ホイットニー美術館とMomaの違い知ってますか?現代アート美術巡り豆知識

更新日:2018/03/02


ニューヨークには有数の現代美術館がありますが、その中でも代表的なのが「1時間で近代美術館(MoMA)を120%楽しむためには5階の常設展に行こう」で紹介したMoMA(近代美術館)と、ホイットニー美術館(アメリカンアート美術館)ですが、

1時間で近代美術館(MoMA)を120%楽しむためには5階の常設展に行こう

関連記事を読む

この記事ではアメリカ国籍またはアメリカの永住権を持っている現在も生存しているアーティストの作品を中心に展示しているホイットニー美術館をご紹介します。

これからニューヨークで美術館巡りを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

展示場全体がアートに見えるホイットニー美術館に行こう



ホイットニー美術館は1931年にホイットニー美術館の創立者である、ヴァンダービルト家のガートルード・ヴァンダービルト・ホイットニーから名前が取られオープンし、前衛的な作品の理解を得るのに苦労していた若いアメリカ人芸術家たちの舞台として使われていました。

そんなホイットニー美術館は、オープン当初の1966年から2014年までは、アッパーイーストサイドのマディソンアベニューにありましたが、2015年半ばに現在のハイラインとハドソンリバーの間の場所に移動し再オープンしました。意外と知られていませんが今までにトータル4度のお引越しをしています。

ホイットニー美術館に展示されている作品の写真
そのような歴史背景があることからホイットニー美術館で展示されている作品は、今でも冒頭に書いたように「アメリカ国籍またはアメリカの永住権を持っている今現在も生存しているアーティスト」を中心に作品が展示されており、ホイットニー美術館で展示されている展示物は絵画、彫刻、スケッチ、版画、映像、写真、インスタレーション、ニューメディアアートなど、その時の旬な作品が展示されています。また、定期的に特別展も開催されていますので、そちらの展示会場もチェックしてみてください。



そして、ホイットニー美術館で最も印象的な展示は、ジェフ・クーンズの作品です。ジェフ・クーンズの作品のいくつかは、ホイットニーの常設展にも入っていますので、この作品だけでもチェックしておきましょう。

また、個人的には4階ギャラリーがオススメです。

この4階ギャラリーは自然光や人工光を使った、柱のない巨大な作品の特性を生かした作品が展示されており、この展示物は他の美術館では見ることのできない独特の体験ができます。

ホイットニー美術館の展示物は、ハイラインからも鑑賞できる

ホイットニー美術館の外観の写真
2015年に再オープンしたホイットニー美術館は、ハイラインとハドソンリバーの間に位置しており、よく見ると実はハイラインからホイットニー美術館で展示されているアート作品を少しだけ見ることが出来ます。

ハイラインは全長2.3kmの「空中散歩ができる公園」として有名なニューヨークにある線形公園で、公園付近には色々な観光スポットやホテルがある為、ホイットニー美術館が探しにくいと思う方もいるかもしれないですが、ホイットニー美術館はダウンタウン方向の先端にあるモダンな雰囲気が漂う建物がホイットニー美術館になります。

実はホイットニー美術館の建築をフランス・パリのポンピドゥー・センターなどで知られる「プリツカー賞」受賞建築家のレンゾ・ピアノ氏が担当し、今までの約2倍の展示スペースと常設展示専用の2フロアを含む9階建ての美術館を設計しました。

また、ホイットニー美術館を鑑賞して疲れたらホイットニー美術館の1階にカフェもありますし、ホイットニー美術館名物の「布でできたソーセージのオブジェ」などが買えるミュージアムショップもあります。また最上階にもカフェがありますので疲れた方はそちらで休むこともできますよ。

最後に豆知識で、ホイットニー美術館は元々はMoMAのようにニューヨークを代表する美術館ではなかったホイットニー美術館ですが、移転後はアメリカンアート専門として高い評価の作品が楽しめるだけではなく、夕方ハドソン川に沈む夕日を眺めたり、賑わいはじめたStandard Hotelのルーフトップパーティを見上げたりと、美術品以外の点でも楽しめる美術館としてニューヨーク旅行者に愛されているニューヨークを代表する美術館として今は有名な美術館です。


ホイットニー美術館の行き方



ニューヨークを初めて旅行する方が、迷わずホイットニー美術館入場に行く一番いい方法は、マンハッタンで一番大きな駅「グランドセントラル」から地下鉄4、5番ラインのダウンタウン行きに乗って「Union Square」で下車後、Lラインに乗り換えて「14 Street / 8 Av」で下車して徒歩で行く方法です。

ホイットニー美術館
99 Gansevoort St, New York, NY 10014
営業時間:日曜日 – 木曜日 10時30分~18時00分
金曜日 – 土曜日 10時30分~22時00分

ホイットニー美術館入場チケットのオンライン申し込みはコチラ

一番お得なニューヨークの割引パス「ビックアップルパス」


ニューヨークの観光名所の入場料を抑えるなら「ビックアップルパス」が一番お得です!

ニューヨーク旅行者の強い味方として利用されていた「ニューヨークシティパス」は通常で購入する金額と割引後の金額を見るとお得ですが、9箇所の観光名所から必須で3つは初めから選択されている「選択肢の低さ」と利用後は9日以内に利用しないと使えなくなってしまう「自由度の低さ」が問題になっていましたが、「ビックアップルパス」は28ヶ所から自由に選ぶことができるニューヨークの割引パスで、利用後も最大1年間まで有効期限があるお得な割引パスです。

ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」の中でも「ビックアップルパス」についての詳細が書いてありますし、このブログで紹介している観光名所の多くが「ビックアップルパス対応」の観光名所です。

訪れる観光名所数で割引パスを買う

「ビックアップルパス」は先ほども書いた通り、ニューヨークの観光スポット28ヶ所から3,5,7ヶ所の中から選択する個数を割引パスを選べますので詳細は「3,5,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(セット)のアイキャッチ写真

3,5,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)申し込みページ

申し込みページ


また、7箇所以上の割引パスの購入希望の方は単品でも割引パスを販売しております。単品でも定価で現地で購入するよりも3ドルから最大25ドルの割引がされますので、気になる方は「1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(単品)のアイキャッチ写真

1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)申し込みページ

申し込みページ



※この記事は2018/03/02に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

弊社で購入するとお得な特典が貰えます!

オフィスへお越しになった方限定で

無料プレゼント

(アウトレット Centry21のギフトカード)

みんなが利用するビックアップルパスとは?

>> どれくらいお得かチェックする <<

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします!

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします! NEWYORKingはタイムズスクエアにオフィスがあるアメリカの旅行会社「Go Tour America」が運営するウェブサイトです。このメディアではどの観光パスよりもお得な弊社オリジナル観光パス「ビックアップルパス」の紹介並びに、観光スポットの紹介をしています。ビックアップルパスまたは観光スポットに関するお問い合わせ・ご相談は、LINEまたE-mailよりお気軽にご連絡ください。

TOP