英語不要!初めて行かれる方にオススメしたいチェルシーマーケットの3つの楽しみ方

更新日:2018/05/18


ニューヨーク旅行者に人気の観光名所がいくつもありますが、今日は元々工場だった跡地から作られた「地元ニューヨーカーの食の市場」とも言われている「チェルシーマーケット」を紹介します。

「チェルシーマーケット」は1997年4月に元々はナビスコのオレオクッキー工場だった建物をリノベートして作られた巨大マーケットで、出店してる店舗はニューヨークで話題のベーカリーからワインショップ、スーパーマーケット、本屋さんなどニューヨークで話題の様々なジャンルのお店が入っており、2階には一般人は入室できませんが、ニューヨークのローカルテレビ局やケーブルテレビのFood Network、Youtubeスタジオなども入っています。

今日は毎年600万人の人が訪れてる大人気観光名所「チェルシーマーケット」を短時間で楽しむために抑えておきたい基本情報を3つまとめましたので、紹介します!

  • 1:ニューヨークで話題のブラウニーなどのスイーツショップ
  • 2:ロブスターなどの新鮮シーフードをその場で食べれる
  • 3:チェルシーマーケットの中で購入できるエコバッグ

この3つのポイントを押さえておけば「チェルシーマーケット」に初めて行く人でも必ず楽しむことが出来ますので、参考にしてみてください!

1:チェルシーマーケットの中にあるブラウニーなどのスイーツ


チェルシーマーケットの中には色々なスイーツがありますが、その中でもブラウニー専門店「Fat witch bakery」は特にオススメのスイーツショップ!

この「Fat witch bakery」のブラウニーはウォールストリートの金融街で働いていたパトリシア・ヘルディングさんが忙しい毎日の中、職場の従業員たちの息抜きのために作っていたブラウニーがきっかけで生まれたニューヨーク発のブラウニー専門店です。


しっとりした舌触りと濃いめチョコレート風味が特徴の「Fat witch bakery」のブラウニーは小さく切ったブラウニーを1つずつ包装しており、好きな味を箱詰めしてもらうことも出来るのでお土産にも最適です。スタッフの方によると「Fat witch bakery」のブラウニーは賞味期限は室温で約3日、冷凍すれば3か月持つそうです。


日本の観光客たちにも人気があるため、2016年、日本に「Fat Witch Bakery Japan 京都受け取り処」をオープンするほど交流があり、チェルシーマーケットの「Fat witch bakery」の店内にもどのようにオーダーをすればいいのか日本語で紹介されています。


また「Fat witch bakery」の店内にはイベントごとに合わせたブラウニーの販売や「Fat witch bakery」のブラウニーを作る方法が乗っているレシピ本の販売、


ホットケーキ・ケーキミックスを作るときに使える「ブラウニーミックス」も販売しているなど、様々な魅力が沢山あります。レシピ本を購入して、ご自身で「Fat witch bakery」のブラウニーを自宅で作って見るのもありですね!

2:チェルシーマーケットの中で食べることができるロブスターなどの新鮮シーフード


次にチェルシーマーケット内でオススメのポイントといえば新鮮なロブスターやオイスター(牡蠣)などがその場で食べることが出来る「Lobster Place」です。


「Lobster Place」の店内ではロブスターロールや茹でロブスター、オマール海老のスープ、寿司、オイスターなど様々な新鮮シーフードを食べることもできます。

  • ロブスターロール:18ドル〜
  • 茹でロブスター:35ドル〜
  • 寿司のセット:15ドル〜

茹でロブスターに関しては既に4~5種類の重さ別に金額が別れているので英語が苦手な方でも簡単に注文できます。


「Lobster Place」は40年以上に渡りブロンクスで魚介類の卸売業を営む老舗で、チェルシーマーケットには開業時から参加してる大人気の新鮮シーフードマーケットです!食べて後悔をするようなことは100%ないので是非茹でロブスターを食べてみてください!

また、「Lobster Place」内のカウンター席が利用できる「Cull & Pistol Oyster」では平日夕方4-6時の時間限定で1個1ドルの「オイスターハッピアワー」を開催していますので是非こちらも行ってみてください!

3:チェルシーマーケットの中で購入できるエコバッグ


チェルシーマーケットの中にはニューヨークのアーティストたちによる手作りのポーチや石鹸、アクセサリー、オリジナルアートなどの商品が販売している「Artists and fleas」というフリーマーケットスペースがあります。長い廊下部分に屋台販売でチェルシーマーケット限定のグッズを販売していますが、個人的にオススメなのが上の画像の「チェルシーマーケット限定エコバック」です。


他にもチェルシーマーケット内の料理器具専門店で販売している様々なフードのデザインがされているエコバックや、


「チェルシーマーケット」のロゴが入ったチェルシーマーケット限定グッズも販売していますので、是非お土産に検討してみてください!

グランドセントラル駅からチェルシーマーケットに行く方法



ニューヨークで一番大きな駅「グランドセントラル駅」から「チェルシーマーケット」に行くには緑の4,5,6のダウンタウン行きに乗り、「Union square」で下車し、Lに乗り換えてブルックリン方向とは逆のホームに乗って「14 Street/8 Av」で下車し、5分ほど歩くと「チェルシーマーケット」に到着します。



また「チェルシーマーケット」の9ave側の入り口向かいにはGoogleのニューヨーク本社があり、10ave側はハイラインが通っています。

ハイラインとは全長2.3kmのニューヨーク市内にある線形公園で34stから南部のミートパッキングまでを繋ぐ巨大空中庭園です。このハイラインは廃止されたウエストサイド線と呼ばれるニューヨーク・セントラル鉄道の支線の高架部分に建設されており、当時使われていた線路が公園内に残っていたりと歴史を感じることが出来る公園でもあります。

ハイラインは朝7時から夜7時までの間しか解放されていませんので、夜に行こうと思っている方は注意ください。

またチェルシーマーケットはハイラインの最南端付近から簡単にアクセスできるのでチェルシーマーケットとハイラインはセットで行くことをオススメします!



チェルシーマーケット
営業時間:7時00分~2時00分



一番お得なニューヨークの割引パス「ビックアップルパス」


ニューヨークの観光名所の入場料を抑えるなら「ビックアップルパス」が一番お得です!

ニューヨーク旅行者の強い味方として利用されていた「ニューヨークシティパス」は通常で購入する金額と割引後の金額を見るとお得ですが、9箇所の観光名所から必須で3つは初めから選択されている「選択肢の低さ」と利用後は9日以内に利用しないと使えなくなってしまう「自由度の低さ」が問題になっていましたが、「ビックアップルパス」は28ヶ所から自由に選ぶことができるニューヨークの割引パスで、利用後も最大1年間まで有効期限があるお得な割引パスです。

ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」の中でも「ビックアップルパス」についての詳細が書いてありますし、このブログで紹介している観光名所の多くが「ビックアップルパス対応」の観光名所です。

訪れる観光名所数で割引パスを買う

「ビックアップルパス」は先ほども書いた通り、ニューヨークの観光スポット28ヶ所から3,5,7ヶ所の中から選択する個数を割引パスを選べますので詳細は「3,5,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(セット)のアイキャッチ写真

3,5,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)申し込みページ

申し込みページ


また、7箇所以上の割引パスの購入希望の方は単品でも割引パスを販売しております。単品でも定価で現地で購入するよりも3ドルから最大25ドルの割引がされますので、気になる方は「1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(単品)のアイキャッチ写真

1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)申し込みページ

申し込みページ



※この記事は2018/05/18に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

弊社で購入するとお得な特典が貰えます!

オフィスへお越しになった方限定で

無料プレゼント

(アウトレット Centry21のギフトカード)

みんなが利用するビックアップルパスとは?

>> どれくらいお得かチェックする <<

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします!

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします! NEWYORKingはタイムズスクエアにオフィスがあるアメリカの旅行会社「Go Tour America」が運営するウェブサイトです。このメディアではどの観光パスよりもお得な弊社オリジナル観光パス「ビックアップルパス」の紹介並びに、観光スポットの紹介をしています。ビックアップルパスまたは観光スポットに関するお問い合わせ・ご相談は、LINEまたE-mailよりお気軽にご連絡ください。

TOP