ニューヨーク観光客に古くから愛される割引パス「ニューヨークシティパス」がお得か見極める方法

更新日:2018/05/09


ニューヨークに旅行に来る旅行者の方が観光名所入場料を節約をするために使う割引パスといえば「一番お得なニューヨークの人気観光スポットが回れる割引パスを比較」で紹介したビックアップルパスや今から紹介する、ニューヨーク観光で人気の6箇所のチケットがまとまったブックレット「ニューヨークシティーパス」を利用される旅行者の方が昔から多いですが、、、

一番お得なニューヨークの人気観光スポットが回れる割引パスを比較

関連記事を読む

そもそもこれらの観光名所割引パスを購入することはお得なのでしょうか?

この記事ではニューヨークを代表する割引パス「ニューヨークシティパス」の紹介と実際に使ってニューヨークの観光名所を回った場合の割引率と「ニューヨークシティパス」を購入することで受け取ることができる特典について紹介します。

  • 1:ニューヨークシティパスがお得か見極める方法
  • 2:「ニューヨークシティパス」を使って観光名所を回るために必要な日数
  • 3:ニューヨークシティパスで回れる観光名所の紹介
  • 4:ニューヨークシティパス購入者限定特典

1:ニューヨークシティパスがお得か見極める方法


このニューヨークシティパスはニューヨークのおすすめ観光スポット(計6カ所)の入場料が割引されるお得な割引クーポンがセットになった割引パスブックです。

ニューヨークシティパスの割引対象になっているおすすめ観光スポット6カ所は以下になります。

  • 1:エンパイアステートビル展望台
  • 2:アメリカ自然史博物館
  • 3:メトロポリタン美術館
  • 4:グッゲンハイム美術館 or トップオブザロック
  • 5:自由の女神&エリス島 or サークルライン観光クルーズ
  • 6:9/11メモリアル or イントレピッド

これらのニューヨークの観光名所がニューヨークシティパスを使うとどれだけ割引して入ることができるか紹介する前に、ニューヨークシティパスが本当にお得かニューヨークシティパスを使って以下のニューヨークの観光名所6カ所に行った場合、

メトロポリタン美術館:25ドル
アメリカ自然史博物館:27ドル
サークルライン観光クルーズ:37ドル
エンパイアステートビル展望台:34ドル
トップオブザロック:34ドル
9/11メモリアル:26ドル


一般入場で上の観光名所に行くと合計183ドルになりますが、122ドルで「ニューヨークシティパス」を購入して利用することで61ドル(約40%)もお得に入場できます。


さらにエンパイアステートビル展望台は1枚の「ニューヨークシティパス」の割引チケットで同日に限り、昼と夜の2回入場することが出来ます!なので、2回エンパイアステートビル展望台に登った場合はさらに34ドル分節約したことになります!

ニューヨークシティーパスがお得な理由

「ニューヨークシティパス」の購入を検討されている方の多くがGoogleやYahoo!知恵袋などで「ニューヨークシティパス」について調べていると思いますが、リアルな「ニューヨークシティパス」についてのレビューが知りたいならtwitterで検索するの参考になるツイートが出てきます。



ニューヨークに初めて旅行に来る方は「ニューヨークシティパス」のような割引クーポンセットが利用することで先ほど紹介した通り最大61ドル(約40%)の節約ができます!

先ほどもニューヨークの観光名所に入場する入場料についてチラッと書きましたが、この記事の「ニューヨークシティパスで回ることができる観光名所一覧」部分で観光名所に入場する際の入場料について紹介していますので、参考にしてください。

お子様づれの方に「ニューヨークシティパス」はおすすめな理由

「ニューヨークシティパス」をご購入お客様で5歳以下のお子様と一緒に行動される場合、1枚の「ニューヨークシティパス」で何箇所か無料で入場できます!

ですが、「ニューヨークシティパス」が対応してる6カ所全てが無料になるわけではないので注意です。

  • ・エンパイア・ステート・ビルディング / 5歳以下:無料
  • ・アメリカ自然史博物館 / 2〜5歳:$16、1歳以下:無料
  • ・メトロポリタン美術館 / 5歳以下:無料
  • ・トップ・オブ・ザ・ロック / 5歳以下:無料
  • ・グッゲンハイム美術館 / 5歳以下:無料
  • ・自由の女神&エリス島 / 4~5歳:$9、3歳以下:無料
  • ・サークルライン観光クルーズ / 3~5歳:$25、2歳以下:無料
  • ・911メモリアルミュージアム / 5歳以下:無料
  • ・イントレピッド海上航空宇宙博物館 / 3~5歳:$17、2歳以下:無料

ほとんどのニューヨークの観光名所が子供料金を提示していますが、「ニューヨークシティパス」を利用して入場する場合は無料で入場できることも多いので、ニューヨークの観光名所を親子で回るときは「ニューヨークシティパス」がオススメです。

ニューヨークシティーパスを使うとスムーズに入場できる


「ニューヨークシティパス」を利用して入場する場合は通常のチケットを購入する方場合は列に並ぶ必要がありますが、「ニューヨークシティパス」を利用する場合は列に並ぶ必要はないです。

ニューヨークシティーパスを使う場合は観光スポットによってはニューヨークパス専用の列があるので、そちらから入場します。チケット売り場に並ばなくていいのでスムーズに入場できます。

「ニューヨークシティパス」には有効期限があるので注意!


「ニューヨークシティパス」は最長9日間も使える割引観光パスで、最低4-5日あれば「ニューヨークシティパス」で回れるニューヨークの観光地を巡ることができます。

初めてニューヨークに行く方のはニューヨークの観光名所の混み具合などを理解してないので短期集中で3日ほどで指定された6箇所のニューヨークの観光名所を全て回ろうとするのは無謀です。1つ1つの観光名所は1,2時間で回れない場所ばかりなので、1日1~2つ観光スポットを回るイメージでニューヨークの旅行プランを作るとイメージ通りのニューヨーク旅行が楽しめます。

なので、「ニューヨークシティパス」を購入された方は「ニューヨークシティパス」を使った日から最長9日間の間しか利用できないことを忘れないでください。

「ニューヨークシティパス」の受け取り方法


「ニューヨークシティパス」の受け取り方法は2通りあり、

  • 1:モバイルチケットでの受け取り(Eメール)
  • 2:「ニューヨークシティパス」の割引クーポンブックを郵送または現地で受け取る

2016年前までは「ニューヨークシティパス」の割引クーポンブックを郵送または現地で受け取るのが普通でしたが、2016年に「ニューヨークシティパス」でもモバイルチケットの受け取りができるようになってからモバイルチケットを利用する人が多いです。

「ニューヨークシティパス」のモバイルチケットの利用の仕方も簡単で、支払い後に届くEメールの中に添付されているモバイルチケットを受け取って、「ニューヨークシティパス」が対応してる6箇所の観光名所に行く際にモバイルチケットを見せるだけで入場することができます。

ニューヨークシティーパスで行ける6箇所の観光名所の詳細


具体的に「ニューヨークシティパス」を使って割引が適応される先ほど紹介した以下6箇所のニューヨークの観光スポットを紹介します。

  • 1:エンパイアステートビルディング展望台
  • 2:アメリカ自然史博物館
  • 3:メトロポリタン美術館
  • 4:グッゲンハイム美術館 or トップオブザロック
  • 5:自由の女神&エリス島 or サークルライン観光クルーズ
  • 6:9/11メモリアル or イントレピッド

また観光名所の紹介と一緒に通常の入場料も記載します。ですが、「ニューヨークシティパス」を利用した場合の入場料については「ニューヨークシティパス」自体が複数の観光スポットがセットになった割引価格になるので1つ1つの入場料の比較ができないため「ニューヨークシティパス」利用時の入場料の記述していないです。

エンパイアステートビルディング展望台


通常金額:大人49ドル / 子供49ドル(昼と夜一日2回入場できます)
(1回だけ入場の場合の通常料金は$34です)

マンハッタンの夜景が作り出すアートを見下ろしにエンパイアステートビルディングに行こう」でも紹介したニューヨークが誇る展望台の1つ「エンパイアステートビルディング展望台」へも「ニューヨークシティパス」で入場できますが、通常入場料は以上の金額になります。

マンハッタンの夜景が作り出すアートを見下ろしにエンパイアステートビルディングに行こう

関連記事を読む

エンパイアステートビルディング展望台はニューヨークが舞台の映画でもよく使われるロケ地でもあり、映画や旅行雑誌などでも何度も目にした人も多いのではないでしょうか?このエンパイアステートビルディング展望台にも「ニューヨークシティパス」を使えば86階まで入場することができます。
(最上階のフロアーには別途チケットが必要)

実はあまり知られてないですが「ニューヨークシティパス」を利用してエンパイアステートビルディング展望台を登る場合、同日の場合に限りますが昼と夜の2回同じチケットで展望台への入場ができます。

なので、昼だけ!夜だけ!という見方もありますが、同日なら昼と夜の両方登ることができるので、是非時間のある方は昼も夜もエンパイアステートビルディング展望台に行ってそれぞれの景色を写真に収めてください。ちなみにエンパイアステートビルディング展望台の夜の入場は時期によって異なります。夜の入場は5月〜8月はPM10〜、9月〜4月 PM8~)となっていますのでご注意ください。

詳しいエンパイアステートビルディング展望台についての詳細は「マンハッタンの夜景が作り出すアートを見下ろしにエンパイアステートビルディングに行こう」の記事をご確認ください。

アメリカ自然史博物館


通常金額:大人 27ドル / 子供 22ドル
(ミュージアム&ローズセンターへの入場&スペースショーまたは3Dフィルム別チケットも含む)

自然史博物館のオススメ展示スペース3つを現地在住者が紹介」でも紹介した2006年に「ナイトミュージアム」の映画をきっかけで世界的に話題になった博物館「アメリカ自然史博物館」へも「ニューヨークシティパス」で入場できますが、通常入場料は以上の金額になります。

自然史博物館のオススメ展示スペース3つを現地在住者が紹介

関連記事を読む

「アメリカ自然史博物館」の入り口には先ほども紹介した映画「ナイトミュージアム」で馬に乗ったセオドア・ルーズベルト大統領の像が実際に動き出したしたシーンで使われた像があり、入り口を抜けると様々な巨大恐竜の化石が出迎えてくれます。

この「アメリカ自然史博物館」はそれぞれのテーマごとに分かれた展示会場があり、メトロポリタン美術館同様に館内は大きいので1日で全部回ることはできないので時間がない人は「自然史博物館のオススメ展示スペース3つを現地在住者が紹介」でも紹介した「恐竜展示会場」にある「ティラノサウルスの全身骨格」にだけでも見に行ってください。

実はあまり知られていませんが博物館でティラノサウルスの全身骨格が見られる珍しいです。

また「恐竜展示会場」にもリアルなアフリカ動物の正体が見られる「アフリカ展示会場」や巨大なシロナガスクジラが天井から吊るされている「海洋生物展示会場」にも時間がある方は足を運んでください。

詳しいアメリカ自然史博物館についての詳細は「自然史博物館のオススメ展示スペース3つを現地在住者が紹介」の記事をご確認ください。

メトロポリタン美術館


通常金額:大人 25ドル / 子供 12ドル
(メトロポリタン美術館への入場&特別展なども含む)

メトロポリタン美術館は英語や芸術知識が0でも楽しむことが出来る美術館と言われる理由

関連記事を読む

メトロポリタン美術館は英語や芸術知識が0でも楽しむことが出来る美術館と言われる理由」でも紹介した世界3大美術館の1つである「メトロポリタン美術館」へも「ニューヨークシティパス」で入場できますが、通常入場料は以上の金額になります。

メトロポリタン美術館はロンドンの大英博物館、パリのルーヴル美術館と並び、世界三大美術館のひとつとして有名な美術館として有名で、メトロポリタン美術館には300万点以上のコレクションが保有されております。

またインフォメーションでもらえる日本語のガイドマップには、館長が選んだ人気の作品が日本語で紹介されていたり、曜日によっては日本語ガイドによるガイドをしてもらえることもあります。またメトロポリタン美術館のコレクションは非常に広範囲にわたり、古代エジプト、中世ヨーロッパの甲冑、ファッション、写真、現代美術まで幅広く揃えているので新しい発見が見つかるかもしれません。

最後にメトロポリタン美術館に加えて、クロイスターズ美術館と、新館 メットブロイヤー (The Met Breuer) へも、同日でしたら利用した同じ「ニューヨークシティパス」の割引チケットで入場することができます。

詳しいメトロポリタン美術館についての詳細は「メトロポリタン美術館は英語や芸術知識が0でも楽しむことが出来る美術館と言われる理由」の記事をご確認ください。

グッゲンハイム美術館orトップオブザロック展望台(どちらか1箇所)


グッゲンハイム美術館:通常金額:大人 25ドル / 子供 18ドル 
トップオブザロック展望台:通常金額:大人 34ドル / 子供 34ドル

ここからは2箇所のニューヨーク観光スポットからどちらか1箇所選ぶ形になります。紹介する観光名所の詳細も一緒に紹介しますので、「ニューヨークシティパス」の購入を検討されている方は参考にしてください。

グッゲンハイム美術館


あの外観だけ知ってる!グッゲンハイム美術館に関する知識がゼロでも楽しめる方法」でも紹介したグッゲンハイム美術館では現代の私たちが見ても当時どのような考え方でこのデザインが生まれたのかわからないほど、アイディアと才能が詰まった近代的な美術館です。

通常のニューヨークの有名美術館の場合は、下から上に作品を閲覧しますが、グッゲンハイム美術館は入場後に一度最上階の6階まで登り、出口に向かって下に降りていくことをお勧めします。ですが、螺旋階段状になっているということは絶えず斜めな状態でアート作品を閲覧していることになるので、気持ち悪くなったり、体調不良を訴える人もいる、という話をたまに耳にします。

この建物はユニークなデザインの建物をデザインすることで有名な建築家フランク・ロイド・ライトがデザインされた美術館で、金色のトイレなど思わず写真が撮りたくなるようなアート作品がたくさんあります。

あの外観だけ知ってる!グッゲンハイム美術館に関する知識がゼロでも楽しめる方法

関連記事を読む

トップオブザロック展望台


トップ・オブ・ザ・ロックのおすすめスポットを60秒で紹介」でも紹介したトップ・オブ・ザ・ロックは世界各国の国旗がずらりと建ち並ぶスケートリンク場にあるニューヨーク三大展望台の1つの展望台です。

エンパイアステートビルディング展望台と同じくらい有名な展望台の1つのトップオブザロック展望台ですが、エンパイアステートビルディング展望台とトップオブザロック展望台の一番の違いはセントラルパークビューの近さです。

セントラルパークが一望できる展望台はニューヨークではトップ・オブ・ザ・ロック展望台だけになります。

また夜のトップ・オブ・ザ・ロックの夜景はニューヨークの車の光などが作る「光のアート」がは本当に綺麗です。このトップ・オブ・ザ・ロックから見る眠らない街、ニューヨークの夜景はいい思い出になると思います。

トップ・オブ・ザ・ロックのおすすめスポットを60秒で紹介

関連記事を読む

自由の女神&エリス島orサークルライン観光クルーズ


自由の女神&エリス島:通常金額:大人 18.50ドル / 子供18.50ドル 
サークルライン観光クルーズ:通常金額:大人 37ドル / 子供37ドル 

こちらも2箇所のニューヨーク観光スポットからどちらか1箇所選ぶ形になります。紹介する観光名所の詳細も一緒に紹介しますので、「ニューヨークシティパス」の購入を検討されている方は参考にしてください。

自由の女神&エリス島


自由の女神があるリバティ島へはフェリーを使ってマンハッタンから移動します。フェリーに乗る前に空港並みのセキュリティーチェックがあり、その影響でフェリーへすぐ入場で来ないので毎回30-45分の待ち時間が発生します。

また上陸後は日本語の音声ガイドが無料でレンタルできますので、英語が苦手な方は是非音声ガイドを借りて自由の女神のことを知ってください。

またリバティ島からマンハッタンまでの間の経由でエリス島に立ち寄ることもできます。

サークルライン観光クルーズ


サークルライン観光クルーズとはクルーズに乗って、自由の女神を始めとするニューヨークの綺麗な景色がクルーズから楽しめるツアーです。しかも、選べるクルーズツアーも3種類(Landmark Cruise, Harbor Lights Cruise, or Liberty Cruise) あり、その中から好きなものを1つ選べます。

またプラスで5ドル支払いをするとマンハッタンをぐるっと1周するBest of NYC Cruiseのツアーに変更することが出来ます。

9/11メモリアルミュージアムorイントレピッド海上航空宇宙博物館


9/11メモリアルミュージアム:通常金額:大人 $26 / 子供 $17
(4月〜9月の期間だけニューヨークシティパス利用者は、PM2以降の入場となります)

イントレピッド海上航空宇宙博物館:通常金額:大人 33ドル / 子供 33ドル

こちらも2箇所のニューヨーク観光スポットからどちらか1箇所選ぶ形になります。紹介する観光名所の詳細も一緒に紹介しますので、「ニューヨークシティパス」の購入を検討されている方は参考にしてください。

9/11メモリアルミュージアム


2001年9月11日に起こった悲劇を多くの人に忘れないで欲しいということで作られた9/11メモリアルミュージアム。ここでも自由の女神同様のセキュリティーチェックがあります。なので、指定した時間の30〜45分前には入場準備したほうがいいです。

ミュージアムの中では当時起こった悲劇がリアルに再現されており、一部の階段などはそのままの形で残っています。当時自分がそこにいたような気分になるミュージアムです。

イントレピッド海上航空宇宙博物館


「30年を超える戦役を誇る伝説の航空母艦」を見にイントレピッド海上・航空・宇宙博物館へ行こう」でも紹介した一時的にFBIのオペレーションセンターとして使われていたニューヨーク・イントレピッド・海上航空宇宙博物館です。

実はこのニューヨーク・イントレピッド・海上航空宇宙博物館は日本と深く関係があり、第二次世界大戦で日本軍と戦った「実に30年を超える戦役を誇る伝説の航空母艦」と言われており、日本の戦艦「武蔵」や「大和」の沈没に大いに貢献した「勝利実績」と5回の神風攻撃と1回の魚雷攻撃を受けても沈まない「強さ」を備えた航空母艦が展示されています。

ニューヨーク・イントレピッド・海上航空宇宙博物館に実際に行ってみると子供連れの家族が多く、迫力ある海・空・陸の戦闘機や同館内に体験型のアトラクション「イントレピッド・シミュレーター」など子供が楽しめるアトラクションが揃っています。

4:ニューヨークシティパス購入者限定特典


「ニューヨークシティパス」を利用するだけで最大トータル83ドルの割引(40%お得)が聞く割引クーポンですが、実は「ニューヨークシティパス」をご購入の方だけに割引クーポンとは別でお得な特典が色々ついています。


メイシーズのお買い物15%割引券


ブルーミングデールズの15%割引券


そのほかにも各美術館のおみやげやさんで使える特典もあり、割引価格で購入できる場合もあれば、無料でトートバックがもらえる場合もあります。


先ほど観光スポットを紹介する際にニューヨークシティパスの2択の観光スポットで選択肢なかった観光スポットに行きたい場合、この割引チケットを使うと割引特典が受けられます。

ビックアップルパスなら「ニューヨークシティパス」よりお得


一番お得なニューヨークの人気観光スポットが回れる割引パスを比較」でも紹介していますが、弊社がサービスしてる弊社オリジナル割引パス「ビックアップルパス」は「ニューヨークシティパス」や「ニューヨークパス」に比べて、旅行プラン自由度も優れていますし、割引率も高いです。

一番お得なニューヨークの人気観光スポットが回れる割引パスを比較

関連記事を読む

是非今からニューヨークに行かれる方はビックアップルパスもチェックしてください。

一番お得なニューヨークの割引パス「ビックアップルパス」


ニューヨークの観光名所の入場料を抑えるなら「ビックアップルパス」が一番お得です!

ニューヨーク旅行者の強い味方として利用されていた「ニューヨークシティパス」は通常で購入する金額と割引後の金額を見るとお得ですが、9箇所の観光名所から必須で3つは初めから選択されている「選択肢の低さ」と利用後は9日以内に利用しないと使えなくなってしまう「自由度の低さ」が問題になっていましたが、「ビックアップルパス」は30ヶ所から自由に選ぶことができるニューヨークの割引パスで、利用後も最大1年間まで有効期限があるお得な割引パスです。

ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」の中でも「ビックアップルパス」についての詳細が書いてありますし、このブログで紹介している観光名所の多くが「ビックアップルパス対応」の観光名所です。

訪れる観光名所数で割引パスを買う

「ビックアップルパス」は先ほども書いた通り、ニューヨークの観光スポット30ヶ所から3,5,7ヶ所の中から選択する個数を割引パスを選べますので詳細は「3,5,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(セット)のアイキャッチ写真

3,5,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)申し込みページ

申し込みページ


また、7箇所以上の割引パスの購入希望の方は単品でも割引パスを販売しております。単品でも定価で現地で購入するよりも3ドルから最大25ドルの割引がされますので、気になる方は「1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(単品)のアイキャッチ写真

1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)申し込みページ

申し込みページ



※この記事は2018/05/09に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

弊社で購入するとお得な特典が貰えます!

オフィスへお越しになった方限定で

無料プレゼント

(アウトレット Centry21のギフトカード)

みんなが利用するビックアップルパスとは?

>> どれくらいお得かチェックする <<

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします!

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします! NEWYORKingはタイムズスクエアにオフィスがあるアメリカの旅行会社「Go Tour America」が運営するウェブサイトです。このメディアではどの観光パスよりもお得な弊社オリジナル観光パス「ビックアップルパス」の紹介並びに、観光スポットの紹介をしています。ビックアップルパスまたは観光スポットに関するお問い合わせ・ご相談は、LINEまたE-mailよりお気軽にご連絡ください。

TOP