ニューヨークでナイトクルーズを楽しみたいならランドマーククルーズまたはハーバーライトクルーズ

更新日:2018/02/23


今日は、以前紹介した「2018年版!人気の3つの自由の女神クルーズツアーを比べてみた」に乗ってクルージングを楽しむのではなく、夕方に出航する映画の世界にいるようなニューヨークの夜景を堪能できるランドマーククルーズとハーバーライトクルーズを紹介します。

2018年版!人気の3つの自由の女神クルーズツアーを比べてみた

関連記事を読む

ランドマーククルーズとハーバーライトクルーズは同じ乗船場所になり、昼か夜のスケジュールをご選択されてご利用いただくクルーズになります。

ランドマーククルーズ・ハーバーライトクルーズとは?



ランドマーククルーズ・ハーバーライトクルーズは、約30メートルの距離で迫力ある自由の女神が見れたり、高層ビルが立ち並ぶダウンタウンのニューヨークらしい景色を満喫できるクルーズで、また、夜の時間帯にはナイトクルーズでニューヨークのきらきら輝く美しい夜景をお楽しみいただくことができます。



ランドマーククルーズ・ハーバーライトクルーズは90-120分のクルーズに乗って、マンハッタンをぐるっと一周クルージングするツアーで、先ほど紹介した通り、「通常のクルーズ」と「ナイトクルーズ」の2つがあり、


スタートは同じニュージャージ側のミッドタウンにあるPier 83のクルーズ乗り場です。


この写真はナイトクルーズに参加した際の写真ですが、ちょうど日が落ちる頃にミッドタウンからハドソン川沿いをダウンタウン方向に下り、


自由の女神があるリバティー島が見えるあたりに到達する頃は、後ろを振り向けば夕焼けに光り輝くマンハッタンが見えます。


そして、このランドマーククルーズ・ハーバーライトクルーズの最大のオススメポイントは約30メートルの距離で迫力ある自由の女神が見ることができることです!


夜はブルックリン側のミッドタウン付近までクルーズは上がりますが、ブルックリンブリッジの下を通る頃にはちょうど夜のニューヨークが顔を見せます。


ランドマーククルーズ、ハーバーライトクルーズでは昼も夜も同じルートでクルーズを楽しむことができますが、ナイトクルーズは、日中のニューヨークとは全く違った美しい夜景を眺めながら、ロマンチックな時間をお過ごしいただけます。また夏の期間は夜景ではなく、美しいサンセットが見れるのも特徴的です。

ランドマーククルーズ・ハーバーライトクルーズに参加する際の注意事項


ランドマーククルーズとハーバーライトクルーズは乗船場所は同じですが、クルーズの所要時間とスケジュール、コースが以下のように異なります。

ランドマーククルーズ


ランドマーククルーズは通常、午後に2回程度のスケジュールしかなく(冬季は午後に1回のみとなる期間もある)、マンハッタン・ミッドタウンの最西部に位置するPier83から出港し、ハドソン川を自由の女神まで下ったあとに、もとの出港所に戻ってくる通常120分のクルーズ(冬季は天候により、90分程度に短縮する場合あり)です。

ハーバーライトクルーズ


ハーバーライトクルーズは通常、午後6時もしくは午後7時に一日一回のみのスケジュールで運航し、マンハッタン・ミッドタウンの最西部に位置するPier83から出港し、ハドソン川を自由の女神までくだり、さらにダウンタウンやブルックリン橋を通りすぎ、イーストリバー沿いまでクルーズを楽しんだあとにもとの出港所に戻ってくる通常120分のクルーズです。夏場は、日没が遅い為、サンセットクルーズとしてお楽しみいただけます。

「ランドマーククルーズ・ハーバーライトクルーズ」に行くならビックアップルパスを使おう


初めてニューヨークで観光される方は、雑誌によく掲載されているニューヨークシティパスを使って観光スポットを巡ることが一般的と紹介されていますが、ランドマーククルーズ・ハーバーライトクルーズに行かれる場合、弊社が提供するビックアップルパスが一番お得です!

ランドマーククルーズ・ハーバーライトクルーズのチケット予約はコチラ

一番お得なニューヨークの割引パス「ビックアップルパス」


ニューヨークの観光名所の入場料を抑えるなら「ビックアップルパス」が一番お得です!

ニューヨーク旅行者の強い味方として利用されていた「ニューヨークシティパス」は通常で購入する金額と割引後の金額を見るとお得ですが、9箇所の観光名所から必須で3つは初めから選択されている「選択肢の低さ」と利用後は9日以内に利用しないと使えなくなってしまう「自由度の低さ」が問題になっていましたが、「ビックアップルパス」は28ヶ所から自由に選ぶことができるニューヨークの割引パスで、利用後も最大1年間まで有効期限があるお得な割引パスです。

ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」の中でも「ビックアップルパス」についての詳細が書いてありますし、このブログで紹介している観光名所の多くが「ビックアップルパス対応」の観光名所です。

訪れる観光名所数で割引パスを買う

「ビックアップルパス」は先ほども書いた通り、ニューヨークの観光スポット28ヶ所から3,5,7ヶ所の中から選択する個数を割引パスを選べますので詳細は「3,5,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(セット)のアイキャッチ写真

3,5,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)申し込みページ

申し込みページ


また、7箇所以上の割引パスの購入希望の方は単品でも割引パスを販売しております。単品でも定価で現地で購入するよりも3ドルから最大25ドルの割引がされますので、気になる方は「1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(単品)のアイキャッチ写真

1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)申し込みページ

申し込みページ



※この記事は2018/02/23に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

弊社で購入するとお得な特典が貰えます!

オフィスへお越しになった方限定で

無料プレゼント

(アウトレット Centry21のギフトカード)

みんなが利用するビックアップルパスとは?

>> どれくらいお得かチェックする <<

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします!

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします! NEWYORKingはタイムズスクエアにオフィスがあるアメリカの旅行会社「Go Tour America」が運営するウェブサイトです。このメディアではどの観光パスよりもお得な弊社オリジナル観光パス「ビックアップルパス」の紹介並びに、観光スポットの紹介をしています。ビックアップルパスまたは観光スポットに関するお問い合わせ・ご相談は、LINEまたE-mailよりお気軽にご連絡ください。

TOP