1時間で自由の女神と一緒にブルックリンブリッジも楽しめる自由の女神スカイラインデイクルーズとは?

更新日:2018/07/26


ニューヨークの有名観光名所の1つといえば「自由の女神」ですが、自由の女神を鑑賞する方法は何パターンかあり、今までこのブログでも「2018年版!人気の3つの自由の女神クルーズツアーを比べてみた」で人気クルーズツアー3つを比較したり、「サークルラインクルーズに参加して人混みのストレスなく自由の女神を船の上から満喫しよう!」で,ミッドタウンからダウンタウンを通って自由の女神の付近を観光するクルーズツアーなど色々と紹介しました。

2018年版!人気の3つの自由の女神クルーズツアーを比べてみたの記事のアイキャッチ写真

2018年版!人気の3つの自由の女神クルーズツアーを比べてみた

関連記事を読む

サークルラインクルーズに参加して人混みのストレスなく自由の女神を船の上から満喫しよう!の記事のアイキャッチ写真

サークルラインクルーズに参加して人混みのストレスなく自由の女神を船の上から満喫しよう!

関連記事を読む

しかし、ほとんどのツアーが1時間以上の時間を作らないと自由の女神を見ることができません。

ですが、中には「時間がないので短い時間で自由の女神を楽しみたい!」という方もいると思います。そんな方におすすめなのが、60分で自由の女神の建っているリバティ島から自由の女神が間近で見れる「自由の女神スカイラインデイクルーズ」です。

  • ・ブルックリンブリッジ
  • ・ワンワールドトレードセンター

また、この「自由の女神スカイラインデイクルーズ」では、以下の有名な観光名所もクルーズの上から見ることが出来ますので、「自由の女神スカイラインデイクルーズ」の説明の後にこれら観光名所についても紹介します。

自由の女神スカイラインデイクルーズのおすすめな理由



この「自由の女神スカイラインデイクルーズ」の利用者の多くが、ニューヨーク旅行の日程があまり長くない方々で「待ち時間なしでニューヨークのシンボルになってる自由の女神が見たい!」という方に利用されているクルーズツアーになります。

  • 1:60分で自由の女神を満喫できる
  • 2:列に並ぶ必要なし
  • 3:その他観光名所も楽しめる

この記事では「自由の女神スカイラインデイクルーズ」がオススメと言える理由を3つ紹介します。

1:60分で自由の女神を満喫できる



「自由の女神スカイラインデイクルーズ」のクルーズ乗り場はダウンタウンにあり、地下鉄でFULTON St駅まで行き、そこから徒歩5分ほどの場所に「Pier15」という乗船場所があります。


この「自由の女神スカイラインデイクルーズ」のおすすめなポイントは、60分のクルーズツアーで自由の女神がある「リバティ島」の付近までクルーズが近づくので、間近で自由の女神を見ることができるだけでなく、クルーズ内で販売されている軽食や飲み物を購入し、クルーズの上からビールなど飲みながら、巨大なビルが集まるダウンタウンの街が小さくなっていくのを眺めるセレブ体験もできることです。

また、一般的に観光客の方が自由の女神がある「リバティ島」に行く場合は、リバティ島に上陸するフェリーに乗るのですが、そのフェリーでは1度にたくさんの人を運ぶため、移動中は落ち着いてニューヨークの景色をフェリーから見ることが難しいですが、「自由の女神スカイラインデイクルーズ」なら優雅に自分の時間をクルーズの上で楽しめます。

2:列に並ぶ必要なし


ニューヨークに初めて旅行に来られる方は知らない方がほとんどですが、「結局自由の女神のあるリバティ島行きのフェリーは何分前に行けばいいの?」で紹介した通り、自由の女神がある「リバティ島」に行くには出航所で通常30-45分以上の待機が必須になります。

さらに、この待機時間は行きだけでなく、帰りのリバティ島からマンハッタン行きのフェリーも大変混み合うので待つ必要があります。

なので、人混みが苦手な方やニューヨーク滞在の日程が短いので時間をうまく節約したい方は、参加人数が決まっている「自由の女神スカイラインデイクルーズ」をおすすめします。

「自由の女神スカイラインデイクルーズ(60分)」の申し込みはコチラ

3:その他観光名所も楽しめる


最後に、「自由の女神スカイラインデイクルーズ」のクルーズ上から見ることができる「ブルックリンブリッジ」と「ワンワールドトレードセンター」について紹介します。

ブルックリンブリッジ


「ブルックリンブリッジ」は19世紀後半に完成した歴史ある橋として知られており、マンハッタン周辺に複数ある橋の中でも一番人気の橋になります。

このブルックリンブリッジには面白い誕生秘話があり、ブルックリンブリッジの工事にはおよそ1900万ドル(3億2000万ドル)の大金ががかかっているにも関わらず、ブルックリンブリッジが開通してから6日後に橋の安定性に関する噂が広まってしまい、一部で崩壊するのではないかと心配されていました。そこで、橋の強度を証明するため、翌年、P.T.バーナムがサーカスの像を21頭引き連れて橋を渡ったという、ニューヨークらしい歴史的出来事がありました。

そんな危ないと言われたブルックリンブリッジも現在では、1日12万台の車、4000人の歩行者、2600人のサイクリストが毎日ブルックリンブリッジを渡っていると言われています。

また、クルーズツアー参加後にブルックリンブリッジを歩いて渡ろうと考えている方は、ブルックリンブリッジは歩くと約45分ほどかかると言われているので、「徒歩でブルックリンブリッジを往復したい!」と考えている方は時間にある程度余裕を持ちましょう。特に橋の上から見たマンハッタンの景色は本当に綺麗なので、写真を撮る時間なども考えてブルックリンブリッジ観光のスケジュールは、少し長めに確保されることをお勧めします。

ワンワールドトレードセンター


ワンワールドトレードセンターは「最新テクノロジーも楽しめるワールドトレードセンター展望台の見どころと格安チケット購入方法」でも紹介していますが、同時多発テロの跡地に建てられた3大ニューヨーク展望台の1つの展望台になります。

このワンワールドトレードセンターは、2015年5月にオープンし、全米随一の541mを誇る展望台として知られており、特にニューヨークを360度パノラマビューで楽しめることはもちろん、102階に到着後はフォーエバー・シアターと呼ばれる巨大スクリーンで2分間の映像観賞があり、その後スクリーンが上がり、目の前にニューヨークの絶景が見られる新感覚の展望台として、多くの観光客の方に愛されている展望台です。

また、ワンワールドトレードセンターも自由の女神の島がある「リバティ島」に行くフェリーと同じく、入場に最大1時間ほど並ばないといけないのですが、「ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」で紹介していて、弊社が提供している「ビックアップルパス」を使うと時間を節約して入場することが出来ますので、是非ご利用ください。

「ワンワールドトレードセンター入場チケット」の申し込みはコチラ

ビックアップルパスを利用してスカイラインデイクルーズへのご乗船をお考えの方へ


この「スカイラインデイクルーズ」は、自由の女神があるリバティ島やエリス島への上陸はありませんのでご注意ください。またクルーズは予約制ではなく、先着順のご乗船になりますので、通常、出航の20~30分前までに乗船場所にご到着されてご乗船まで待機されることをおすすめしています。
(年末年始やアメリカの連休等の繁忙期は、全世界からニューヨークに観光客が集結し、クルーズが通常よりも早く満員になりますので、なるべくお早目にご到着される必要がございます)

天候についてですが、悪天候やクルーズ運行会社の都合により運行スケジュールが変更・キャンセルとなり、ご乗船いただけなかったクルーズに関しまして、弊社では一切責任を負えません。ご利用前にお客様ご自身で天気予報や運行状況の確認をお願いいたします。また、運行スケジュールは予告なく変更になる可能性がある為、ご乗船場所に向かう前に公式サイトにて再確認をお願いいたします。

クルーズツアーの写真

サークルラインクルーズ公式サイト

関連記事を読む

運航スケジュール


5月1日 – 10月31日 / (9:30), (10:00), 11:00, 11:30, 12:30, 13:00, 14:00, 14:30, 15:30, 17:00
11月1日 – 4月30日 / (10:00), 11:30, 13:00, 14:30, 16:00

**( )内のスケジュールは、団体の観光客が多い関係で、満員になる可能性が高く、またご乗船されても写真を撮るのが難しい場合もある為、弊社は( )のスケジュール以外でご乗船されることをお勧めしておりますが、( )内のスケジュールも弊社のチケットでご乗船可能です。

ビックアップルパスを使ってクルーズツアーに参加を考えている方へ


予約制ではなく、先着順のご搭乗になります。通常、出航の20~30分前までにご到着されてのご搭乗となりますが、繁忙期や年末年始、連休等は観光客が多くなりますので、なるべくお早目にご到着されて待機されることをお勧めいたします。

悪天候やクルーズ運営会社の都合により、予告なくスケジュールが変更・運休になることがあります。ご利用前に公式ホームページにてお客様ご自身でのスケジュールの確認をお願いいたします。

クルーズツアーの写真

サークルラインクルーズ公式サイト

関連記事を読む

自由の女神スカイラインデイクルーズのチケット予約はコチラ

一番お得なニューヨークの割引パス「ビックアップルパス」


ニューヨークの観光名所の入場料を抑えるなら「ビックアップルパス」が一番お得です!

ニューヨーク旅行者の強い味方として利用されていた「ニューヨークシティパス」は通常で購入する金額と割引後の金額を見るとお得ですが、9箇所の観光名所から必須で3つは初めから選択されている「選択肢の低さ」と利用後は9日以内に利用しないと使えなくなってしまう「自由度の低さ」が問題になっていましたが、「ビックアップルパス」は28ヶ所から自由に選ぶことができるニューヨークの割引パスで、利用後も最大1年間まで有効期限があるお得な割引パスです。

ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」の中でも「ビックアップルパス」についての詳細が書いてありますし、このブログで紹介している観光名所の多くが「ビックアップルパス対応」の観光名所です。

訪れる観光名所数で割引パスを買う

「ビックアップルパス」は先ほども書いた通り、ニューヨークの観光スポット28ヶ所から3,5,7ヶ所の中から選択する個数を割引パスを選べますので詳細は「3,5,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(セット)のアイキャッチ写真

3,5,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)申し込みページ

申し込みページ


また、7箇所以上の割引パスの購入希望の方は単品でも割引パスを販売しております。単品でも定価で現地で購入するよりも3ドルから最大25ドルの割引がされますので、気になる方は「1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(単品)のアイキャッチ写真

1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)申し込みページ

申し込みページ



※この記事は2018/07/26に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

弊社で購入するとお得な特典が貰えます!

オフィスへお越しになった方限定で

無料プレゼント

(アウトレット Centry21のギフトカード)

みんなが利用するビックアップルパスとは?

>> どれくらいお得かチェックする <<

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします!

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします! NEWYORKingはタイムズスクエアにオフィスがあるアメリカの旅行会社「Go Tour America」が運営するウェブサイトです。このメディアではどの観光パスよりもお得な弊社オリジナル観光パス「ビックアップルパス」の紹介並びに、観光スポットの紹介をしています。ビックアップルパスまたは観光スポットに関するお問い合わせ・ご相談は、LINEまたE-mailよりお気軽にご連絡ください。

TOP