マンハッタンの夜景が作り出すアートを見下ろしにエンパイアステートビルディングに行こう

更新日:2017/10/06


ニューヨークをテーマにした映画を見たことがある人は一度は下記の動画の展望台を見たことがあるのではないでしょうか?



これがニューヨークが誇る展望台、エンパイアステートビルディングです!

エンパイアステートビルディングはニューヨークが誇る展望台として有名で、夜のエンパイアステートビルディングの展望台から見たマンハッタンの光が作り出すアートは死ぬまでに一度は見ていただきたいくらい綺麗です。

今日はこれからニューヨークに行かれる方々がエンパイアステートビルディングに行った際に楽しめるよう、豆知識と今までの経験談を紹介します。

エンパイアステートビルディングは必ず登ろう



エンパイアステートビルディングはニューヨーク市内でしたらどこのエリアからでも見えるくらい大きな建物なのですが、その巨大な建物を下から見ただけで満足してしまい、展望台まで登らない人もいますが、エンパイアステートビルディングには必ず登りましょう!



エンパイアステートビルディングの歴史


1931年にエンパイアステートビルディングが完成したのですが、当時はクライスラービルなどと世界一高いビルの建設する争いをしていました。そして、1929年から建設を始めてたった3年でエンパイアステートビルディングを完成させ、世界一高いビルの座を奪いました。そして、その記録は1971年に作られたワールドトレードセンターができるまで世界一高い展望台として多くの観光客を楽しませました。

エンパイアステートビルディングの最上階にも行ける




エンパイアステートビルディングのメイン展望台は86階なのですが、86階から102階へエレベータを使うことで最上階に行くことができます。

エンパイアステートビルディングの86階と102階から見た景色の違いは別物です!

最上階の102階はガラス張りの窓なので86階から見るよりも遠くまで見えるので、夜にエンパイアステートビルディングに行き、マンハッタンが作り出す光のアートを102回の展望台てっぺんから360度見下ろして見てください。これほど思い出に残る観光スポットはないかもしれません。



上の動画ではエンパイアステートビルディングの展望内の説明や展望台から見た景色など紹介されています。英語ですが、わかりやすい映像と数字で紹介されてるのであまり英語に自信のない方でも理解しやすいかと思います。

もし102階に行くか悩んでいる人は102階のフロアは若干狭くガラス張りになっているので、天候や気温など、その日の状況を見て決めてもいいかと思います。

エンパイアステートビルディングのライトアップ


エンパイアステートビルディングを連日連夜見るとライトアップの色が日によって違うことに気付きます。このライトアップの色はイベント行事(クリスマスや祝日など)によって変わります。



数種類あるライトアップの中でも記憶に残るのが絶滅危惧種の動物保護を訴えるために作られた動画です。普段のエンパイアステートビルディングのライトアップは単色のライトしか使われてないのですが、動画を使うことで多くの人の目に止まり、動物との関係性を考えさせられたライトアップでした。



その他にも、ニューヨークを感じることができる独立記念日のライトアップも好きです。ニューヨーク・ニューヨークの音楽とライトアップがいい感じです。

エンパイアステートビルディングなら東西南北、どの方向を見ても楽しめる




エンパイアステートビルディングはマンハッタンの中心街にあるので、360度どこを見ても話題のエリアを上から見下ろすことができます。エリアによってはビルが密集していたり、有名な別の展望台が見えたり、ブルックリンブリッジも見ることもできます。

ですが、北側にあるセントラルパークはライトアップされてないため真っ暗です。なので、エンパイアステートビルディングからセントラルパークが見たい方はお昼に行きましょう。

どの時間がエンパイアステートビルディングは混むの?


今までの経験上、エンパイアステートビルディングが一番混むのは夕方から夜にかけての暗くなる時間。この時間は観光客が一番綺麗な景色を見ようと押し寄せる結果、入場するのに1時間以上待つこともよくあります。

エンパイアステートビルディングのチケットには時間指定がないので、待つのが問題ないという方には関係ありませんが、少しでも待ち時間を短縮したい!という方はエクスプレスチケットを購入する方法をおすすめします。

エンパイアステートビルディングの行き方



ニューヨークに初めて旅行に行く人でも迷わずにエンパイアステートビルディングに行く一番いい方法はマンハッタンで一番大きな駅「グランドセントラル」から歩いて行くことです。

営業時間:8時00分~2時00分

エンパイアステートビルディング展望台チケットのお得な購入はこちら!


一番お得なニューヨークの割引パス「ビックアップルパス」


ニューヨークの観光名所の入場料を抑えるなら「ビックアップルパス」が一番お得です!

ニューヨーク旅行者の強い味方として利用されていた「ニューヨークシティパス」は通常で購入する金額と割引後の金額を見るとお得ですが、9箇所の観光名所から必須で3つは初めから選択されている「選択肢の低さ」と利用後は9日以内に利用しないと使えなくなってしまう「自由度の低さ」が問題になっていましたが、「ビックアップルパス」は28ヶ所から自由に選ぶことができるニューヨークの割引パスで、利用後も最大1年間まで有効期限があるお得な割引パスです。

ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」の中でも「ビックアップルパス」についての詳細が書いてありますし、このブログで紹介している観光名所の多くが「ビックアップルパス対応」の観光名所です。

訪れる観光名所数で割引パスを買う

「ビックアップルパス」は先ほども書いた通り、ニューヨークの観光スポット28ヶ所から3,5,7ヶ所の中から選択する個数を割引パスを選べますので詳細は「3,5,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(セット)のアイキャッチ写真

3,5,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)申し込みページ

申し込みページ


また、7箇所以上の割引パスの購入希望の方は単品でも割引パスを販売しております。単品でも定価で現地で購入するよりも3ドルから最大25ドルの割引がされますので、気になる方は「1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(単品)のアイキャッチ写真

1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)申し込みページ

申し込みページ



※この記事は2017/10/06に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

弊社で購入するとお得な特典が貰えます!

オフィスへお越しになった方限定で

無料プレゼント

(アウトレット Centry21のギフトカード)

みんなが利用するビックアップルパスとは?

>> どれくらいお得かチェックする <<

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします!

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします! NEWYORKingはタイムズスクエアにオフィスがあるアメリカの旅行会社「Go Tour America」が運営するウェブサイトです。このメディアではどの観光パスよりもお得な弊社オリジナル観光パス「ビックアップルパス」の紹介並びに、観光スポットの紹介をしています。ビックアップルパスまたは観光スポットに関するお問い合わせ・ご相談は、LINEまたE-mailよりお気軽にご連絡ください。

TOP