割引クーポンをうまく使ってゴシップガールのロケ地で登場したニューヨークの観光名所5選を巡ろう

更新日:2019/03/22


若者を中心に世界中の女性の心を鷲掴みにしたアメリカを代表するテレビドラマといえば名門私立学校に通う富裕層の高校生同士の現実味離れたセレブ生活から常識では考えられない恋愛ドラマまで盛りだくさんのドラマ「ゴシップガール」です。



ニューヨークが舞台になっているこのテレビドラマ「ゴシップガール」は2007年9月に「The CW」系列で放送が開始され、2012年12月まで放送され、日本でも2009年4月にテレビ放送されました。

  • 1:グランドセントラル駅
  • 2:メトロポリタン美術館
  • 3:セントラルパーク
  • 4:エンパイアステートビルディング
  • 5:5番街

この世界的に社会影響を与えた人気ドラマ「ゴシップガール」を見たことがきっかけでニューヨークに旅行に行かれる方のために、この記事では「ゴシップガール」のドラマ内で使われたロケ地の観光名所を5選ご紹介します。

また、観光名所の中で入場券が必要な場所が何箇所かありますが、入場券が必要な観光名所に行く場合は「ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」で紹介した割引クーポン「ビックアップルパス」をご利用ください。

ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!の記事のアイキャッチ写真

ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!

関連記事を読む

1:ゴシップガールロケ地「グランドセントラル駅」



テレビドラマ「ゴシップガール」の始まりは1年前に突如コネチカット州の寄宿学校に転校してしまった長身にブロンドの完璧な容姿を持つ、女子なら誰もがなりたがり、男子なら誰もが手に入れたがる完璧な女の子「セレーナ」がニューヨークに戻ってくるシーンから始まります。

この「セレーナ」が戻ってくるシーンで使われるのがニューヨークを代表する駅「グランドセントラル駅」です。

グランドセントラル駅は1871年から開通した歴史ある巨大な駅として知られており、特に1912年にフランスの芸術家、ポール・セザール・エリューによって天井に描かれた「十二星座」は素晴らしい作品なのでグランドセントラル駅に行った際は上を見上げて見てください。

また、地下にはニューヨークで話題のお店が出店するフードコートやギフトショップもあるので食事やお土産探しにも是非ご利用ください。

グランドセントラル駅の地下にあるオイスターバー「Grand Central Oyster bar」



ニューヨークは新鮮な魚介を食べれることで有名ですが、その中でも牡蠣(オイスター)はプリプリして大きいのに日本よりも安い値段で食べれることが多いです。

このグランドセントラル駅の地下にも1913年から営業しているニューヨークでは5本の指に入るシーフード料理を扱う有名なオイスターバー「Grand Central Oyster Bar」があるのでディナーを探している人は是非ご利用ください。このオイスターバーは100種類以上の中から毎日メニューが作られるため、毎日様々な料理が楽しめるのもポイントです。

2:ゴシップガールロケ地「メトロポリタン美術館」



テレビドラマ「ゴシップガール」のヒロイン役の「ブレア」と「セリーナ」がコーヒーを片手に座ってお喋りするシーンで有名な場所といえば、300万点以上のコレクションが保有されいる世界三大美術館の1つ「メトロポリタン美術館」です。


もし館内の全ての作品を鑑賞しようと思うと1日時間が必要になるので、メトロポリタン美術館に行かれる方は鑑賞する展示エリアを事前に決めて、入場後に受け取れる無料の「日本語ガイドブック」か有料の「日本語音声ガイド」を借りて作品の内容を楽しみながら鑑賞するとスムーズに理解しながら鑑賞することができます。

詳しい詳細は「メトロポリタン美術館は英語や芸術知識が0でも楽しむことが出来る美術館と言われる理由」の記事で紹介していますので、合わせてお読みください。

メトロポリタン美術館は英語や芸術知識が0でも楽しむことが出来る美術館と言われる理由の記事のアイキャッチ写真

メトロポリタン美術館は英語や芸術知識が0でも楽しむことが出来る美術館と言われる理由

関連記事を読む

メトロポリタン美術館チケットのオンライン申し込みはコチラ

ゴシップガール好きならコーヒーはもちろん「Sant Ambroeus」


メトロポリタン美術館の階段で談笑するシーンで彼女たちが手に持っているコーヒーはイタリアに本店がある「Sant Ambroeus」のコーヒーも美術館に行く前に購入してから行きましょう。



この「Sant Ambroeus」はニューヨークには3か所にお店があり、メトロポリタン美術館の近くにある店舗はMadison Ave沿いの超高級住宅街内にあります。メトロポリタン美術館からも歩いて数分の場所にあります。

3:ゴシップガールロケ地「セントラルパーク」



マンハッタンのミッドタウンには南北は約4キロ、東西は約1キロ(59丁目から110丁目、そして5番街から8番街まで)の大きさを誇る巨大な公園「セントラルパーク」があり、セントラルパークの様々な場所で撮影がされています。

このセントラルパークはアメリカで最も訪問者が多い「都市公園」とも言われており、毎年約3,500万人の観光客が訪れています。セントラルパークでの楽しみ方に関しては「ニューヨークで一番有名な公園「セントラルパーク」の園内にある有名観光名所9選」の記事で9箇所のセントラルパーク内にある観光名所を紹介していますので参考にしてください。

セントラルパークで1番のオススメはニューヨークらしいビル群が密集する中にある自然溢れる巨大公園に行けば日頃の疲れを忘れさせてくれる絶景を見ることができます。

ニューヨークで一番有名な公園「セントラルパーク」の園内にある有名観光名所9選の記事のアイキャッチ写真

ニューヨークで一番有名な公園「セントラルパーク」の園内にある有名観光名所9選

関連記事を読む

セレブカップルが同棲していたホテル「Lotte New York Palace」



テレビドラマ「ゴシップガール」の主人公「チャック」とヒロイン「セリーナ」が付き合っているときに同棲していたのがセントラルパークからほど近い「Lotte New York Palace」のホテルの最上階の部屋です。この「Lotte New York Palace」のホテルはゴシップガールファンの聖地の1つとして知られており、毎日世界中のゴシップガールファンが訪れるほど有名な場所です。



セントラルパークから「Lotte New York Palace」のホテルまでは歩いて行けますので、セントラルパークに行く際はこのホテルにも足を運んでみてください。

4:ゴシップガールロケ地「エンパイアステートビルディング」



ニューヨーク三大展望台の1つ「エンパイアステートビルディング」はテレビドラマ「ゴシップガール」の主人公「チャック」が恋人「ブレア」に「19時にエンパイア・ステート・ビルの屋上で待っている。もし現われなかったら、Bへの愛情を永遠に断ち切る。」と名言を言ったシーンで使われたロケ地です。

1931年に「エンパイアステートビルディング」がオープンした当時は世界一の展望台(高さ381m)として知られており、今でも展望台エリアから見下ろすマンハッタンの景色は絶景です。

特に夜のエンパイアステートビルディングの展望台から見たマンハッタンの光が作り出すアートは大絶景です!

多くの観光客の方が日没の綺麗な夕焼けか夜景を見るために日没から登るため混雑しますが、「マンハッタンの夜景が作り出すアートを見下ろしにエンパイアステートビルディングに行こう」の記事を読んでいただければ人混みの多い時間でもスムーズに登ることができますので参考にしてください。

マンハッタンの夜景が作り出すアートを見下ろしにエンパイアステートビルディングに行こうの記事のアイキャッチ写真

マンハッタンの夜景が作り出すアートを見下ろしにエンパイアステートビルディングに行こう

関連記事を読む

エンパイアステートビルディング展望台チケットのオンライン申し込みはコチラ

5:ゴシップガールのロケ地「5番街」



ゴシップガールが大好きになった女性の中にはセレブ女子が繰り広げる現実的には考えれないお買い物シーンに心奪われてしまった方も多いはず。そんなゴシップガールのようにショッピングを楽しみたいなら「【ニューヨーク5番街】必ず立ち寄るべき高級ブランドショップ・デパート」の記事で紹介したミッドタウンにある「5番街」のブランド街でショッピングするのがオススメです。

本当はゴシップガールファンならゴシップガールのテレビドラマの中でもロケ地としてよく使われたデパート「Henri Bendel」に足を運ぶのが一番なのですが、2019年1月に閉館してしまったため見ることが出来ません。

ですが、この「Henri Bendel」のデパートは5番街にデパートが元々あり、「Henri Bendel」以外にも「サックスフィフスアベニュー」「バーグドルフグッドマン」「ブルーミングデールズ」などの有名なデパートがありますので、ハイブランドのお買物を楽しみしたい方は5番街に足を運んでください。


また、マンハッタンからバスで行けるアメリカ最大規模のアウトレットモール「ウッドベリーコモン アウトレット」ならアメリカブランドが50%以上の割引率で購入することが出来ます。詳しい詳細については「ニューヨーク郊外でNo1のアウトレットモールといえばウッドベリーコモンアウトレット」の記事で書いていますので、合わせてお読みください。

ニューヨーク郊外でNo1のアウトレットモールといえばウッドベリーコモンアウトレットの記事のアイキャッチ写真

ニューヨーク郊外でNo1のアウトレットモールといえばウッドベリーコモンアウトレット

関連記事を読む

「ウッドベリーコモンアウトレット往復バスチケット」の申し込みはコチラ

一番お得なニューヨークの割引パス「ビックアップルパス」


ニューヨークの観光名所の入場料を抑えるなら「ビックアップルパス」が一番お得です!

ニューヨーク旅行者の強い味方として利用されていた「ニューヨークシティパス」は通常で購入する金額と割引後の金額を見るとお得ですが、9箇所の観光名所から必須で3つは初めから選択されている「選択肢の低さ」と利用後は9日以内に利用しないと使えなくなってしまう「自由度の低さ」が問題になっていましたが、「ビックアップルパス」は30ヶ所から自由に選ぶことができるニューヨークの割引パスで、利用後も最大1年間まで有効期限があるお得な割引パスです。

ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」の中でも「ビックアップルパス」についての詳細が書いてありますし、このブログで紹介している観光名所の多くが「ビックアップルパス対応」の観光名所です。

訪れる観光名所数で割引パスを買う

「ビックアップルパス」は先ほども書いた通り、ニューヨークの観光スポット30ヶ所から2,3,4,5,6,7ヶ所の中から選択する個数を割引パスを選べますので詳細は「2,3,4,5,6,7ヶヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(セット)のアイキャッチ写真

2,3,4,5,6,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)申し込みページ

申し込みページ


また、7箇所以上の割引パスの購入希望の方は単品でも割引パスを販売しております。単品でも定価で現地で購入するよりも3ドルから最大25ドルの割引がされますので、気になる方は「1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(単品)のアイキャッチ写真

1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)申し込みページ

申し込みページ



※この記事は2019/03/22に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

弊社で購入するとお得な特典が貰えます!

オフィスへお越しになった方限定で

無料プレゼント

(アウトレット Centry21のギフトカード)

みんなが利用するビックアップルパスとは?

>> どれくらいお得かチェックする <<

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします!

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします! NEWYORKingはタイムズスクエアにオフィスがあるアメリカの旅行会社「Go Tour America」が運営するウェブサイトです。このメディアではどの観光パスよりもお得な弊社オリジナル観光パス「ビックアップルパス」の紹介並びに、観光スポットの紹介をしています。ビックアップルパスまたは観光スポットに関するお問い合わせ・ご相談は、LINEまたE-mailよりお気軽にご連絡ください。

TOP