【2019年版】6月にニューヨーク旅行を予定している方にオススメのイベント8選

更新日:2019/05/03


ニューヨークも5月の肌寒い春が終わると、終日暖かくなる日が続く過ごしやすい6月となり、ニューヨークはビールを飲みながら楽しめる野外イベントや国際色豊かな食べ物とローカルバンドの音楽イベントなど色々なイベントが開催されています!

  • 1:Ice cream festival(日時未定)
  • 2:Bushwick Block Party (6月1日)
  • 3:Free movies in parks(6月8日~9月8日/5月24日からすでに開催)
  • 4:Shakespeare in the Park(6月1日~8月11日/5月21日からすでに開催)
  • 5:Taste of Times Square(6月3日)
  • 6:Night Nation Run(6月8日)
  • 7:Museum Mile festival (6月11日)
  • 8:Mermaid Parade (6月22日)

この記事では6月にニューヨークに旅行に来られる方向けに開催されるイベントを8つご紹介します。

1:Ice cream festival(日時未定)



映画のロケ地としても使われるニューヨーク公共図書館の真裏にある公園「ブライアントパーク」では癌の研究施設等に寄付する目的で開催されているチャリティーイベント「Ice cream festival」が開催されています。

このチャリティーイベントではアイスクリームが食べ放題で食べることができ、2018年は55種類の味のアイスクリームが準備されており、40,000人を超える人が足を運びました。まだ2019年の日程が決まっていませんので、「Ice cream festival」に参加されたい方は「公式ホームページ」からチケットの購入と日時の確認をしてください。

2:Bushwick Block Party(6月1日)



ニューヨークといえば「ヒップホップの発祥の地」として知られていますが、ブルックリンにある「ブッシュウィック」のエリアには壁に書かれたストリートアートなどが色濃く残るエリアの1つです。このエリアで毎年行われているのがストリートアートなどのアートパフォーマンスを楽しみながら屋台でご飯が楽しめる野外イベント「Bushwick Block Party」です。

2019年は6月1日に「Troutman St at Saint Nicholas Ave」でイベントを開催予定していますので、当日パフォーマンスをされるアーティストの情報などは「公式ホームページ」からご確認ください。

3:Free movies in parks(6月8日~9月8日/5月24日からすでに開催)



「Free movies in parks」はニューヨーク市内各所の市が管理する公園で初夏から秋にかけてブライアントパークやブルックリンブリッジ・パークなどマンハッタンだけでなく、クイーンズやブルックリンなどニューヨークにある公園で開催されている野外映画イベントになります。

数年前から始まったこのイベントは今ではこの時期の風物詩とも言われるほど有名なイベントとして知られており、どの公園でのイベントも人気で席が取れないので、早めに座る場所を確保しに行かれることをオススメします。また、入場の際、簡単な手荷物チェックがある場合がありますので、なるべく身軽な格好で行きましょう。

小腹がすいた方はフードやドリンクも公園内または付近で販売していますので、上演前にご購入ください。

セントラルパークで野外映画を見る



多くの方が訪れるのはニューヨークを代表するアメリカ最大の人工公園「セントラルパーク」で開催される無料映画試写会です。

このセントラルパークで開催される無料映画試写会では1回で千人単位で人が訪れる人気の野外映画イベントです。参加費は無料ですが、アルコール飲料、ガラス瓶、椅子、ビデオカメラ、テープレコーダーの持ち込みは禁止されています。

ブライアントパークで野外映画を見る



地下鉄でのアクセスが便利なのがタイムズスクエアの付近にある高層ビルに囲まれた公園「ブライアントパーク」です。

アクセスが良いことからニューヨーク旅行者の人も気軽に立ち寄れる野外映画イベントとして知られており、普段進入禁止されている芝生エリアでブランケットを引き、高層ビルに囲まれた公園でのんびりと映画鑑賞をすることが出来ます。

ブルックリンパークで野外映画を見る



ブルックリン橋のふもとにある「ブルックリンブリッジ・パーク」はマンハッタンのビル群が一望できる最高の立地条件の場所で無料で野外で映画を見ることができる公園として知られており、マンハッタンと異なり、高いビルに囲まれてない、開放感ある公園内で映画が観れることで人気の公園になります。

ブルックリン最大のフリーマーケット「Brooklyn Flea&Smorgasburg」で週末を楽しもう!」で紹介した「食」がメインのフリーマーケットとしてニューヨークで話題のグルメが気軽に味わえることで知られている「Smorgasburg」のベンダーも出店しています。

ブルックリン最大のフリーマーケット「Brooklyn Flea&Smorgasburg」で週末を楽しもう!の記事のアイキャッチ写真

ブルックリン最大のフリーマーケット「Brooklyn Flea&Smorgasburg」で週末を楽しもう!

関連記事を読む

4:Shakespeare in the Park(6月1日~8月11日/5月21日からすでに開催)



5月の時期から8月の時期にかけてアメリカ最大の人工公園「セントラルパーク」の園内にある「Delacorte Theater(デラコーテ・シアター)」にて、夏の風物詩となったシェイクスピア野外無料公演「Free Shakespeare in the Park(フリー・シェイクスピア・イン・ザ・パーク)」が行われます。

2018年の演目はシェイクスピアの「Othello(オセロ)」と「Twelfth Night(十二夜)」が公演されました。

このイベントは毎年大人気の野外上演イベントになり、チケットは「公式ホームページ」のオンラインサイトで抽選で当てるか、当日昼の12時から配られる「当日券(1人2枚まで)」または18:00から配られるキャンセル分の当日券をもらうしかないため、非常に入手困難なチケットになります。

大自然の真ん中で世界最高レベルの「シェイクスピア」の劇が無料でみれるのは「Shakespeare in the Park」だけですよ!

5:Taste of Times Square (6月3日)



「Taste of Times Square」はタイムズスクエアの真ん中にあるブロードウェイ・ミュージカルの劇場街の車道を封鎖して歩行者天国となった道で様々な国の名物料理が楽しめるストリート・フェアです。

このストリートフェアで何か購入するときはチケットが必要になり、このチケットは1セット($10)から購入することが可能になります。詳しい詳細は「公式ホームページ」をお読みください。

6:Night Nation Run(6月8日)



「Night Nation Run」はニューヨークを始め、世界の50都市以上で行われる少し変わったイベントです。どう変わっているかというと、このイベントでは音楽イベントを楽しむ前に「5kmのランニング(歩きOK)」をしないといけません。そして、メインステージでDJ達のアフターパーティーが始まり、夜9時からはセレブも参加する“オフィシャル”アフターパーティーが始まり、夜中音楽と一緒に楽しい時間を過ごせます。

そして、このイベントの面白いポイントは「癌患者へのチャリティー活動」のテーマを掲げることで大企業のスポンサーがつきやすいだけではなく、チャリティー活動をすることで社会人の方は税金控除の対象になるため多くの人が自主的に参加しています。

こんな面白いテーマが含まれたイベントに遊びに行きたい人はチケットが必要になりますので、「公式ホームページ」よりご購入ください。

7:Museum Mile festival(6月11日)



ニューヨークにはメトロポリタン美術館や、グッゲンハイム美術館、現代美術館(MOMA)など世界的にも有名な美術館が数多くありますが、毎年6月第2週目の午後6時から午後9時の3時間限定で有名美術館が無料で入場できる「Museum Mile festival」が開催されています。

普段無料では入場できない美術館も多く、当日は多くの方が入場のための行列を作りますので、行きたい美術館に優先順位をつけてから足を運びましょう。また美術館前で行われるライブミュージックもぜひ楽しんでください。

詳しい「Museum Mile festival」の詳細は「公式ホームページ」からご確認ください。

8:Mermaid Parade(6月22日)



ニューヨークには変わったイベントが多くありますが、その中でも独特で個性溢れる衣装とコンセプトを持った人魚の華麗なパレードを見ることができる「Mermaid Parade」はぜひ足を運んでいただきたいイベントです。

このイベントに参加している人の中には家族で思い出作りで参加している人たちもいれば、自作で0から作り上げた強者まで色々な方の人魚のコスプレが見れたりなど、参加者の想像を超える人魚たちが道でパフォーマンスをします。詳しい詳細は「公式ホームページ」で紹介されているので、ご確認ください。

一番お得なニューヨークの割引パス「ビックアップルパス」


ニューヨークの観光名所の入場料を抑えるなら「ビックアップルパス」が一番お得です!

ニューヨーク旅行者の強い味方として利用されていた「ニューヨークシティパス」は通常で購入する金額と割引後の金額を見るとお得ですが、9箇所の観光名所から必須で3つは初めから選択されている「選択肢の低さ」と利用後は9日以内に利用しないと使えなくなってしまう「自由度の低さ」が問題になっていましたが、「ビックアップルパス」は30ヶ所から自由に選ぶことができるニューヨークの割引パスで、利用後も最大1年間まで有効期限があるお得な割引パスです。

ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」の中でも「ビックアップルパス」についての詳細が書いてありますし、このブログで紹介している観光名所の多くが「ビックアップルパス対応」の観光名所です。

訪れる観光名所数で割引パスを買う

「ビックアップルパス」は先ほども書いた通り、ニューヨークの観光スポット30ヶ所から2,3,4,5,6,7ヶ所の中から選択する個数を割引パスを選べますので詳細は「2,3,4,5,6,7ヶヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(セット)のアイキャッチ写真

2,3,4,5,6,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)申し込みページ

申し込みページ


また、7箇所以上の割引パスの購入希望の方は単品でも割引パスを販売しております。単品でも定価で現地で購入するよりも3ドルから最大25ドルの割引がされますので、気になる方は「1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(単品)のアイキャッチ写真

1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)申し込みページ

申し込みページ



※この記事は2019/05/03に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

弊社で購入するとお得な特典が貰えます!

オフィスへお越しになった方限定で

無料プレゼント

(アウトレット Centry21のギフトカード)

みんなが利用するビックアップルパスとは?

>> どれくらいお得かチェックする <<

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします!

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします! NEWYORKingはタイムズスクエアにオフィスがあるアメリカの旅行会社「Go Tour America」が運営するウェブサイトです。このメディアではどの観光パスよりもお得な弊社オリジナル観光パス「ビックアップルパス」の紹介並びに、観光スポットの紹介をしています。ビックアップルパスまたは観光スポットに関するお問い合わせ・ご相談は、LINEまたE-mailよりお気軽にご連絡ください。

TOP