ニューヨーク旅行者の方でも気軽に楽しめるスケートリンク3選

更新日:2018/12/05


12月に入るとニューヨークの街中はクリスマスムード一色に変わり、至る所でクリスマスイルミネーションやクリスマスツリーなどクリスマスらしい鮮やかなニューヨークを楽しむことが出来ます。

特にこの時期限定で楽しむことが出来る「スケート」は観光客の方にも人気のあるアクティビティーです。

日本では冬にスケートを楽しむ文化はまだ馴染みが薄いかもしれませんが、アメリカではスケートはメジャースポーツとして親しまれており、ニューヨークの街中でもこのホリデーシーズンにはいくつかのスケート施設が設営されます。

  • 1:セントラルパーク・ウォールマン・スケートリンク
  • 2:ウィンターヴィレッジ
  • 3:ザ・リンク

この記事ではニューヨークを代表するスケートリンク3選とスケートリンク付近にある有名観光名所を合わせてご紹介します。

1:セントラルパーク・ウォールマン・スケートリンク


ニューヨークを代表する公園として知られる「セントラルパーク」の公園内ではホリデーシーズン限定で「セントラルパーク・ウォールマン・スケートリンク」が設営されます。このスケートリンクはマンハッタンの高層ビルを背景にスケートを楽しむことができることで知られているスケートリンクです。

このスケートリンクは映画「ある愛の詩(Love Story)」や「セレンディピティ〜恋人たちのニューヨーク〜(Serendipity)」、「ホームアローン2(Home Alone 2: Lost in New York)」のロケ地として使われたことで有名です。


この「セントラルパーク・ウォールマン・スケートリンク」はアメリカの現大統領ドナルド・トランプ氏が所有しているスケートリンクとしても知られているスケートリンクです。

1949年にオープンしたこのスケートリンクは1980年に改装をすると市が発表し、改装期間6年と1200万ドルの予算で改装工事がスタートしたのですが予定期間が近づいても一向に改装が終わる気配がなく、さらに改装期間を3年延長すると発表した際にお役所仕事の遅さにドナルド・トランプ氏がしびれを切らせて名乗りをあげたのがきっかけです。

今でもこのスケートリンクは「The Trump Organization(トランプオーガニゼーション)」が運営しており、スケートリンク上には”TRUMP”の文字がデザインされています。

詳細は「あのドナルド・トランプが所有するセントラルパーク・ウォールマン・スケートリンクで冬のニューヨークを楽しもう」の記事でご紹介していますので、合わせてお読みください。

あのドナルド・トランプが所有するセントラルパーク・ウォールマン・スケートリンク で冬のニューヨークを楽しもう

関連記事を読む


この「セントラルパーク・ウォールマン・スケートリンク」のスケートリンクは63丁目付近にあり、5番街と59丁目または6番街と59丁目の入口からセントラルパークに入ると簡単にこちらのスケートリンクまでアクセスできます。

また、「セントラルパーク・ウォールマン・スケートリンク」を利用する際の支払い方法は現金のみになりますので、スケートリンクに行かれる前に現金の準備を忘れないようにしてください。

日時・営業時間:月・火 10am-2:30pm / 水・木 10am-10pm / 金・土 10am-11pm /日 10am-9pm
場所:830 5th Ave, New York, NY 10065
費用:$12.00〜(曜日によって異なる。スケートレンタル代は別途料金)
ホームページ:http://www.wollmanskatingrink.com

セントラルパークに行くなら5番街にも足を運ぼう!


セントラルパークに行くなら「【ニューヨーク5番街】必ず立ち寄るべき高級ブランドショップ・デパート」で紹介したショッピングストリート「5番街」へ行かれることをオススメします。


人気なのが「ティファニー」本店に展示されている128カラットを誇る「イエローダイヤモンド」です。毎年、何千人もの人々がこのダイヤモンドを見るために本店に訪れます。

他にも5番街にある有名ブランドの多くがホリデーシーズン中は豪華な飾りづけを施すため、この期間中は多くの人が一目見ようと5番街を訪れます。是非「セントラルパーク・ウォールマン・スケートリンク」に行かれる方は5番街にも足を運んでみてください。

【ニューヨーク5番街】必ず立ち寄るべき高級ブランドショップ・デパート

関連記事を読む

2:ウィンターヴィレッジ


冒頭でも記載した通り、ホリデーシーズンになるとニューヨークの街中の至る所でスケートリンクが設置されますが、ホリデーシーズン限定でブライアントパーク内で開催される「ウインタービレッジ」の中に設営されるスケートリンクは唯一入場料無料でスケートを楽しむことができるスケートリンクとして知られています。

このブライアントパークのスケートリンクのオススメポイントは「マンハッタンの夜景が作り出すアートを見下ろしにエンパイアステートビルディングに行こう」で紹介したニューヨークを代表する観光名所「エンパイアステートビルディング」を背景にスケートを楽しむことが出来ることです。

もしスケート靴を持参する場合は無料でスケートを楽しむことが出来ますが、スケート靴がない場合はレンタルをする必要があります。スケート靴のレンタル費については「公式ホームページ」をご確認ください。


この「ウィンターヴィレッジ」のスケートリンクへはニューヨークを代表する観光名所「タイムズスクエア」又はニューヨークで一番大きな駅「グランドセントラル駅」から歩いて行くことが出来ます。

日時・営業時間:8am-10pm
場所:New York, NY 10018
費用:無料(スケートレンタル代は別途料金)
ホームページ:http://bryantpark.org/amenities/bank-of-america-winter-village-at-bryant-park

ブライアントパークのホリデーイベントを楽しもう


ブライアントパーク内にホリデーシーズン限定で開催される「ウインタービレッジ」ではスケートリンクの他にローカルブランドからインターナショナルブランドまで幅広い商品の買い物が楽しめる「ホリデーマーケット」やスケートリンク前に設置されている豪華な巨大クリスマスツリーを楽しむことが出来ます。

この巨大クリスマスツリーの点灯式当日は世界で活躍するプロのフィギュアスケート選手のパフォーマンスが披露され、点灯時には豪華な花火の打ち上げと50フィートの美しいドイツトウヒ(常緑高木)がライトアップされます。

2019年の「ウインタービレッジ」は3月3日まで開催されています。

この他にもブライアント付近で楽しめるホリデーイベントとして有名なのがブライアントパークから歩いて数ブロック先にあるニューヨーク最大の駅として知られる「グランドセントラル駅」内で開催されている「グランドセントラル・ホリデー・フェア」です。詳しい詳細は「クリスマスの時期にニューヨーク旅行に行く人向け!おすすめのイルミネーション6選」の記事で紹介していますので、合わせてお読みください。

クリスマスの時期にニューヨーク旅行に行く人向け!おすすめのイルミネーション6選

関連記事を読む

3:ザ・リンク


ニューヨークの有名観光名所として知られるロックフェラーセンターの中央にある、様々な国の国旗に囲まれた地下の一角のスペースではホリデーシーズン限定でスケートリンク「ザ・リンク」が一般公開されます。このスケートリンクは全米一大きなクリスマスツリーを背景にスケートが楽しめることで知られているスケートリンクです。


このスケートリンクが他のスケートリンクと大きく異なる点はカップルのプロポーズの場所としてスケートリンクを5分間貸し切ることが出来る「ENGAGEMENT-ON-ICE」プランが提供されていることです。

この5分という短い時間ですが、このロマンチックな雰囲気の中でプロポーズをしたいカップルが大変多く、タイミングがよければプロポーズ風景を見ることも出来ます。

このスケートリンクの営業時間は毎日8時30から24時まで営業しており、リンク整備のため、2時間おきに完全入れ替えをする形になっています。入場料金は27ドルから30ドルほどで、スケート靴のレンタルは1人12ドルになります。


この「ザ・リンク」のスケートリンクへは「47-50丁目・ロックフェラーセンター駅」又はニューヨークを代表する観光名所「タイムズスクエア」からも歩いて行くことが出来ます。

日時・営業時間:8:30am-0am
場所:45 Rockefeller Plaza, New York, NY 10111
費用:大人1セッション(1時間半)25ドルから(スケートレンタル代は別途料金)
ホームページ:https://therinkatrockcenter.com/

全米一大きなクリスマスツリー


このスケートリンクの目の前にあるクリスマスツリーは全米一大きなクリスマスツリーとして知られており、緑化を管理するガーデンチームが選び抜いた、1年で最高のもみの木が毎年使われいます。

1933年から続くこの巨大クリスマスツリーの点灯式ではスワロフスキークリスタルのスターがトップに輝く5万個以上のLEDライトでデコレーションされたクリスマスツリーを一目見ようと多くの方が訪れます。

例年では11月下旬または12月初旬、サンクスギビングデーの翌週の水曜日に設置・点灯されます。


このロックフェラーセンターのクリスマスツリー点灯式ではテレビや雑誌などでよく見かけるスーパースターのライブパフォーマンスが無料で鑑賞できることから他の点灯式に比べて多くの方が訪れます。


他にも「【2018年版】トップ・オブ・ザ・ロックのおすすめスポットを60秒で紹介」で紹介したロックフェラーセンタービルの展望台スペースにある「トップ・オブ・ザ・ロック展望台」も時間がある方は行かれることをオススメします。

【2018年版】トップ・オブ・ザ・ロックのおすすめスポットを60秒で紹介

関連記事を読む

「トップ・オブ・ザ・ロック展望台」の入場チケットは当日購入することもできますが、時間指定が必要なため時間帯によっては満席からチケット購入が出来ない場合もあります。もし「トップ・オブ・ザ・ロック展望台」に行く予定の方は事前に弊社が提供している割引クーポン「ビックアップルパス」を利用してチケット予約をするとスムーズかつ通常価格よりも安く入場チケットを購入するが出来ます。

一番お得なニューヨークの割引パス「ビックアップルパス」


ニューヨークの観光名所の入場料を抑えるなら「ビックアップルパス」が一番お得です!

ニューヨーク旅行者の強い味方として利用されていた「ニューヨークシティパス」は通常で購入する金額と割引後の金額を見るとお得ですが、9箇所の観光名所から必須で3つは初めから選択されている「選択肢の低さ」と利用後は9日以内に利用しないと使えなくなってしまう「自由度の低さ」が問題になっていましたが、「ビックアップルパス」は30ヶ所から自由に選ぶことができるニューヨークの割引パスで、利用後も最大1年間まで有効期限があるお得な割引パスです。

ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」の中でも「ビックアップルパス」についての詳細が書いてありますし、このブログで紹介している観光名所の多くが「ビックアップルパス対応」の観光名所です。

訪れる観光名所数で割引パスを買う

「ビックアップルパス」は先ほども書いた通り、ニューヨークの観光スポット30ヶ所から3,5,7ヶ所の中から選択する個数を割引パスを選べますので詳細は「3,5,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(セット)のアイキャッチ写真

3,5,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)申し込みページ

申し込みページ


また、7箇所以上の割引パスの購入希望の方は単品でも割引パスを販売しております。単品でも定価で現地で購入するよりも3ドルから最大25ドルの割引がされますので、気になる方は「1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(単品)のアイキャッチ写真

1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)申し込みページ

申し込みページ



※この記事は2018/12/05に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

弊社で購入するとお得な特典が貰えます!

オフィスへお越しになった方限定で

無料プレゼント

(アウトレット Centry21のギフトカード)

みんなが利用するビックアップルパスとは?

>> どれくらいお得かチェックする <<

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします!

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします! NEWYORKingはタイムズスクエアにオフィスがあるアメリカの旅行会社「Go Tour America」が運営するウェブサイトです。このメディアではどの観光パスよりもお得な弊社オリジナル観光パス「ビックアップルパス」の紹介並びに、観光スポットの紹介をしています。ビックアップルパスまたは観光スポットに関するお問い合わせ・ご相談は、LINEまたE-mailよりお気軽にご連絡ください。

TOP