ニューヨークの定番観光名所「タイムズスクエア」を遊び尽くせ!

更新日:2018/07/23


ニューヨークに旅行に行く方にニューヨークの観光名所で一番初めに名前があがる観光名所を伺うと24時間眠らない街で有名な「タイムズスクエア」がよく名前があがりますが、「タイムズスクエア」の基本情報を頭に入れてから行くのと情報なしで行くのでは楽しめる充実、満足度が全く違います!

この記事では初めて「タイムズスクエア」に行かれる方向けに事前に頭に入れておいた方がいい「タイムズスクエアに関する豆知識」とタイムズスクエア付近にあるニューヨークの定番観光名所をご紹介します。

タイムズスクエアに関する豆知識

夜のタイムズスクエアの写真
「タイムズスクエア」はBroadwayの42stから赤い階段がある47stまでのエリアのことをいい、世界中から毎日多くの観光客が訪れることから「世界の交差点」と言われています。特にタイムズスクエアの夜の景色は大人気で世界中の企業の広告や巨大ディスプレイに映される映像、電光看板にネオンサインと、「眠らない街」と言われる理由が一目でわかります。

ですが、初めてタイムズスクエアに行く人の中には「タイムズスクエアって何があるの?」と疑問を持たれる方も多いので、この記事では以下3つの「タイムズスクエアに関する豆知識」を紹介します。

  • 1:年末年始のカウントダウン
  • 2:24時間消えない電光掲示板
  • 3:様々な種類のニューヨーク土産が購入できる

1:年末年始のカウントダウン



上の動画は2018年のタイムズスクエアで年末に行われたカウントダウンのイベントの動画ですが、このタイムズスクエアで世界中から約100万人以上が集まると言われています。

私自身並んでタイムズスクエアのカウントダウンに参加したことがありますが、カウントダウンに参加したい人は昼前にはタイムズスクエアに到着して、カウントダウンのイベントが始まるまでイベントスペースで作られた枠の外に出ることはできません。なので、トイレに行けないことからオムツを履いて参戦する人もたくさんいます。

もしタイムズスクエアのカウントダウンに行く予定の人は冬のニューヨークはマイナス10度を超える夜も普通にありますので、厚着をしてから行きましょう。

2:24時間消えない電光掲示板



上の動画は夜のタイムズスクエアの動画になりますが、実は日本の企業の東芝が電子広告を出していたのですが2018年に広告費の問題で広告主を辞退しました。実際にかかった広告費はわからないですが、2007年のデータでは1ヶ月約3,000万円〜4,000万円の広告費が必要だそうです。

そんな高額の電子広告ですが多くの人が毎日集まることから広告依頼をする企業は多く、今でも毎日何十社もの電子広告が24時間広告を出しており、夜にこれらの電子広告が作り出す光のアートは一度は見ておくべきです。

3:様々な種類のニューヨーク土産が購入できる


タイムズスクエア付近にはアメリカ発のブランドのショップやニューヨークをテーマにしたお土産を取り扱っているおみやげ屋さんもたくさんあり、その中でも人気なのが「買い忘れしてない?!人気のニューヨークお土産を在住者が紹介」でも紹介したアメリカ発のチョコレートブランド「M&M」です。

タイムズスクエアにあるM&Mの店頭の写真
特にタイムズスクエアにある「M&M」のストア限定で作ることができるオリジナルの写真や絵や文字などをチョコレートに印刷できる「Perconalized M&M’s」というサービスは観光客の方に大人気のサービスです!

誕生日や記念日などのシーン合わせてオリジナルチョコが作れることから世界中の旅行者の人が友達や家族へのお土産としてオリジナルチョコレートを作っています。また「M&M」の店舗はニューヨーク、オーランド、ヘンダーソン、ラスベガス イギリスはロンドンの合計5カ所にしかなく、このニューヨークの「M&M」の店舗はニューヨークらしい派手な店内なのも見どころです。

買い忘れしてない?!人気のニューヨークお土産を在住者が紹介

関連記事を読む

タイムズスクエア付近のニューヨーク観光名所

夜のタイムズスクエアの写真
タイムズスクエアのエリア内や付近には様々なニューヨークの定番観光名所がありますが、その中でも簡単にアクセスが出来る以下5つのニューヨーク観光名所をご紹介します!

  • 1:ブロードウェイミュージカル
  • 2:トップオブザロック展望台
  • 3:トップビュー24時間バス
  • 4:マダムタッソー館
  • 5:信じるか信じないかはあなた次第

それぞれ詳細まで詳しく書いてある記事を添付しますので、気になる記事がありましたら記事を確認ください。

1:ブロードウェイミュージカル

タイムズスクエアにあるブロードウェイミュージカルの電光掲示板の写真
タイムズスクエアにあるブロードウェイミュージカルといえば世界各地から本場のブロードウェイミュージカルを見るためにニューヨーク旅行に行く人もいるくらい有名な観光名所です。

現地旅行会社が選ぶ2018年おすすめブロードウェイ・ミュージカル 15選」の記事でも紹介していますがタイムズスクエアには数多くのミュージカル劇場があり、日本でも有名な「ライオンキング」「アラジン」「オペラ座の怪人」などのミュージカルを見ることができます。

また英語が苦手な方でもミュージカルが楽しめるように「現地旅行会社が選ぶ2018年おすすめブロードウェイ・ミュージカル 15選」の記事では必要英語レベルの表記はもちろん、気になるミュージカルがあればチケットをそのまま購入できるようにもしていますので、是非ミュージカルを見に行こうと思ってる方は参考にしてください。

現地旅行会社が選ぶ2018年おすすめブロードウェイ・ミュージカル 15選

関連記事を読む

2:トップオブザロック展望台

トップオブザロック展望台から見たマンハッタンの景色の写真
ニューヨークには3つの展望台があり、その中でもタイムズスクエアの近くにある「トップ・オブ・ザ・ロック」は夜のタイムズスクエアに行った帰りに是非行って欲しい展望台です。

【2018年版】トップ・オブ・ザ・ロックのおすすめスポットを60秒で紹介」の記事でもトップオブザロックの紹介をしていますが、なぜ夜のトップオブザロックがいいかというと、

トップオブザロック展望台から見たマンハッタンの夜景の写真
夜のトップ・オブ・ザ・ロック展望台から見たマンハッタンは幻想的な光のアートで作られた異世界を見ることができます。

ですが、夜の時間帯は人気で大変混んでおり、日没の時刻を狙ってトップ・オブ・ザ・ロック展望台に登ろうと思っている方は時間に余裕を持って行かれることをオススメします。

【2018年版】トップ・オブ・ザ・ロックのおすすめスポットを60秒で紹介

関連記事を読む

3:トップビュー24時間バス

トップビュー24時間バスから見たマンハッタンの写真
ニューヨークに旅行に来たなら回れるだけニューヨークの観光名所を回りたいと思う人が多いですが、慣れない土地を歩くのは想像以上に疲れます。そんな時は「「どの2階建て観光バスツアーがオススメ?ビッグバス/グレイライン/トップビューを徹底比較」の記事で紹介してるタイムズスクエアから出発する24時間運行してる観光バス「トップビュー」がオススメです。

価格が一番安い2階建てバスとして有名ですが、実は日本語のガイドがないため英語が苦手な人には少しハードルが高いですが、2階建てバスからニューヨークの街並みを見るだけでも良い思い出になること間違いなし!

またトップビューの観光バスが回る観光名所はタイムズスクエア付近だけではなく、マンハッタンのアップタウンやダウンタウンそしてお洒落スポットのブルックリンなども回るので、トップビューの観光バスに乗るだけでニューヨークを満喫することも出来ます。

どの2階建て観光バスツアーがオススメ?ビッグバス/グレイライン/トップビューを徹底比較

関連記事を読む

4:マダムタッソー館

タイムズスクエアにあるマダムタッソー館の内観写真
日本でも有名人の蝋人形(等身大のフィギュア)が見れる施設がありますが、この「マダムタッソー館」はレディーガガなどの世界的に有名な音楽家、スター、スポーツ選手、世界中の偉人からヒーロー(スパイダーマンなど)まで数多くの蝋人形が展示されています。

館内については「ニューヨーク旅行が初めてでもマダムタッソー蝋人形館を楽しむ方法」の記事で詳しく紹介していますが、もしマダムタッソー館に行かれた際は蝋人形を見るのもいいですが実は観光客の方に人気なのは蝋人形ではなく最新4D特殊効果を3D技術で体験することができる体験型のアトラクションと言われています。

まるで映画の世界や有名コンサートの世界にいるかのように錯覚させてくれるマダムタッソー館は子供だけじゃなく、大人も楽しめる観光名所です。

ニューヨーク旅行が初めてでもマダムタッソー蝋人形館を楽しむ方法

関連記事を読む

5:信じるか信じないかはあなた次第

タイムズスクエアにあるRipley's Believe it Or Not!の内観写真
最後に紹介するのが先ほどのマダムタッソー館の横にある、サンフランシスコやハリウッドの他、世界何箇所にもある世界的に有名な体験型アトラクション「Ripley’s Believe it Or Not!」です。

ニューヨークらしい迫力満点のRipley’s Believe it Or Not!(リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノット)」の記事でも紹介していますが、500点を超える科学と自然が生み出した世にも珍しい品々の体験型展示品(世界最大の本物の干し首ギャラリーなど)や普段はあまり目にしない1840 年代の吸血鬼退治キット、双頭の牛、1,450 kg (3,197 ポンド) の隕石など様々な展示品があります。

日本では普段見れないような作品ばかりなので、マダムタッソー館とセットで一緒に行って見ましょう!

ニューヨークらしい迫力満点のRipley’s Believe it Or Not!(リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノット)

関連記事を読む

タイムズスクエアにある弊社オフィスでメトロカードをお得に購入しよう

ニューヨークの地下鉄で使うメトロカードの写真
もし地下鉄を利用してニューヨークの観光名所を巡ろうと考えている方はタイムズスクエアにある弊社オフィスで地下鉄を利用する際に必要な切符「メトロカード」を通常チケット発券機で購入するより1ドル安く店舗でご購入できますので、是非ご利用ください。

英語が苦手な方はどうやってメトロカードを使っていいのかわからなかったり、どうやってメトロカードをチャージしていいかわからないと思いますが、弊社スタッフがオフィスで日本語でご説明しますので英語が苦手な方でもご安心ください。

弊社オフィスの住所等はコチラから確認できます

一番お得なニューヨークの割引パス「ビックアップルパス」


ニューヨークの観光名所の入場料を抑えるなら「ビックアップルパス」が一番お得です!

ニューヨーク旅行者の強い味方として利用されていた「ニューヨークシティパス」は通常で購入する金額と割引後の金額を見るとお得ですが、9箇所の観光名所から必須で3つは初めから選択されている「選択肢の低さ」と利用後は9日以内に利用しないと使えなくなってしまう「自由度の低さ」が問題になっていましたが、「ビックアップルパス」は28ヶ所から自由に選ぶことができるニューヨークの割引パスで、利用後も最大1年間まで有効期限があるお得な割引パスです。

ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」の中でも「ビックアップルパス」についての詳細が書いてありますし、このブログで紹介している観光名所の多くが「ビックアップルパス対応」の観光名所です。

訪れる観光名所数で割引パスを買う

「ビックアップルパス」は先ほども書いた通り、ニューヨークの観光スポット28ヶ所から3,5,7ヶ所の中から選択する個数を割引パスを選べますので詳細は「3,5,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(セット)のアイキャッチ写真

3,5,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)申し込みページ

申し込みページ


また、7箇所以上の割引パスの購入希望の方は単品でも割引パスを販売しております。単品でも定価で現地で購入するよりも3ドルから最大25ドルの割引がされますので、気になる方は「1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(単品)のアイキャッチ写真

1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)申し込みページ

申し込みページ



※この記事は2018/07/23に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

弊社で購入するとお得な特典が貰えます!

オフィスへお越しになった方限定で

無料プレゼント

(アウトレット Centry21のギフトカード)

みんなが利用するビックアップルパスとは?

>> どれくらいお得かチェックする <<

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします!

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします! NEWYORKingはタイムズスクエアにオフィスがあるアメリカの旅行会社「Go Tour America」が運営するウェブサイトです。このメディアではどの観光パスよりもお得な弊社オリジナル観光パス「ビックアップルパス」の紹介並びに、観光スポットの紹介をしています。ビックアップルパスまたは観光スポットに関するお問い合わせ・ご相談は、LINEまたE-mailよりお気軽にご連絡ください。

TOP