あのドナルド・トランプが所有するセントラルパーク・ウォールマン・スケートリンク で冬のニューヨークを楽しもう

更新日:2018/07/26


ニューヨークの冬の楽しみの1つといえば「スケートリンク」ですが、数あるスケートリンクの中でも一番のオススメは大都会の真ん中にあるセントラルパーク内の「セントラルパーク・ウォールマン・スケートリンク」です。

セントラルパークは、南北は59丁目から110丁目、距離にして2.5マイル(約4km)、東西はセントラルパークウエスト(8番街)から5番街で距離にして0.5マイル(約800m)と数字だけでも大きく感じますが、東京ドームの大きさでいうと73個分と言われています。

こんな巨大な公園の中には、多くの有名な観光スポットがあり、何度行っても様々なスポットを楽しめるのですが、その中の1つが今日紹介する「セントラルパーク・ウォールマン・スケートリンク」です。

長く愛されている「セントラルパーク・ウォールマン・スケートリンク」



ニューヨークの大都会のオアシスとして1949年から60年以上も続く、地元ニューヨーカーに愛されてる老舗スケート・リンク「セントラルパーク・ウォールマン・スケートリンク」です。

ニューヨークの数あるスケートリンクの中でセントラルパーク・ウォールマン・スケートリンクが人気な理由は、立地的にマンハッタンの高層ビルを背景にスケートを楽しめることができる絶好のロケーションということです。大都会の真ん中で自然と高層ビルに囲まれてスケートを滑るという映画のような体験をしに、毎年世界中の観光客が訪れています。

そして、このセントラルパーク・ウォールマン・スケートリンクは『ある愛の詩』”Love Story”や、『セレンディピティ〜恋人たちのニューヨーク〜』”Serendipity”、『ホームアローン2』”Home Alone 2: Lost in New York”等のロケ地としても有名です。

「セントラルパーク・ウォールマン・スケートリンク」利用料金とアクセス



例年では10月後半から4月前半まで「セントラルパーク・ウォールマン・スケートリンク」でスケートをすることができ、アイススケートリンクは63丁目付近にあり、5番街と59丁目または6番街と59丁目入口を利用するとわかりやすいです。

またホリデーウィークは11月26日から11月30日、12月20日から1月2日になり、この期間は「セントラルパーク・ウォールマン・スケートリンク」はお休みなのでご注意ください。

営業時間は月・火曜日は10:00-14:30、水・木曜日は10:00-22:00、金・土曜日は10:00-23:00、日曜日は10:00-21:00となり、チケットは以下から購入することが可能です。

セントラルパーク・ウォールマン・スケートリンクのチケット申し込みはコチラ

トランプ大統領が支援して出来たスケートリンク


今では大人気のセントラルパーク・ウォールマン・スケートリンクですが、このスケートリンクが建設され始めた当初は、寄付によるファンドでお金を回していたのですが、工期が長引き、完成が大幅に遅れていたために現大統領のドナルド・トランプ氏が、市に多額の資金援助を行い、完成させました。

現在はThe Trump Organization(トランプオーガニゼーション)により運営されているため、スケートリンクにも”TRUMP”の文字が書かれています。

セントラルパーク・ウォールマン・スケートリンクの営業期間と営業時間


このセントラルパーク・ウォールマン・スケートリンクがあるスポットで、スケートリンクが稼働しているのは10月下旬から4月初旬頃の冬季限定で、それ以外の期間は遊園地としてなります。今季は、2017年は10月23日から2018年2月28日までがスケートリンク稼働期間と発表されています。

またスケートリンク稼働期間中の営業時間は朝10時オープン、曜日によって閉園時間は変わりますが、金・土曜日だと夜11時まで営業しています。

グランドセントラルからセントラルパーク・ウォールマン・スケートリンクまでの行き方



ニューヨークを初めて旅行する方が、迷わずセントラルパーク・ウォールマン・スケートリンクに行く一番いい方法は、マンハッタンで一番大きな駅「グランドセントラル」から地下鉄4番アップタウンに乗って59 St-Lexington Av Station駅で下車し、セントラルパーク側に10分ほど徒歩で行く方法です。

セントラルパーク・ウォールマン・スケートリンクのチケット申し込みはコチラ

一番お得なニューヨークの割引パス「ビックアップルパス」


ニューヨークの観光名所の入場料を抑えるなら「ビックアップルパス」が一番お得です!

ニューヨーク旅行者の強い味方として利用されていた「ニューヨークシティパス」は通常で購入する金額と割引後の金額を見るとお得ですが、9箇所の観光名所から必須で3つは初めから選択されている「選択肢の低さ」と利用後は9日以内に利用しないと使えなくなってしまう「自由度の低さ」が問題になっていましたが、「ビックアップルパス」は30ヶ所から自由に選ぶことができるニューヨークの割引パスで、利用後も最大1年間まで有効期限があるお得な割引パスです。

ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」の中でも「ビックアップルパス」についての詳細が書いてありますし、このブログで紹介している観光名所の多くが「ビックアップルパス対応」の観光名所です。

訪れる観光名所数で割引パスを買う

「ビックアップルパス」は先ほども書いた通り、ニューヨークの観光スポット30ヶ所から3,5,7ヶ所の中から選択する個数を割引パスを選べますので詳細は「3,5,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(セット)のアイキャッチ写真

3,5,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)申し込みページ

申し込みページ


また、7箇所以上の割引パスの購入希望の方は単品でも割引パスを販売しております。単品でも定価で現地で購入するよりも3ドルから最大25ドルの割引がされますので、気になる方は「1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(単品)のアイキャッチ写真

1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)申し込みページ

申し込みページ



※この記事は2018/07/26に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

弊社で購入するとお得な特典が貰えます!

オフィスへお越しになった方限定で

無料プレゼント

(アウトレット Centry21のギフトカード)

みんなが利用するビックアップルパスとは?

>> どれくらいお得かチェックする <<

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします!

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします! NEWYORKingはタイムズスクエアにオフィスがあるアメリカの旅行会社「Go Tour America」が運営するウェブサイトです。このメディアではどの観光パスよりもお得な弊社オリジナル観光パス「ビックアップルパス」の紹介並びに、観光スポットの紹介をしています。ビックアップルパスまたは観光スポットに関するお問い合わせ・ご相談は、LINEまたE-mailよりお気軽にご連絡ください。

TOP