ニューヨーク旅行の夜はこれで決まり!ニューヨークの夜景スポット9選

更新日:2019/02/15


多くのニューヨーク旅行者がニューヨーク旅行中に足を運ぶのがマンハッタンのビル群を一望する夜景絶景スポットです!特に「心奪われるニューヨークの展望台3つの特徴を比べてみた」で紹介した3大展望台から見下ろす夜のマンハッタンの摩天楼は他の大都市とは比較にならないほどの大絶景の夜景を楽しむことが出来ます。

  • 1:エンパイアステートビルディング展望台から見た夜景
  • 2:トップオブザロック展望台から見た夜景
  • 3:ワンワールド展望台から見た夜景
  • 4:230 Fifthルーフトップバーから見た夜景
  • 5:タイムズスクエアから見た夜景
  • 6:ブルックリンブリッジから見た夜景
  • 7:ブルックリン・ブリッジ・パークから見た夜景
  • 8:ハミルトンパークから見た夜景
  • 9:ホーボーケンから見た夜景

この記事ではニューヨークの三大展望台以外からでも見ることができるニューヨークの夜景絶景ポイントも含めて9つオススメのスポットを紹介します。

是非ニューヨーク旅行中に夜景を見に行こうと思っている方は参考にしてください。

心奪われるニューヨークの展望台3つの特徴を比べてみたの記事のアイキャッチ写真

心奪われるニューヨークの展望台3つの特徴を比べてみた

関連記事を読む

1:エンパイアステートビルディング展望台から見た夜景


エンパイアステートビルディング展望台は設立してから42年間の間世界一の高さを誇った「世界一の摩天楼」と呼ばれる、世界で最も有名な展望台として知られており、映画「キングコング」「恋人たちの予感 (When Harry Met Sally)」、ドラマ「ゴシップガール」のロケ地でも使われていたオススメ夜景スポットです。

エンパイアステートビルディング展望台はブルックリンを含む、ダウンタウンの夜景からタイムズスクエアや5番街の夜景まで眺めることができる展望台です。

エンパイアステートビルディング展望台の展望台室は86階にあり、展望台デッキには窓ガラスがないため、320mの高さから直接見下ろすことが出来ます。

エンパイアステートビルディング展望台の営業時間は午前2時までということもあり、夜中でも行くことができます。
※最終のエレベーターは午前1時15分

詳しいエンパイアステートビルディング展望台については「マンハッタンの夜景が作り出すアートを見下ろしにエンパイアステートビルディングに行こう」の記事で紹介していますので、合わせてお読みください。

マンハッタンの夜景が作り出すアートを見下ろしにエンパイアステートビルディングに行こうの記事のアイキャッチ写真

マンハッタンの夜景が作り出すアートを見下ろしにエンパイアステートビルディングに行こう

関連記事を読む

エンパイアステートビルディング展望台チケットのオンライン申し込みはコチラ

2:トップオブザロック展望台から見た夜景


トップオブザロック展望台はタイムズスクエアや五番街、セントラルパーク、MOMA美術館などの様々な有名観光名所が集まるエリア「ミッドタウン」に位置する展望台です。

このトップオブザロック展望台はニューヨークの三大展望台の1つですが他の展望台と異なるポイントとしては、70階の野外展望台スペースでは約260メートルの超高層ビルの展望台から360度の角度からマンハッタンの豪華な景色が眺めることできることです!

トップオブザロック展望台のチケットを購入する場合は現地購入とオンラインでの購入の2パターンあり、トップ・オブ・ザ・ロック展望台はチケットを購入する際に入場時間を指定しないといけないので渡米前にオンラインで購入するのをおすすめします。

また、2019年よりサンセット時間の時間帯を含めたトップ・オブ・ザ・ロック展望台のチケットがリアルタイムで購入できるようになりました!リアルタイム予約ができるのは弊社だけです!

詳しいトップ・オブ・ザ・ロック展望台については「トップ・オブ・ザ・ロックのおすすめスポットを60秒で紹介」の記事で紹介していますので、合わせてお読みください。

トップ・オブ・ザ・ロックのおすすめスポットを60秒で紹介の記事のアイキャッチ写真

トップ・オブ・ザ・ロックのおすすめスポットを60秒で紹介

関連記事を読む

「トップ・オブ・ザ・ロック展望台チケット」の申し込みはコチラ

3:ワンワールド展望台から見た夜景


ワンワールド展望台は2001年9月11日に起きた「アメリカ同時多発テロ事件」によって倒壊した旧ワールド・トレード・センターの跡地に立てられたニューヨーク三大展望台の1つと言われている展望台です。

ダウンタウンに位置するワンワールド展望台は他の展望台に比べてブルックリンブリッジや自由の女神などが近くで見ることができるのと光が集中するミッドタウン側の光が作った絶景を見ることができます。また、他の展望台は野外で鑑賞ができるのですが、ワンワールド展望台は室内のみになっており、102階の展望台フロアーはニューヨークを360度楽しめるパノラマビューを室内から楽しむことができます。

なので、冬の寒い時期や夏の暑い時期に行っても気温関係なく、展望台からの絶景を楽しむことができます。

詳しいワンワールド展望台については「最新テクノロジーが楽しめるワンワールド展望台の見どころと格安チケット購入方法」の記事で紹介していますので、合わせてお読みください。

最新テクノロジーが楽しめるワンワールド展望台の見どころと格安チケット購入方法の記事のアイキャッチ写真

最新テクノロジーが楽しめるワンワールド展望台の見どころと格安チケット購入方法

関連記事を読む


同じ跡地内に同時多発テロの痛みを忘れることなく、テロに決して屈しないという象徴で建てられた「911メモリアル」の展示品の一部は当時の事件当初のままの姿で残っていますので、こちらも時間がある方は足を運んでみてください。

詳しい911メモリアルについては「「9.11メモリアル」の長蛇の列に並ばないで入場する方法」の記事で紹介していますので、合わせてお読みください。

「9.11メモリアル」の長蛇の列に並ばないで入場する方法の記事のアイキャッチ写真

「9.11メモリアル」の長蛇の列に並ばないで入場する方法

関連記事を読む

「911メモリアル」チケット申し込みはコチラ

4:230 Fifthルーフトップバーから見た夜景


「230 Fifthルーフトップバー」は有名なナイトクラブ「Roxy、Palladium」などを手がけたオーナーが2006年にオープンしたルーフトップバーです。オープン直後から注目は高く、1年足らずで「New York’s #1 Rooftop Garden」を受賞して、世界的にも有名なルーフトップバーです。

この「230 Fifthルーフトップバー」のルーフトップバーの最大の魅力は目の前にエンパイアステートビルディング展望台の眺めが楽しめるマンハッタンの絶景です!

詳しい230 Fifthルーフトップバーについては「お酒2杯付き!230 Fifth ルーフトップバーでニューヨークの美しい夜景を見ながらビールを飲もう」の記事で紹介していますので、合わせてお読みください。

お酒2杯付き!230 Fifth ルーフトップバーでニューヨークの美しい夜景を見ながらビールを飲もうの記事のアイキャッチ写真

お酒2杯付き!230 Fifth ルーフトップバーでニューヨークの美しい夜景を見ながらビールを飲もう

関連記事を読む

注意していただきたいのが「ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」で紹介した弊社が提供する割引クーポン「ビックアップルパス」で「230 Fifthルーフトップバー」のチケットを購入するとドリンク2杯分のバウチャーが付いていますが注意事項はバーカウンターで2杯同時注文しなければいけない事と金・土は夜8時以降の利用不可になりますので、ご注意ください。

また、「230 Fifthルーフトップバー」ではイベント行事なども開催していますが、イベント時は利用することができませんので、ご理解の上、ご購入ください。

「230 fifth」のルーフトップバー入場チケットのオンライン申し込みはコチラ

5:タイムズスクエアから見た夜景


ニューヨークの観光名所で一番初めに名前があがる観光名所として24時間眠らない街で有名な「タイムズスクエア」がよくあがりますが、夜のタイムズスクエアの巨大ディスプレイに映される映像、電光看板にネオンサインが作り出す光のアートは死ぬまでに一度は見てもらいたい景色です!

タイムズスクエアの電光掲示板は24時間付いたままなので、真夜中に行っても見ることができます。

混み具合についてなのですが夜7時から10時くらいまでは人混みもある程度ありますが、もし人混みが少ない時間帯に行ってタイムズスクエアの絶景を独り占めしたいなら少し遅くに行っても警察官も常時待機しているので危険な目にあう確率も低いので、ご安心ください。

詳しいタイムズスクエアの遊び方については「ニューヨークの定番観光名所「タイムズスクエア」を遊び尽くせ!」の記事で紹介しましたので、この記事を参考にミュージカルやニューヨークのお土産を購入できるショップめぐりなどタイムズスクエア探索も是非してください。

また、弊社オフィスにて訪問者の方全員にディスカウントストアで使えるクーポン券を配布しているので、是非タイムズスクエアにこられた際は弊社オフィスまで足を運んでください。

ニューヨークの定番観光名所「タイムズスクエア」を遊び尽くせ!の記事のアイキャッチ写真

ニューヨークの定番観光名所「タイムズスクエア」を遊び尽くせ!

関連記事を読む

6:ブルックリンブリッジから見た夜景


先ほど紹介したワンワールド展望台のあるダウンタウンからすぐアクセスできるブルックリンとマンハッタンを繋ぐ「ブルックリンブリッジ」からはイーストリバー越しに、ワン・ワールド・トレード・センターを中心としたロウアー・マンハッタンの高層ビル群の美しい夜景を見ることが出来ます。

この「ブルックリンブリッジ」はニューヨークの数ある橋の中でもゴシック建築の名残の残るアメリカで最も古い吊り橋として知られており、車道と、上側の舗道の二階層になっています。

どの2階建て観光バスツアーがオススメ?ビッグバス/グレイライン/トップビューを徹底比較」で紹介した観光バスの中の「グレイライン観光バス」ではブルックリンの観光名所ポイントに行く際にブルックリンブリッジを通るのでツアーに参加すれば、ブルックリンブリッジから絶景の夜景を見ることができますので是非グレイライン観光バスナイトツアーもご利用ください。

どの2階建て観光バスツアーがオススメ?ビッグバス/グレイライン/トップビューを徹底比較の記事のアイキャッチ写真

どの2階建て観光バスツアーがオススメ?ビッグバス/グレイライン/トップビューを徹底比較

関連記事を読む

グレイライン観光バスナイトツアーチケットのオンライン申し込みはコチラ

7:ブルックリン・ブリッジ・パークから見た夜景


マンハッタン側からブルックリンブリッジを歩いて渡るとマンハッタンのダウンタウンの高層ビル群の美しい夜景と先ほど歩いたブルックリンブリッジが一望できる「ブルックリン・ブリッジ・パーク」と言う34ヘクタールある公園に行くことができます。この公園は、庭園、川沿いの遊歩道があることで有名な公園です。

この「ブルックリン・ブリッジ・パーク」ではロブスターロールで有名な「Luke’s Lobster」やお酒が飲めるルーフトップバー「Hotel Brooklyn Bridge」があったり、ブルックリンブリッジとマンハッタンブリッジの間にはレストラン、オフィスなどが入った倉庫もあるので夜景を見る前にショッピングやご飯を楽しみましょう。

「ワンブルックリンホテル」から見た夜景も絶景


ブルックリン・ブリッジ・パークの中にある「ワンブルックリンホテル」は2017年2月にオープンしたラグジュアリーがテーマで作られたホテルです。このホテルのルーフトップにあるルーフトップバー「DO」ではイースト・リバー越しに見る自由の女神や、ダウンタウンに密集する高層ビルなどの絶景を見ることができます。

宿泊者ではない、一般の方でも入場料で20ドル支払うとルーフトップバー「DO」はご利用できるので、是非「ブルックリン・ブリッジ・パーク」に行かれる方は合わせてこちらのホテルにも立ち寄って見てください。

8:ハミルトンパークから見た夜景


外側からマンハッタンのミッドタウンの高層ビルの景色が見たい方がよく行かれるのがマンハッタンの西側にあるお隣の「ニュージャージー州」にある「Boulevard East at Eldorado Pl」の停留所を出てすぐにある「ハミルトンパーク」は有名な夜景スポットです。

この「ハミルトンパーク」から見える夜景は先ほど紹介した「エンパイアステイトビル展望台」や「トップオブザロック」、「タイムズスクエア」などをはじめとするミッドタウンに立ち並ぶビル群の景色を楽しむことが出来ます。

この「ハミルトンパーク」に行くまでの交通手段はフェリーで行く手段もありますが、お金も時間もかかるので42st 8aveにある「ポートオーソリティ・バス・ターミナル」で片道$3.20のチケットを購入後「212番ゲート」から出るバスに乗車し、「Boulevard East at Eldorado Pl」の停留所で下車するバスを使う移動手段で「ハミルトンパーク」まで行かれることをオススメします。 


9:ホーボーケンから見た夜景


外側からマンハッタンのダウンタウンの高層ビルの景色が見たい方がよく行かれるのがマンハッタンの西側にあるお隣の「ニュージャージー州」にある「ホーボーケン」の駅を出てすぐにある川沿いにある夜景スポットです。

このホーボーケンから見える夜景スポットからは先ほど紹介した「ワンワールド展望台」をはじめとするダウンタウンに立ち並ぶビル群の景色から自由の女神の景色まで楽しむことができます。

このホーボーケン駅は今はニューヨークとニュージャージーを繋ぐ「パストレイン」で移動するのですが、1907年に誕生した際は石炭や石油など資源の取れるアメリカの内部とニューヨークなど海岸部に運ぶ駅として使われていました。

ホーボーケンの駅の中は歴史を感じる豪華な作りになっており、天井のステンドグラスは特に綺麗なので是非ホーボーケンに行かれる時は「パストレイン」を使ってください。


この記事で紹介した9つのニューヨークの夜景スポットはどれもニューヨーク旅行者に大人気の夜景スポットばかりなので時間がある方は全部回って見てください!

また、ニューヨークの観光名所をいろいろ回ろうと思っている人は「ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」の記事で紹介した弊社が提供する割引クーポン「ビックアップルパス」を利用すると節約してニューヨーク旅行を楽しめます。

一番お得なニューヨークの割引パス「ビックアップルパス」


ニューヨークの観光名所の入場料を抑えるなら「ビックアップルパス」が一番お得です!

ニューヨーク旅行者の強い味方として利用されていた「ニューヨークシティパス」は通常で購入する金額と割引後の金額を見るとお得ですが、9箇所の観光名所から必須で3つは初めから選択されている「選択肢の低さ」と利用後は9日以内に利用しないと使えなくなってしまう「自由度の低さ」が問題になっていましたが、「ビックアップルパス」は30ヶ所から自由に選ぶことができるニューヨークの割引パスで、利用後も最大1年間まで有効期限があるお得な割引パスです。

ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」の中でも「ビックアップルパス」についての詳細が書いてありますし、このブログで紹介している観光名所の多くが「ビックアップルパス対応」の観光名所です。

訪れる観光名所数で割引パスを買う

「ビックアップルパス」は先ほども書いた通り、ニューヨークの観光スポット30ヶ所から2,3,4,5,6,7ヶ所の中から選択する個数を割引パスを選べますので詳細は「2,3,4,5,6,7ヶヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(セット)のアイキャッチ写真

2,3,4,5,6,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)申し込みページ

申し込みページ


また、7箇所以上の割引パスの購入希望の方は単品でも割引パスを販売しております。単品でも定価で現地で購入するよりも3ドルから最大25ドルの割引がされますので、気になる方は「1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(単品)のアイキャッチ写真

1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)申し込みページ

申し込みページ



※この記事は2019/02/15に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

弊社で購入するとお得な特典が貰えます!

オフィスへお越しになった方限定で

無料プレゼント

(アウトレット Centry21のギフトカード)

みんなが利用するビックアップルパスとは?

>> どれくらいお得かチェックする <<

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします!

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします! NEWYORKingはタイムズスクエアにオフィスがあるアメリカの旅行会社「Go Tour America」が運営するウェブサイトです。このメディアではどの観光パスよりもお得な弊社オリジナル観光パス「ビックアップルパス」の紹介並びに、観光スポットの紹介をしています。ビックアップルパスまたは観光スポットに関するお問い合わせ・ご相談は、LINEまたE-mailよりお気軽にご連絡ください。

TOP