から夕方6時まで野外で開催されいます。ベンダーの出店数は約80店舗が出店しており、ビンテージの洋服や小物、家具、地元のアーティストが手がける作品が販売されています。


この「Brooklyn Flea」が開催されているダンボエリアは観光客に人気の観光名所が複数あり、フリーマーケット会場の近くでもブルックリンブリッジが一望できる観光スポットや観光雑誌でよく取り上げられているブルックリンの建物の間から見えるマンハッタンブリッジの撮影スポット(Washington StreetとFront and Water Streets)にも簡単にアクセスできます。

他にもセレクトショップやお洒落なレストランなどもあるエリアなので「Brooklyn Flea」に行くついでにダンボエリアの探索もされることをオススメします。

夏季(4月〜11月)の「Brooklyn Flea」の会場


住所:241 37th St. Brooklyn, NY 11232
営業時間:午前10時から午後6時(日)

夏季(4月〜11月)の「Smorgasburg」


冬季は「Brooklyn Flea」と「Smorgasburg」が同じ会場で開催されていましたが、夏季は「Smorgasburg」は土曜はウィリアムズバーグのイースト・リバー・ステイト・パーク、日曜はプロスペクト・パークのブリーズ・ヒルで開催されています。

夏季の「Smorgasburg」に行く際にどちらの会場に行こうか悩んでいるならに行かれるなら土曜日のウィリアムズバーグのイースト・リバー・ステイト・パークの会場がおすすめです!土曜日がオススメの理由はフリーマーケットの会場のすぐ横にのイースト・リバーの川があり、そこから見えるマンハッタンのビル群の絶景が見えるからです。


夏季の「Smorgasburg」に出店しているベンダーは冬季と大きくは変わりませんが、去年インスタグラムで話題になった香港の伝統的な卵ワッフル、ガイダンジャイをベースに、チョコレートやアイスクリームをトッピングしたスイーツで知られている「ウォウフル(Wowfulls)」も出店しています。

またスケジュールの都合で日曜日にしか予定が開けれない人はプロスペクト・パークのブリーズ・ヒルで日曜日は「Smorgasburg」のフリーマーケットは開催されていますので、行かれる前に会場をチェックをしてから遊びに行ってください。

プロスペクト・パークはブルックリンにある自然が多い巨大な公園で、ウィリアムズバーグのイースト・リバー・ステイト・パークとはまた違う雰囲気の「Smorgasburg」が楽しめます。

夏季(4月〜11月)の「Smorgasburg」の会場


住所:East River State Park
営業時間:午前11時から午後6時(土)


住所:Prospect Park Breeze Hill
営業時間:午前11時から午後6時(日)

一番お得なニューヨークの割引パス「ビックアップルパス」


ニューヨークの観光名所の入場料を抑えるなら「ビックアップルパス」が一番お得です!

ニューヨーク旅行者の強い味方として利用されていた「ニューヨークシティパス」は通常で購入する金額と割引後の金額を見るとお得ですが、9箇所の観光名所から必須で3つは初めから選択されている「選択肢の低さ」と利用後は9日以内に利用しないと使えなくなってしまう「自由度の低さ」が問題になっていましたが、「ビックアップルパス」は30ヶ所から自由に選ぶことができるニューヨークの割引パスで、利用後も最大1年間まで有効期限があるお得な割引パスです。

ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」の中でも「ビックアップルパス」についての詳細が書いてありますし、このブログで紹介している観光名所の多くが「ビックアップルパス対応」の観光名所です。

訪れる観光名所数で割引パスを買う

「ビックアップルパス」は先ほども書いた通り、ニューヨークの観光スポット30ヶ所から3,5,7ヶ所の中から選択する個数を割引パスを選べますので詳細は「3,5,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(セット)のアイキャッチ写真

3,5,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)申し込みページ

申し込みページ


また、7箇所以上の割引パスの購入希望の方は単品でも割引パスを販売しております。単品でも定価で現地で購入するよりも3ドルから最大25ドルの割引がされますので、気になる方は「1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(単品)のアイキャッチ写真

1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)申し込みページ

申し込みページ



※この記事は2019/01/11に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

弊社で購入するとお得な特典が貰えます!

オフィスへお越しになった方限定で

無料プレゼント

(アウトレット Centry21のギフトカード)

みんなが利用するビックアップルパスとは?

>> どれくらいお得かチェックする <<

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします!

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします! NEWYORKingはタイムズスクエアにオフィスがあるアメリカの旅行会社「Go Tour America」が運営するウェブサイトです。このメディアではどの観光パスよりもお得な弊社オリジナル観光パス「ビックアップルパス」の紹介並びに、観光スポットの紹介をしています。ビックアップルパスまたは観光スポットに関するお問い合わせ・ご相談は、LINEまたE-mailよりお気軽にご連絡ください。

TOP