2018年版!9月にニューヨークで開催される人気フードマーケット4選

更新日:2018/08/23


9月のニューヨークは夏が終わり、比較的涼しい日が続きますが、この9月の時期にオススメなのがニューヨークの至る所で開催される外で絶景を見ながら屋台飯を食べたり、地元ニューヨーカーが作った雑貨などを買うことが出来るフードマーケットです。


ニューヨークでは様々なフードマーケットが開催されており、フードマーケットで出店してる食べ物は少し変わったものが多く、ソーシャルメディアをきっかけに色々な雑誌で取り上げられています。去年だと「ラーメンバーガー」や「ハンドカットのポテト」などはソーシャルメディアをきっかけに日本でも話題になりました。

そして、ニューヨークのフードマーケットは一定期間内しか開催してない場合が多く、9月は多くのフードコートが週末にフードマーケットを開催しているのでこの記事では9月にニューヨーク旅行に来られる方にオススメのフードマーケット4選を紹介します。

  • 1:SMORGASBURG
  • 2:Hester Street Fair
  • 3:Queens Night Market
  • 4:LIC Flea & Food

また、フードマーケットの近くで体験できるニューヨーク観光アクティビティも紹介しますので、時間がある方は是非サイクリングやクルーズなどのサービスも利用してみてください。

1:SMORGASBURG



ブルックリンで開催されているニューヨークで1,2を争う巨大フードマーケット「SMORGASBURG」は毎週土曜日と日曜日に開催されており(土曜日はFort Greene、日曜日はProspect Parkで開催)、この「SMORGASBURG」のフードマーケットは全米で最大規模のフードマーケットと言われており、100店舗近いベンダーが出店し、毎週2-3万人がこのフードマーケットに訪れています。

さらに「SMORGASBURG」のフードマーケットで出店されているベンダーの食べ物が世界で認められ、2017年にはロサンゼルスや大阪など他国で「SMORGASBURG」のフードマーケットが開催されました。

この「SMORGASBURG」のフードマーケットに行かれる方にオススメなのが「イーストリバーパーク」です。

なぜ「イーストリバーパーク」がおすすめかというと「SMORGASBURG」のフードマーケットの会場のすぐ横にマンハッタンのスカイラインが一望できるイーストリバーパークがあり、イーストリバー越しにマンハッタンの絶景を見ながらフードマーケットで購入したものを食べることができます。


また100店舗以上出店してるので何を食べていいか迷う方もいると思いますが「SMORGASBURG」のフードマーケットに出店してるベンダーはニューヨーカーの間で話題のベンダーがばかりなので、どれを食べても美味しいです。去年だとスパゲッティドーナツのポップパスタ(Pop Pasta)や、チュロスでサンドしたアイスクリームサンドイッチ(Dulcinea Churros)、日本の水信玄餅みたいなレインドロップケーキ(Raindrop Cake)などインスタ映えするベンダーの商品が大人気でした。


個人的には「SMORGASBURG」のフードマーケットに行った際にいつも購入している新鮮なフルーツを使ったフルーツジュースがおすすめです!

初めて「SMORGASBURG」のフードマーケットに行かれる方は規模の大きさと出店数の多さから何を食べていいか迷いますが、どのベンダー料理もニューヨークを代表する料理ばかりなので、何でもトライしてみてください。



開催日:毎週土曜日(4月~10月)
開催地:90 kent Ave.Brooklyn (at N.7st)


「SMORGASBURG」のフードマーケット付近のアクティビティー



「SMORGASBURG」のフードマーケットのすぐ近くにニューヨークの観光名所として有名な「ブルックリンブリッジ」があり、もし歩いてブルックリンブリッジを歩いて渡ろうとプランを組んでいる方はご注意です。

往復で1時間近くかかってしますが、「自転車1日レンタルで回れるセントラルパーク、ブルックリンブリッジ、ハドソン川を紹介」で紹介したブルックリンブリッジのサイクリングに参加すると片道15分程度でブルックリンブリッジを渡ることが出来ます。

また最大10時間のレンタルが可能で、時間内ならブルックリンを自転車で探索して見るのもオススメです!

そして、気になるレンタル費なのですが、普通に公式サイトからサイクリングを予約すると定価$45ドル前後かかりますが、Big Apple Passだと$29で利用ができます!さらに自転車の返却場所も5ドル現地の返却場所で支払いをすると返却場所を変更することが出来るのでセントラルパークやタイムズスクエアなどの観光名所に自転車で行くこともできます。

是非「SMORGASBURG」のフードマーケットに行かれる方はサイクリングを利用して、ブルックリンを満喫して来てください。

自転車1日レンタルで回れるセントラルパーク、ブルックリンブリッジ、ハドソン川を紹介

関連記事を読む

ブルックリンブリッジのサイクリングの予約はコチラ

2:Hester Street Fair


ヘスター・ストリート・フェア(Hester Street Fair)のフードマーケットは1895年からチャイナタウンの東側にあるシュアード・パーク(Seward Park)で春から秋の期間限定で開催される歴史あるフードマーケットです。

このヘスター・ストリート・フェアのフードマーケットが先ほど紹介した「SMORGASBURG」のフードマーケットと大きく異なるのは出店してるベンダーの多くが地元のフード・ベンダーなことです、

そして、ヘスター・ストリート・フェアのフードマーケットが先ほど紹介した「SMORGASBURG」のフードマーケットと大きく異なるのは地元のフード・ベンダーが実験的に出店をしており、ヘスター・ストリート・フェアのフードマーケットではニューヨークで今から流行るかもしれないニューヨークフードと出会える可能性が高いです。

またとヘスター・ストリート・フェアのフードマーケットでが毎週様々なイベントを開催しており、例えば9月は、

9月1日 Lobster&Beer

9月2日 New Day Moter Club‘s Inaugural Car Meet(11時から20時)
(車のイベントですが車でイベント会場に入場するのは不可)

9月8日 Vintage Day With Housing Works 
(Vintageの服やアクセサリー、本、漫画、レコードが売られる)

9月15日 We Started Here
(新しくニューヨークで始めたビジネスを記念する、祝うイベント)


などが予定されています。このヘスター・ストリート・フェアのフードマーケットは規模的にはそこまで大きくありませんが、昨今のヒップな若者たちが住むロウアーイーストで開催されていることもあり、毎回たくさんの人で大賑わいしている活気のあるフードマーケットです。



開催日:毎週土曜日(11時~18時)
開催地:Essex St, New York, NY 10002


「Hester Street Fair」のフードマーケット付近のアクティビティー


ヘスター・ストリート・フェアのフードマーケットがあるロウアーイーストから電車で10分ほどダウンタウンに降りると「結局自由の女神のあるリバティ島行きのフェリーは何分前に行けばいいの?」で紹介したニューヨーク有名観光名所の1つ「自由の女神」があるフェリー乗り場に到着します。

また自由の女神が置かれている島まで行くフェリーの入場券は上の記事で紹介しているように公式サイトから購入するよりも弊社が扱っている「ビックアップルパス」を通して購入される方が安くチケット手配が出来ますので、ご予約希望の方は下からどうぞ。

「ビックアップルパス」の自由の女神入場チケットのオンライン申し込みはコチラ

またヘスター・ストリート・フェアのフードマーケット付近から乗船できるクルージングツアーもいくつかあり、そのクルーズツアーについては「初ニューヨーク旅行者必読!ニューヨークで予約できるクルーズを目的別に紹介します!」の記事で詳しく紹介しています。

初ニューヨーク旅行者必読!ニューヨークで予約できるクルーズを目的別に紹介します!

関連記事を読む

3:Queens Night Market


Queens Night Marketは2015年からQueens(クイーンズ)区にあるニューヨーク科学ホールの駐車場でスタートしたフードマーケットです。

このクイーンズナイトマーケットのフードマーケットは夕方6時よりスタートする夜型のフードマーケットで日中はニューヨーク観光して、夜はアジアや南米などの世界中のフードスタンドを楽しみたい人にピッタリのフードマーケットです。しかも、このQueens Night Marketは他のフードマーケットにない魅力が2つあります。

  • 1:5ドル前後でベンダーの食べ物が買える
  • 2:ビールなどのアルコールが外で飲める

今まで紹介してきたフードマーケットの多くベンダーでは5ドル前後で購入できるような食べ物を扱っていないですが、クイーンズナイトマーケットのフードマーケットに出店してる50近くのベンダーの多くが5ドル前後で購入できる食べ物を扱っており、その中には日本の縁日では当たり前の「たこ焼き」や「焼き鳥」も購入することができます。

また、クイーンズナイトマーケットに出店してるベンダーの中にはビールなどのアルコールを販売しているベンダーもあり、ニューヨークでは外での歩きながらの飲酒が法律で禁止されていますが、クイーンズナイトマーケットの敷地内なら外でも飲むことが出来ます。



開催日:9月29日から10月27日の毎週土曜日(18時〜0時)
開催地:Corona, NY 11368


4:LIC Flea & Food


最後はロングアイランドシティーで開催されているLIC Flea & Foodのフードマーケットを紹介します。このLIC Flea & Foodのフードマーケットはニューヨークで有名なベンダーではなく、地元のレストランやクリエイターが出店するフードマーケットで地元のレストランの人気メニューや地元アーティストが作ったアクセサリー、Tシャツなどを購入することが出来ます。

またLIC Flea & Foodのフードマーケットの会場はロングアイランドシティーの川沿いにある「gantry plaza state park」の公園内で開催されており、天気が良い日は川沿いから川沿いからマンハッタンを見ながら地元フードを食べるのはおすすめです。

そしてLIC Flea & Foodのフードマーケットは日中に開催されていますが、夜限定でクイーンズのアストリアでも「Astoria Flea & Food」というフードマーケットを開催しており、日中は予定があってフードコートに行くことができない人は是非「Astoria Flea & Food」のフードマーケットに行ってみてください。

LIC Flea & FoodのフードマーケットもAstoria Flea & Foodのフードマーケットもそれぞれの会場で毎週イベントを開催しており、


例えば9月は「3rd Annual Queens Beer Festival」というイベントを開催予定をしており、このイベントでは世界から集まった様々なビールを試飲することが出来ます。

また、このイベントに参加するためには事前にオンラインでチケット(29ドル)を購入する必要がありますが、このイベントは大人気で毎年多くの人が参加するので通常のチケットだと2時間の時間制になりますが、もしゆっくりお酒を飲みたいという人はお土産用のマグカップがもらえるチケット(39ドル)なら2時間半の時間制で楽しむことが出来ます。

【LIC Flea & Food】


開催日:9月1.2日/10月13.14日(11時~18時)
開催地:5-25 46th Ave, Long Island City, NY 11101


【Astoria Flea & Food】


開催日:9月15.16日/10月6.7日(土曜日は18時から深夜0時/日曜日は12時から18時)
開催地:34-12 36th Street Astoria, NY 11106


9月にニューヨークに旅行に来られる方へ


9月のニューヨークは1年を通してみても過ごしやすい日が続くので、普段よりニューヨーク観光もしやすいと思います。もしまだニューヨーク観光プランを作ってない方は「ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」で紹介した「ビックアップルパス」を利用して、ニューヨーク観光をすると通常より旅費を節約してニューヨーク観光が出来るので、是非渡米前にチェックしてください。

一番お得なニューヨークの割引パス「ビックアップルパス」


ニューヨークの観光名所の入場料を抑えるなら「ビックアップルパス」が一番お得です!

ニューヨーク旅行者の強い味方として利用されていた「ニューヨークシティパス」は通常で購入する金額と割引後の金額を見るとお得ですが、9箇所の観光名所から必須で3つは初めから選択されている「選択肢の低さ」と利用後は9日以内に利用しないと使えなくなってしまう「自由度の低さ」が問題になっていましたが、「ビックアップルパス」は30ヶ所から自由に選ぶことができるニューヨークの割引パスで、利用後も最大1年間まで有効期限があるお得な割引パスです。

ニューヨークで有名な割引パスを数字から比較して1番を決めました!」の中でも「ビックアップルパス」についての詳細が書いてありますし、このブログで紹介している観光名所の多くが「ビックアップルパス対応」の観光名所です。

訪れる観光名所数で割引パスを買う

「ビックアップルパス」は先ほども書いた通り、ニューヨークの観光スポット30ヶ所から3,5,7ヶ所の中から選択する個数を割引パスを選べますので詳細は「3,5,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(セット)のアイキャッチ写真

3,5,7ヶ所の中から選択出来るビックアップルパス(セット)申し込みページ

申し込みページ


また、7箇所以上の割引パスの購入希望の方は単品でも割引パスを販売しております。単品でも定価で現地で購入するよりも3ドルから最大25ドルの割引がされますので、気になる方は「1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)詳細ページ」をご確認ください。

ビックアップルパス(単品)のアイキャッチ写真

1箇所から購入することが出来るビックアップルパス(単品)申し込みページ

申し込みページ



※この記事は2018/08/23に公開した情報になります。
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
※当サイトに掲載された情報については、投稿者の個人的な私感が含まれている場合があります。
※ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
※当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

弊社で購入するとお得な特典が貰えます!

オフィスへお越しになった方限定で

無料プレゼント

(アウトレット Centry21のギフトカード)

みんなが利用するビックアップルパスとは?

>> どれくらいお得かチェックする <<

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします!

NEWYORKingがお客様の旅行をサポートいたします! NEWYORKingはタイムズスクエアにオフィスがあるアメリカの旅行会社「Go Tour America」が運営するウェブサイトです。このメディアではどの観光パスよりもお得な弊社オリジナル観光パス「ビックアップルパス」の紹介並びに、観光スポットの紹介をしています。ビックアップルパスまたは観光スポットに関するお問い合わせ・ご相談は、LINEまたE-mailよりお気軽にご連絡ください。

TOP