ホイットニー美術館とMomaの違い知ってますか?現代アート美術巡り豆知識

更新日:2019/03/12


ニューヨークには色々な意味が込められている美術館がありますが、その中でもアメリカ国籍またはアメリカの永住権を持っている且つ、現在も生存している前衛的な作品の理解を得るのに苦労していたアメリカ人芸術家を展示しているホイットニー美術館は現代アート美術ファンの間では大変人気の高い美術館として知られています。

このホイットニー美術館はアッパーイーストサイドのマディソンアベニューに1966年から2014年まで美術館が建てられておりましたが、2015年半ばに様々な賞を受賞した経歴のある建築家「レンゾ・ピアノ氏」によって今までの約2倍の展示スペースと常設展示専用の2フロアを含む9階建ての美術館を設計しました。



この記事ではホイットニー美術館が定期的に開催している特別展の紹介と通常展示のご紹介とホイットニー美術館の付近にある観光名所から楽しむホイットニー美術館についてご紹介します。

ホイットニー美術館入場チケットのオンライン申し込みはコチラ

ホイットニー美術館に展示されている現代アート作品

ホイットニー美術館に展示されている作品の写真
このホイットニー美術館で展示されている作品は「アメリカ国籍またはアメリカの永住権を持っている今現在も生存しているアーティスト」の絵画、彫刻、スケッチ、版画、映像、写真、インスタレーション、ニューメディアアートを中心に展示されており、定期的に特別展も開催されており、展示される作品は普段見れないアーティストの作品が多く毎回この特別展は多くの方で賑わいっています。

「アンディ・ウォーホルの回顧展」の特別展も開催されています



2018年11月12日から2019年3月31日まで開催しているニューヨークを代表する現代アーティスト「アンディ・ウォーホル」の数々の名作を見ることができます。

展示されている作品は広告業界でイラストレーターとして働いていた初期の作品から、ポップ・アートムーブメントの火付け役となった時代のドル紙幣やコカコーラのボトルなどをモチーフにした作品、エルビス・プレスリーやエリザベス・テーラーなど有名人のポートレートなど現代アートファンなら誰もが一度は目にしたい作品がまとめて見ることができる夢のような特別展が開催されました。



特にカラフルでインパクトがある「花」と「牛の壁紙(黄色にピンク)」の部屋は派手な色使いがアンディ・ウォーホルらしい素敵な作品です。

ホイットニー美術館に通常展示されている「常設展」



ホイットニー美術館の4階には通常展示エリアがあり、キッチュなイメージを使った絵画・彫刻作品などで知られる「ジェフ・クーンズ」の作品を始め、自然光や人工光を使った、柱のない巨大な作品の特性を生かした現代アート作品など他の美術館では見ることのできない独特の体験ができます。

ホイットニー美術館の展示物は、ハイラインからも鑑賞できる

ホイットニー美術館の外観の写真
2015年に再オープンした新しいホイットニー美術館ではハイラインとハドソンリバーの間に位置しており、よく見ると実はハイラインからホイットニー美術館で展示されているアート作品を少しだけ見ることが出来ます。

ハイラインは全長2.3kmの「空中散歩ができる公園」として有名なニューヨークにある線形公園で、公園付近には色々な観光スポットやホテルがある為、ホイットニー美術館が探しにくいと思う方もいるかもしれないですが、ホイットニー美術館はダウンタウン方向の先端にあるモダンな雰囲気が漂う建物がホイットニー美術館になります。

また、ホイットニー美術館を鑑賞して疲れたらホイットニー美術館の1階にカフェもありますし、ホイットニー美術館名物の「布でできたソーセージのオブジェ」などが買えるミュージアムショップもあります。また最上階にもカフェがありますので疲れた方はそちらで休むこともできますよ。

最後に豆知識で、ホイットニー美術館は元々はMoMAのようにニューヨークを代表する美術館ではなかったホイットニー美術館ですが、移転後はアメリカンアート専門として高い評価の作品が楽しめるだけではなく、夕方ハドソン川に沈む夕日を眺めたり、賑わいはじめたStandard Hotelのルーフトップパーティを見上げたりと、美術品以外の点でも楽しめる美術館としてニューヨーク旅行者に愛されているニューヨークを代表する美術館として今は有名な美術館です。

ホイットニー美術館の行き方



ニューヨークを初めて旅行する方が、迷わずホイットニー美術館入場に行く一番いい方法は、マンハッタンで一番大きな駅「グランドセントラル」から地下鉄4、5番ラインのダウンタウン行きに乗って「Union Square」で下車後、Lラインに乗り換えて「14 Street / 8 Av」で下車して徒歩で行く方法です。

ホイットニー美術館
99 Gansevoort St, New York, NY 10014
営業時間:日曜日 – 木曜日 10時30分~18時00分
金曜日 – 土曜日 10時30分~22時00分

ホイットニー美術館入場チケットのオンライン申し込みはコチラ

一番お得なニューヨークの割引パス「ビックアップルパス」


ニューヨークの観光名所の入場料を抑えるなら「ビックアップルパス」が一番お得です!

ニューヨーク旅行者の強い味方として利用されていた「ニューヨークシティパス」は通常で購入する金額と割引後の金額を見るとお得ですが、9箇所の観光名所から必須で3つは初めから選択されている「選択肢の低さ」と利用後は9日以内に利用しないと使えなくなってしまう「自由度の低さ」が問題になっていましたが、「ビックアップルパス」は30ヶ所から自由に選ぶことができるニューヨークの割引パスで、利用後も最大1年間まで有効期限があるお得な割引パスです。

ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」の中でも「ビックアップルパス」についての詳細が書いてありますし、このブログで紹介している観光名所の多くが「ビックアップルパス対応」の観光名所です。

訪れる観光名所数で割引パスを買う

「ビックアップルパス」は先ほども書いた通り、ニューヨークの観光スポット30ヶ所から3,5,7ヶ所の中から選択する個数を割引パスを選べますので詳細は「3,5,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(セット)のアイキャッチ写真

3,5,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)申し込みページ

申し込みページ


また、7箇所以上の割引パスの購入希望の方は単品でも割引パスを販売しております。単品でも定価で現地で購入するよりも3ドルから最大25ドルの割引がされますので、気になる方は「1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(単品)のアイキャッチ写真

1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)申し込みページ

申し込みページ



※この記事は2019/03/12に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

弊社で購入するとお得な特典が貰えます!

オフィスへお越しになった方限定で

無料プレゼント

(アウトレット Centry21のギフトカード)

みんなが利用するビックアップルパスとは?

>> どれくらいお得かチェックする <<

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします!

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします! NEWYORKingはタイムズスクエアにオフィスがあるアメリカの旅行会社「Go Tour America」が運営するウェブサイトです。このメディアではどの観光パスよりもお得な弊社オリジナル観光パス「ビックアップルパス」の紹介並びに、観光スポットの紹介をしています。ビックアップルパスまたは観光スポットに関するお問い合わせ・ご相談は、LINEまたE-mailよりお気軽にご連絡ください。

TOP