ミッドタウンからでもダウンタウンからでも乗船可能なクルーズに乗って観光帰りに自由の女神を見に行こう

更新日:2019/12/12


有給やお休みを利用してニューヨークに遊びに行く人も多いですが、限られた短い時間の中でニューヨークの観光名所を巡ろうと思うと想像以上に巡れなかったり、1つ1つの観光名所に長居してしまって予定していた観光名所に行けないなんてことはよくある話です。

そんな時間がない方にオススメなのが、移動時間をうまく使ってニューヨークの有名観光名所を船の上から楽しむクルーズツアーです。

弊社が販売しているクルーズツアーは「初ニューヨーク旅行者必読!ニューヨークで予約できるクルーズを目的別に紹介します!」の記事でもまとめていますが、この記事で紹介する「自由の女神ハーバー2ハーバークルーズ」のクルーズツアーはミッドタウンの港からでもダウンタウンの港からでも乗船可能なクルーズということもあり、ダウンタウンやミッドタウンで観光プランを考えている人にオススメのクルーズツアーです。

また、記事の最後にミッドタウンの港とダウンタウンの港付近にある観光名所も紹介していますので、是非このクルーズツアーを利用しようと考えている人は参考にしてください。

自由の女神ハーバー2ハーバークルーズ」の申し込みはコチラ

ミッドタウンからでもダウンタウンからでも乗船可能なクルーズ「自由の女神ハーバー2ハーバークルーズ」



この「自由の女神ハーバー2ハーバークルーズ」のクルーズツアーは、ミッドタウンの港にある「ピア 78」もしくはダウンタウンの港にある「ブルックフィールドプレース・ターミナル」のどちらからでも乗船可能なクルーズツアーになります。


このクルーズはミッドタウンの「ピア 78」の港から出発し、約30分かけてダウンタウンの「ブルックフィールドプレース・ターミナル」の港に到着し、ここで乗船する方の為に10分ほど停船します。


そして、その後はさらにダウンタウンに向かって移動し、「ワンワールド展望台」を通過して自由の女神がある「リバティ島」付近で方向を変え、ミッドタウンにある「ピア 78」の港に向かって移動します。

行きはダウンタウンの「ブルックフィールドプレース・ターミナル」の港に寄りますが、帰りは直接ミッドタウンの「ピア 78」の港に行くため「ブルックフィールドプレース・ターミナル」の港では下船できませんのでご注意ください。

また、公式サイトで販売されている入場チケットでは3回まで乗り降り自由となっていますが、お買い得価格で販売されているビッグアップルパスでは1回のみ利用できる乗船チケットになります。

自由の女神ハーバー2ハーバークルーズ」の申し込みはコチラ

「自由の女神ハーバー2ハーバークルーズ」に参加するのに必要な所要時間


この「自由の女神ハーバー2ハーバークルーズ」はミッドタウンの「ピア 78」の港から乗船した場合は合計約90分のクルーズツアーになり、ダウンタウンの「ブルックフィールドプレース・ターミナル」の港から乗船した場合は合計約60分のクルーズツアーになります。

もし「自由の女神ハーバー2ハーバークルーズ」のクルーズツアーに参加する方でミッドタウンから乗船して、ダウンタウンの10分停船時にうっかり下船してしまうと、再乗船できませんので、ご注意ください。また、ブルックフィールドプレース・ターミナルで10分間の停船に間に合わないと乗船できませんので時間厳守でお願いいたします。

最後にミッドタウンの「ピア 78」とダウンタウンの「ブルックフィールドプレース・ターミナル」付近にある観光名所をご紹介しますので、クルーズに乗船前に是非足を運んでみてください。

自由の女神ハーバー2ハーバークルーズ」の申し込みはコチラ

ミッドタウンの「ピア 78」付近の観光名所


ミッドタウンには様々な観光名所が集まっていますが、今回は「ピア 78」の港に近い場所にある空中公園「ハイライン」と、ハイラインにすぐアクセスできる人気観光名所「チェルシーマーケット」をご紹介します。

オススメの移動方法としては「チェルシーマーケット」で買い物を楽しんでから「ハイライン」を散歩しながら「ピア 78」の港に行くのがオススメです。

「チェルシーマーケット」は元々工場だった跡地から作られた「地元ニューヨーカーの食の市場」とも言われているニューヨークのトレンドブランドが集まる市場で、毎年600万人の人が訪れてる大人気観光名所です。

このチェルシーマーケットはニューヨーク旅行のお土産を買い求める人に人気の観光名所になります。チェルシーマーケットではニューヨーク発のブラウニー専門店「Fat witch bakery」やチェルシーマーケット限定のトートバックなどのお土産を買うことが出来るだけでなく、日本では中々食べられないボリューミーな魚介、新鮮なロブスターやオイスター(牡蠣)などをその場で食べることが出来る「Lobster Place」やニューヨークを代表するレストランも出店しています。

ニューヨークのトレンドを一箇所で楽しみたい方にはチェルシーマーケットはオススメです。詳しい詳細は「英語不要!初めて行かれる方にオススメしたいチェルシーマーケットの3つの楽しみ方」で紹介していますので、そちらをお読みください。

そして、チェルシーマーケットを堪能した後は、10Ave沿いの道路に出ると空中公園「ハイライン」の入口があるので、そこから34stのミッドタウンのエリアまで歩いて移動しましょう。このハイラインからはミッドタウンの美しいビル群を眺めながら歩くことができるので、20分ほどの散歩も時間を忘れて楽しく歩くことができます。

このハイラインについては「ニューヨークで散歩するならハイラインに行こう!行き方と周辺の観光名所」の記事で書いていますので、興味がある方はお読みください。

ニューヨークで散歩するならハイラインに行こう!行き方と周辺の観光名所

関連記事を読む

ダウンタウンの「ブルックフィールドプレース・ターミナル」付近の観光名所


ダウンタウンの「ブルックフィールドプレース・ターミナル」の港付近には自由の女神を岸から眺めることができる「バッテリーパーク」や「最新テクノロジーが楽しめるワンワールド展望台の見どころと格安チケット購入方法」で紹介した「ワンワールド展望台」などもあるのですが、これらはクルーズの船上から見ることができるので、ダウンタウンに遊びに行くならクルーズの船上から見ることの出来ない世界の金融の中心と言われている「ウォール街」に行かれることをオススメします!

この「ウォール街」は世界のありとあらゆるお金が動く金融の街として知られており、毎日多くの観光客の方がウォール街に遊びに来ますが、その中でも「チャージング・ブル」の銅像は是非足を運んで欲しい観光名所です。

この銅像はイタリア系アメリカ人芸術家、アルツューロ・ディ・モディカ氏の作品で、1986年の株大暴落を乗り越えたようなアメリカの勇気と繁栄の象徴として作られたウォールストリートのシンボル的存在の牛の銅像です。

この銅像に関する話で面白いのが、この「チャージング・ブル」は1989年12月15日にニューヨーク証券取引所のクリスマスツリーの下に勝手に放置されていた作品で、すぐに撤去されてしまったのですが、ボウリング・グリーン公園の提案により現在の場所に設置されたという秘話があります。また、同じようにフェデラルホールの向かいに少女の銅像が置いてありますが、この銅像は男女平等を訴える女性の強さを表した銅像として勝手に「チャージング・ブル」の銅像の向かいに放置された作品で、すぐに撤去されるはずだったのですが、ニューヨーク市は撤去せずに今あるフェデラルホールの向かいに少女の銅像を置くことにしました。

2019年10月の段階ではフェデラルホールの向かいにその少女の銅像が置かれていますので、もし時間がある方はこの少女の銅像にも是非足を運んでみてください。

他にもダウンタウンには見ておきたい観光名所がいくつもあるので「ニューヨーク初旅行者必見!ダウンタウンを効率よく回るルートを紹介」の記事を参考にしてください。

自由の女神ハーバー2ハーバークルーズ」の申し込みはコチラ

一番お得なニューヨークの割引パス「ビッグアップルパス」


ニューヨークの観光名所の入場料を抑えるなら「ビッグアップルパス」が一番お得です!

ニューヨーク旅行者の強い味方として利用されていた「ニューヨークシティパス」は通常で購入する金額と割引後の金額を見るとお得ですが、9箇所の観光名所から必須で3つは初めから選択されている「選択肢の低さ」と利用後は9日以内に利用しないと使えなくなってしまう「自由度の低さ」が問題になっていましたが、「ビッグアップルパス」は33ヶ所から自由に選ぶことができるニューヨークの割引パスで、利用後も最大1年間まで有効期限があるお得な割引パスです。

ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」の中でも「ビッグアップルパス」についての詳細が書いてありますし、このブログで紹介している観光名所の多くが「ビッグアップルパス対応」の観光名所です。

訪れる観光名所数で割引パスを買う

「ビッグアップルパス」は先ほども書いた通り、ニューヨークの観光スポット33ヶ所から2,3,4,5,6,7ヶ所の中から選択する個数を割引パスを選べますので詳細は「2,3,4,5,6,7ヶヶ所の中から選択出来るビッグアップルパス(セット)詳細ページ」をご確認ください。

ビッグアップルパス(セット)のアイキャッチ写真

2,3,4,5,6,7ヶ所の中から選択出来るビッグアップルパス(セット)申し込みページ

申し込みページ


また、7箇所以上の割引パスの購入希望の方は単品でも割引パスを販売しております。単品でも定価で現地で購入するよりも3ドルから最大25ドルの割引がされますので、気になる方は「1箇所から購入することが出来るビッグアップルパス(単品)詳細ページ」をご確認ください。

ビッグアップルパス(単品)のアイキャッチ写真

1箇所から購入することが出来るビッグアップルパス(単品)申し込みページ

申し込みページ



※この記事は2019/12/12に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

弊社で購入するとお得な特典が貰えます!

オフィスへお越しになった方限定で

無料プレゼント

(アウトレット Centry21のギフトカード)

みんなが利用するビックアップルパスとは?

>> どれくらいお得かチェックする <<

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします!

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします! NEWYORKingはタイムズスクエアにオフィスがあるアメリカの旅行会社「Go Tour America」が運営するウェブサイトです。このメディアではどの観光パスよりもお得な弊社オリジナル観光パス「ビッグアップルパス」の紹介並びに、観光スポットの紹介をしています。ビッグアップルパスまたは観光スポットに関するお問い合わせ・ご相談は、LINEまたE-mailよりお気軽にご連絡ください。

TOP