ニューヨーク好きの旅行者がマンハッタンで楽しめる人気のフリーマーケット4選

更新日:2019/01/05


買い忘れしてない?!人気のニューヨークお土産を在住者が紹介」の記事で紹介した定番のニューヨーク土産ではなく、少し変わったニューヨークのお土産を探している方にオススメなのがマンハッタンで開催されているフリーマーケットです。

買い忘れしてない?!人気のニューヨークお土産を在住者が紹介の記事のアイキャッチ写真

買い忘れしてない?!人気のニューヨークお土産を在住者が紹介

関連記事を読む

  • 1:ユニオンスクエア グリーンマーケット
  • 2:グランド・バザール NYC
  • 3:アーチスツ・アンド・フリー:チェルシー・マーケット
  • 4:ヘルズ・キッチン・フリーマーケット

この記事で紹介する4つのマンハッタンで開催されているフリーマーケットには観光客の方以外にも地元ニューヨーカーが買い物に行く有名なフリーマーケットになります。是非ニューヨーカー気分を味わいたい方も足を運んでみてください。

1:ユニオンスクエア グリーンマーケット


ニューヨークにはオーガニックなどを中心とした野菜や、添加物を可能な限り使用しない食材が販売されている「グリーンマーケット」が数多く開催されていますが、その中でも最も規模が大きいのはユニオンスクエアパーク内で開催される「ユニオンスクエア グリーンマーケット」です。


「ユニオンスクエア グリーンマーケット」はユニオンスクエアー駅を上がってすぐにある公園中で月、水、金、土の週4日開催されているフリーマーケットです。

この「ユニオンスクエア グリーンマーケット」では農家ごとにテントを張り、野菜や果物、パンや魚、肉など、さまざまな新鮮な食材を販売しています。販売している商品の質の高さからニューヨークの高級レストランのシェフがこのフリーマーケット会場まで食材を買いに来るほど新鮮な食材が揃っています。

このフリーマーケットの開店時間は8時、閉店は6時前後になります。季節や客の入り、気温などによっては早めにお店を閉める農家もありますのでご注意下さい。

住所:E 17th St &, Union Square W, New York, NY 10003 アメリカ合衆国
公式ホームページ:https://www.grownyc.org/greenmarket/manhattan-union-square-m

2:グランド・バザール NYC


アッパーウエストサイドのエリアで1982年から開催されている「グランド・バザール NYC」のフリーマーケットはニューヨークで開催されているフリーマーケットの中で一番古いフリーマーケットと言われており、100以上の店舗が出店している巨大フリーマーケットとして知られています。

この「グランド・バザール NYC」では屋内・屋外両方の店舗が出店しており、アンティークを扱う店から、芸術家による小売店、職人が作品を提供する店舗、ニューヨーカーに人気フード店舗など様々な店が出店しています。

毎週日曜日のみ開催しており、通常11月の終わりから12月の終わりまでは「ホリデーマーケット」が開催されています。


住所:100 W 77th St, New York, NY 10024 アメリカ合衆国
公式ホームページ:https://grandbazaarnyc.org/

3:アーチスツ・アンド・フリー:チェルシー・マーケット


「Artists & Fleas」は2003年にブルックリンで生まれたフリーマーケットです。この「Artists & Fleas」のフリーマーケットでは地元のアーティストや、デザイナー、ヴィンテージコレクターなどが製作した石鹸やメガネをはじめ、ニューヨークの名前が入ったTシャツや小物などが販売されています。

この「Artists & Fleas」のフリーマーケットが他のフリーマーケットと違うのは商品の売り手の人たちとも会話を楽しみながら買い物することができることです。

ブルックリンのベットフォードのエリアにも「Artists & Fleas」のフリーマーケット会場がありますが、マンハッタンでは観光客に人気の観光名所「チェルシーマーケット」の中にも「Artists & Fleas」のフリーマーケット会場があります。チェルシーマーケットを探索するついでに覗いて見て下さい。


住所:88 10th Ave, New York, NY 10011 アメリカ合衆国
公式ホームページ:https://www.artistsandfleas.com/

4:ヘルズ・キッチン・フリーマーケット


ヘルズキッチンはマンハッタンの34-59丁目、東は8番街までのミッドタウンのお隣のエリアのことを言い、このエリアは「地獄の台所」とも言われています。この「ヘルズ・キッチン・フリーマーケット」は毎週末の朝9時から夕方5時、39丁目の9番街と10番街の間の約300メートルを歩行者天国にして開催されるフリーマーケットです。

この「ヘルズ・キッチン・フリーマーケット」ではアンティークや古着を扱う業者からハンドメイド雑貨を売る若者まで多種多様な店が約90店舗出店しています。

他のフリーマーケット会場に比べて素敵な家具揃っており、2010年にニューヨークの情報誌「タイムアウト」でベストファーニチャー(家具)マーケットに選ばれた実績のあるフリーマーケットです。


住所:408-424 W 39th St, New York, NY 10018 アメリカ合衆国
公式ホームページ:http://www.annexmarkets.com/

一番お得なニューヨークの割引パス「ビックアップルパス」


ニューヨークの観光名所の入場料を抑えるなら「ビックアップルパス」が一番お得です!

ニューヨーク旅行者の強い味方として利用されていた「ニューヨークシティパス」は通常で購入する金額と割引後の金額を見るとお得ですが、9箇所の観光名所から必須で3つは初めから選択されている「選択肢の低さ」と利用後は9日以内に利用しないと使えなくなってしまう「自由度の低さ」が問題になっていましたが、「ビックアップルパス」は30ヶ所から自由に選ぶことができるニューヨークの割引パスで、利用後も最大1年間まで有効期限があるお得な割引パスです。

ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」の中でも「ビックアップルパス」についての詳細が書いてありますし、このブログで紹介している観光名所の多くが「ビックアップルパス対応」の観光名所です。

訪れる観光名所数で割引パスを買う

「ビックアップルパス」は先ほども書いた通り、ニューヨークの観光スポット30ヶ所から2,3,4,5,6,7ヶ所の中から選択する個数を割引パスを選べますので詳細は「2,3,4,5,6,7ヶヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(セット)のアイキャッチ写真

2,3,4,5,6,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)申し込みページ

申し込みページ


また、7箇所以上の割引パスの購入希望の方は単品でも割引パスを販売しております。単品でも定価で現地で購入するよりも3ドルから最大25ドルの割引がされますので、気になる方は「1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(単品)のアイキャッチ写真

1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)申し込みページ

申し込みページ



※この記事は2019/01/05に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

弊社で購入するとお得な特典が貰えます!

オフィスへお越しになった方限定で

無料プレゼント

(アウトレット Centry21のギフトカード)

みんなが利用するビックアップルパスとは?

>> どれくらいお得かチェックする <<

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします!

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします! NEWYORKingはタイムズスクエアにオフィスがあるアメリカの旅行会社「Go Tour America」が運営するウェブサイトです。このメディアではどの観光パスよりもお得な弊社オリジナル観光パス「ビックアップルパス」の紹介並びに、観光スポットの紹介をしています。ビックアップルパスまたは観光スポットに関するお問い合わせ・ご相談は、LINEまたE-mailよりお気軽にご連絡ください。

TOP