ニューヨークの移動手段でよく使われる地下鉄とタクシーと配送サービスの違いについて

更新日:2019/07/11


ニューヨーク旅行に行かれる方からニューヨーク旅行中の「移動手段方法」についてよく聞かれます。一般的にニューヨークの移動手段は大きく分けて「地下鉄」と「タクシー」、そして「Uber」などの配送サービスの3つがあり、どの移動手段でニューヨーク市内を移動するのが一番なのか悩む方も多いです。

  • 1:ニューヨーク内を地下鉄を使って移動する方法
  • 2:ニューヨーク内をタクシーを使って移動する方法
  • 3:ニューヨーク内を配送サービスアプリを使って移動する方法

この記事では初めてニューヨークに旅行に来られる方向けにニューヨーク市内の移動方法として一般的に使われれる3つの移動方法を紹介します。

1:ニューヨーク内を地下鉄を使って移動する方法


ニューヨーカーの移動手段として一番使われているのが「地下鉄」です。

2000年前後はまだ地下鉄も治安が悪かったですが、ニューヨーク知事が変わり、治安の悪さを改善するための対策をした結果2019年現在は昔のような治安の悪さは全くなく、毎日多くのニューヨーカーと旅行客の方の移動手段として24時間使われています。


ニューヨークの地下鉄は日本の地下鉄と異なり、「アップタウン」と「ダウンタウン」の2種類しかありません。なので、ミッドタウンからハーレムなどのアップタウンに移動する場合は「アップタウン行き」の地下鉄で移動し、ブルックリンなどのダウンタウンに移動する場合は「ダウンタウン行き」の電車に乗ります。


アップタウン行きとダウンタウン行きの地下鉄の入り口は同じ場合と異なる場合があります。見分け方としては地下に移動する地下鉄のゲート部分に「Uptown」「Downtown」の表記があれば乗りたい電車のゲート部分に移動し、上の写真のように表記がない場合は両方の電車に同じゲートから移動することが出来ます。


地下に移動するとホームの看板に「Uptown」か「Downtown」の表記があるので、その表記を目印にするとわかりやすいです。


また、ニューヨークの地下鉄は数字とローマ字で別れており、地下鉄のマップに記載されている記号の地下鉄が止まりますので、今から移動したい観光名所の付近にある地下鉄の記号をゴールに移動すると簡単に移動できます。


地下に移動したのはいいけど、どの地下鉄の電車がくるかわからない人は、ホームにある看板を確認すると今からホームに到着する電車がわかります。


そして、2019年よりほとんどの地下鉄ホームに時刻表が表示される電光掲示板が設置されました。そちらの電光掲示板から待機しているホームに今から到着する電車が何なのか調べることが出来ます。


週末や地下鉄の工事を行なっていると地下鉄に表記されている記号と実際に停車する地下鉄の駅が異なる場合が多々あるので、その場合は別の地下鉄の記号の電車から移動するかタクシーや配送アプリを使うのが定番になります。

1回の利用料金が2.75ドルでどこまでも行けるというお手頃価格と利便性の高さから毎日多くの人が地下鉄を利用してニューヨーク市内を移動していますが、実際に何回地下鉄を利用するかで購入する「メトロカード」の種類は変わりますので、ご注意ください。

ニューヨークの地下鉄で使う「メトロカード」の買い方


ニューヨークの地下鉄に乗る場合は「メトロカード」という切符を購入しないといけません。そして、メトロカードには「シングルライド(片道切符)」、「金額で指定する」、「期間で指定する」の3種類あり、それぞれの地下鉄に券売機がありますので、そちらからメトロカードを購入してください。


まず画面をクリックすると言語が選択できるので「English」を選択してください。駅によっては「日本語」対応している券売機もあります。


次にメトロカードの種類を選択してください。もし片道の切符が欲しい場合は「Single Ride(3ドル)」をクリックし、金額で指定してメトロカードを買う場合や期間で指定してメトロカードを買う場合は「Metro Card」をクリックしてください。


初めてメトロカードを購入される場合は「Get New Card」をタップしてください。


「Regular MetroCard」は金額で指定してメトロカードを購入することが出来ますが、残高を全部使い切った場合は再度チャージをする必要があります。「Unlimited Ride」は期間で指定してメトロカードを購入することが出来ます。


支払い方法は3種類ありますが、ニューヨーク旅行者の方が選択できるのは「Cash(現金)」「Credit Card(クレジットカード)」の2種類になります。クレジットカードで支払う場合は最後に「Zip Code(郵便番号)」を入れないといけませんので、ご注意ください。

また、空港から電車でマンハッタンに来られる際に間違えて「エアトレインの回数券(25ドルの5回券)」を「5日間乗り放題のメトロカード」と勘違いして購入される方がいますが、そちらの回数券は地下鉄では利用できないのでご注意ください。


支払いが終わるとメトロカードが受け取れます。このメトロカードを利用する場合は入場するときのみ利用し、駅を出るときはメトロカードは必要ありませんので、ご注意ください。

あとは「アップタウン」と「ダウンタウン」をしっかり確認し、目的の駅に向かう地下鉄に乗ってください!

弊社では1ドル割引でメトロカードを購入することが出来ます!


弊社でも「4回乗車券(4回乗車分がすでにチャージされているメトロカード)」と「7日間乗り放題(Unlimited 7 Daysメトロカード)」の2種類のメトロカードを取り扱っています。

お支払い方法は「現金払い」のみになります。通常で購入するよりも地下鉄駅構内で購入するより1ドル安く購入できますので、ニューヨーク観光に行く前にオフィスまで購入しに来てください。

2:ニューヨーク内をタクシーを使って移動する方法


ニューヨークには「イエローキャブ」という名前で知られる黄色いタクシーが街中を走っています。日本に比べると初乗りが安かったり、街中で多く走っていることから簡単に捕まえることが出来ます。

ですが、英語が話せないと意思疎通ができないことから目的地を正しく伝えることが出来なかったり、英語ができないことでぼったくりにあった方もいらっしゃいます。なので、英語に自信がない方にはタクシーはあまりお勧めできない移動手段になります。

3:ニューヨーク内を配送サービスアプリを使って移動する方法


数年前から「配送サービスアプリ」が世界的に主流になっており、ニューヨークでは「Uber」や「Lyft」などの配送サービスをタクシー代わりに利用している人が急増しています。特にタクシーと異なる便利な点としては乗車前にアプリ上で配送料金がわかったり、支払いもアプリ内で出来るため、英語ができない方でもクレジットカード登録などをしておけばすぐに利用できます。

この「配送サービスアプリ」は大変便利なサービスなのですが、ドライバーが乗客の方に電話をしたり、気さくに話しかけてくることが多いので、タクシーほどハードルは高くないですが、英語が苦手な人にはハードルが高いかもしれないです。

ニューヨークの移動手段としては「地下鉄」と「タクシー」と「配送サービス」の3種類がありますが、英語が苦手な方には「地下鉄」を利用して移動するのが一番おすすめです。

弊社では1ドル割引でメトロカードを購入することが出来ます!


弊社でも「4回乗車券(4回乗車分がすでにチャージされているメトロカード)」と「7日間乗り放題(Unlimited 7 Daysメトロカード)」の2種類のメトロカードを取り扱っています。

お支払い方法は「現金払い」のみになります。地下鉄駅構内で購入するより1ドル安く購入できますので、ニューヨーク観光に行く前にオフィスまで購入しに来てください。

一番お得なニューヨークの割引パス「ビックアップルパス」


ニューヨークの観光名所の入場料を抑えるなら「ビックアップルパス」が一番お得です!

ニューヨーク旅行者の強い味方として利用されていた「ニューヨークシティパス」は通常で購入する金額と割引後の金額を見るとお得ですが、9箇所の観光名所から必須で3つは初めから選択されている「選択肢の低さ」と利用後は9日以内に利用しないと使えなくなってしまう「自由度の低さ」が問題になっていましたが、「ビックアップルパス」は30ヶ所から自由に選ぶことができるニューヨークの割引パスで、利用後も最大1年間まで有効期限があるお得な割引パスです。

ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」の中でも「ビックアップルパス」についての詳細が書いてありますし、このブログで紹介している観光名所の多くが「ビックアップルパス対応」の観光名所です。

訪れる観光名所数で割引パスを買う

「ビックアップルパス」は先ほども書いた通り、ニューヨークの観光スポット30ヶ所から2,3,4,5,6,7ヶ所の中から選択する個数を割引パスを選べますので詳細は「2,3,4,5,6,7ヶヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(セット)のアイキャッチ写真

2,3,4,5,6,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)申し込みページ

申し込みページ


また、7箇所以上の割引パスの購入希望の方は単品でも割引パスを販売しております。単品でも定価で現地で購入するよりも3ドルから最大25ドルの割引がされますので、気になる方は「1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(単品)のアイキャッチ写真

1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)申し込みページ

申し込みページ



※この記事は2019/07/11に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

弊社で購入するとお得な特典が貰えます!

オフィスへお越しになった方限定で

無料プレゼント

(アウトレット Centry21のギフトカード)

みんなが利用するビックアップルパスとは?

>> どれくらいお得かチェックする <<

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします!

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします! NEWYORKingはタイムズスクエアにオフィスがあるアメリカの旅行会社「Go Tour America」が運営するウェブサイトです。このメディアではどの観光パスよりもお得な弊社オリジナル観光パス「ビックアップルパス」の紹介並びに、観光スポットの紹介をしています。ビックアップルパスまたは観光スポットに関するお問い合わせ・ご相談は、LINEまたE-mailよりお気軽にご連絡ください。

TOP