【2019年版】3月にニューヨーク旅行を予定している方にオススメのイベント3選

更新日:2019/02/01


3月のニューヨークは、多くの卒業生が卒業旅行で訪れる人気の旅行先です。3月のニューヨークはまだ冬らしい寒さを感じる肌寒い時期になりますので、寒さに弱い方は厚着をしっかりしましょう。

3月のニューヨーク旅行のオススメポイントは、春らしい「花」を使ったイベントからアイルランドにキリスト教を伝えた St. Patrick (聖パトリック)の命日を祝うイベントなど様々な行事が開催されることです。

  • 1:Orchid Show(オーキッドショー)
  • 2:Macy’s Flower Show(メイシーズ フラワーショー)
  • 3:St. Patrick’s Day (セントパトリックスデー)

3月は様々なイベントが開催されますが、その中でも3月にニューヨークに旅行に来られる方向けに3つのオススメイベントをご紹介します。

1:Orchid Show(オーキッドショー)


ブロンクスにあるニューヨーク植物園では、毎年2、3、4月の時期に開催するニューヨーク植物園最大のイベント「Orchid Show(オーキッドショー)」を開催しています。2019年は2月23日~4月28日まで開催されています。

この「Orchid Show(オーキッドショー)」を開催しているニューヨーク植物園は1891年に設立され、1967年に国定歴史建造物に指定された植物園です。「Orchid Show(オーキッドショー)」では毎年イベントのテーマが決まっており、そのテーマにあった様々な国の植物を使ってディスプレイが作られているのが見所です。

この「Orchid Show(オーキッドショー)」のイベントでは、普段は見られない変わった植物を多く見ることができることから、毎年大勢の方が足を運んでいますが、このイベント以外の日でも季節に合わせて桜やツツジ、チューリップ、紅葉などの植物を見ることができるので、是非3月以外の月でニューヨークに行かれる方もニューヨーク植物園に足を運んでみてください。


そして、「Orchid Show(オーキッドショー)」のイベント開催中は、夜のイベントとして「オーキッド・イブニング(Orchid Evenings)」と言うお酒を片手に植物を見ることができる大人のためのイベントが開催されています。

この「Orchid Show(オーキッドショー)」に行きたいと考えている方は「ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」で紹介した弊社が取り扱っているニューヨーク観光名所割引パス「ビッグアップルパス」を利用することで通常より安く入場することができますので、そちらもご利用ください。

ボタニカルガーデン・ブロンクスのチケットの申し込みはコチラ

2:Macy’s Flower Show(メイシーズ フラワーショー)


マンハッタンのヘラルドスクエアにあるアメリカの有名デパートの1つ「Macy’s(メイシーズ)」の春の恒例イベントとして大人気なのが、「Macy’s Flower Show(メイシーズ フラワーショー)」です。2019年は3月24日~4月7日まで開催されています。

この「Macy’s Flower Show(メイシーズ フラワーショー)」は、1946年にカリフォルニアのメイシーズで店内に鉢植えの花を飾ったことがきっかけで始まったイベントとして知られています。2019年現在ではニューヨーク、サンフランシスコ、シカゴのメイシーズで毎年開催しており、ニューヨークの「Macy’s(メイシーズ)」では、19万8500平方メートルという大規模な売り場面積がある1階フロアーに、毎年テーマに合わせて何千種類もの花や植物が飾り付けられ、華やかな見た目だけではなく、フレッシュなフローラルの香りが館内に広がっています。

上の動画は2018年の「Macy’s Flower Show(メイシーズ フラワーショー)」の風景です。2018年はメルヘンチックな世界が特徴的な「Once Upon a Springtime」がテーマで開催されていました。


飾りづけは内館だけでなく、外のショーウィンドウもテーマに合わせた豪華なディスプレイアートが展示されていますので、そちらも合わせてご覧ください。

また、弊社オフィスではアウトレットやCentry21でお買い物時に使える割引クーポンを無料で配布していますので、ショッピングにいかれる前にオフィスに割引クーポンを受け取りに来てください!

3:St. Patrick’s Day (セントパトリックスデー)


「Patrick’s Day (セントパトリックスデー) 」はアイルランドにキリスト教を伝えたSt. Patrick (セントパトリックス)の命日を祝うためのお祭りです。2019年のパレードは3月16日の11:00から17:00まで開催される予定です。

この「Patrick’s Day (セントパトリックスデー) 」では緑色の洋服やアイルランドのシンボルにもなっているシャムロック(三つ葉のクローバーのデザイン)を身につけて、妖精を捕まえるという伝統的な行事です。この「Leprechaun (レプリカン) 」と言う妖精は小さく、すばしっこいので捕まえにくいのですが、金貨をたくさん持っているので、この妖精を捕まえると幸せになれると言い伝えられています。

アメリカでは大人子供関係なくお祭り当日は緑の服を着たり、妖精が被っている帽子のような物を被ったりして、1日を祝う一般的な祝日として知られており、ニューヨークの「Patrick’s Day (セントパトリックスデー) 」で開催されるパレードは世界最大で世界最古と言われています。

このパレードは1762年から始まっており、お祭り当日は「St. Patrick’s Cathedral(セント・パトリック大聖堂)」が目の前にある5番街の44stから79stまでは緑の格好をしたパレード参加者約15万人、パレード観客約200万人の人たちで埋め尽くされ、パレードが盛大に行われています。

また、パレード以外でも街中のカフェなどで三つ葉のクローバーがデザインされたクッキーやカップケーキなども販売されていたり、街中でも緑色の人たちで溢れかえる日なので、彼らと一緒に「Patrick’s Day (セントパトリックスデー) 」を祝いましょう!

一番お得なニューヨークの割引パス「ビッグアップルパス」


ニューヨークの観光名所の入場料を抑えるなら「ビッグアップルパス」が一番お得です!

ニューヨーク旅行者の強い味方として利用されていた「ニューヨークシティパス」は通常で購入する金額と割引後の金額を見るとお得ですが、9箇所の観光名所から必須で3つは初めから選択されている「選択肢の低さ」と利用後は9日以内に利用しないと使えなくなってしまう「自由度の低さ」が問題になっていましたが、「ビッグアップルパス」は33ヶ所から自由に選ぶことができるニューヨークの割引パスで、利用後も最大1年間まで有効期限があるお得な割引パスです。

ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」の中でも「ビッグアップルパス」についての詳細が書いてありますし、このブログで紹介している観光名所の多くが「ビッグアップルパス対応」の観光名所です。

訪れる観光名所数で割引パスを買う

「ビッグアップルパス」は先ほども書いた通り、ニューヨークの観光スポット33ヶ所から2,3,4,5,6,7ヶ所の中から選択する個数を割引パスを選べますので詳細は「2,3,4,5,6,7ヶヶ所の中から選択出来るビッグアップルパス(セット)詳細ページ」をご確認ください。

ビッグアップルパス(セット)のアイキャッチ写真

2,3,4,5,6,7ヶ所の中から選択出来るビッグアップルパス(セット)申し込みページ

申し込みページ


また、7箇所以上の割引パスの購入希望の方は単品でも割引パスを販売しております。単品でも定価で現地で購入するよりも3ドルから最大25ドルの割引がされますので、気になる方は「1箇所から購入することが出来るビッグアップルパス(単品)詳細ページ」をご確認ください。

ビッグアップルパス(単品)のアイキャッチ写真

1箇所から購入することが出来るビッグアップルパス(単品)申し込みページ

申し込みページ



※この記事は2019/02/01に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

弊社で購入するとお得な特典が貰えます!

オフィスへお越しになった方限定で

無料プレゼント

(アウトレット Centry21のギフトカード)

みんなが利用するビックアップルパスとは?

>> どれくらいお得かチェックする <<

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします!

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします! NEWYORKingはタイムズスクエアにオフィスがあるアメリカの旅行会社「Go Tour America」が運営するウェブサイトです。このメディアではどの観光パスよりもお得な弊社オリジナル観光パス「ビッグアップルパス」の紹介並びに、観光スポットの紹介をしています。ビッグアップルパスまたは観光スポットに関するお問い合わせ・ご相談は、LINEまたE-mailよりお気軽にご連絡ください。

TOP